チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

メロン号インカー映像 KYOTO南丹ラリー編 PART.3

 メロン号インカー映像、KYOTO南丹ラリー編は今回でラスト!

 最後はSS11「Amawaka-West」、ナイトステージのSS13「Rurikei 3」、SS14「Amawaka-West 2」をお送りいたします。


SS11 Amawaka-West 1 (4.75km) 



 「Amawaka-East」と同じコースを、今度は逆方向にアタックする「Amawaka-West」。このコースで見ていただきたいポイントは、この動画で2分35秒以降。僕の読み上げでは「クレストオーバーL5 100」というところ。 
 これぞ「Amawaka-West」の特徴をもっとも良く表したポイント、通称『電柱ジャンプ』!!

 かつて、このラリーは全日本戦に昇格する以前、中部近畿ラリー選手権のイベントとして長く開催されてきました。その頃からこのダムサイトのコースは名物ステージとして使われてきたのですが、このクレスト(丘)+左高速コーナーをどうクリアするのか、長く近畿の選手のあいだで話題になっていたんです。
 そして、我らが「峠のクマさん」の出した結論がこれ。

 動画を見てください。
 手前のコーナー出口からここまで、ひたすらアクセル全開のまま。起伏になっているため先が見えませんが、ちょうど丘の頂点の内側に1本の電柱が立っています。そしてメロン号は左に旋回しながら、なんと電柱に左前部が当たる衝突コースに!
 当たる! という次の瞬間、丘でポヨン、とジャンプ。するとアラ不思議、マシンは真横に飛んでいて電柱をかわし、しかもベストなラインでコーナーを脱出しているという・・・(^-^;)

 スピード、ライン取り、それにクソ度胸。
 3つが揃わなければ絶対に成功しない、ちょっとしたスーパーテクニックがこの「電柱ジャンプ」なのですw


SS13 Rurikei 3 (4.79km) 



 サービスBを終え、第3セクションは今シーズン初のナイトステージへ。
 メロン号はボンネット上にライトポッド(通称ギョーザライト・・・)を装着し、昼間とはまったく状況が異なる暗闇のステージをアタックします。

 第2セクション後半よりトップに立ったメロン号でしたが、その後ろからは1台のマシンが、着実にタイムを上げて追撃態勢に入っていました。
 そのマシンこそ、第1戦唐津において我々と最後まで1秒差の大接戦を演じた、明治慎太郎/足立さやか組スターレット!
 チャンピオン西山選手と並ぶメロンドラ最大のライバルが、ついに反撃の牙を剥いたのです。

 SS8、SS9、それにSS12とベストタイムを重ね、その差4秒3と我々を射程圏におさめてきた明治スターレット。
 最終SS14はメロンドラの得意とする高速ステージのため、そこではメロン号に分があります。だとするなら、明治スターレットはここ「Rurikei」のタイトコースで最後の大勝負をかけてくるはず・・・・・・!!

 メロン号は明治スターレットを迎え撃つため、このステージでイチかバチかのフルアタックを敢行!!!
 ドライバーの集中力がすさまじく上がっているため、昼間と同じタイミングで情報を読んでいると「次!」「その次!」という声が飛んできます。

 結果は我々が0.6秒競り勝ち、クラストップを堅持!


SS14 Amawaka-West 2 (4.75km) 



 イベント最後のステージ、Amawaka-Westの2本目。細かい説明は上記の1本目を参照のこと。
 昼間と較べて、夜のステージがいかに怖いものか、1本目と見比べてみると面白いかも(^-^;)

 手を抜いたつもりは無く、やはり夜になったことで視界が狭くなったためなのか、タイムが予想外に悪い・・・!!
 これで明治スターレットが昼間より少しでも速いタイムで走ったなら、まず間違いなく逆転されていたでしょうね。

 ベストタイムを明治選手に奪われて危ういところでしたが、何とか逃げ切ることができました。
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

メロン号インカー映像 KYOTO南丹ラリー編 PART.2

 メロン号インカー映像「KYOTO南丹ラリー」編、その2です。

 今回はSS7「AMAWAKA-EAST 3」、SS9「Rurikei 2」、そしてギャラリーステージのSS10「Deer's Stool 2」をお送りします。


SS7 Amawaka-East 3 (4.81km) 



 超高速のAmawakaステージ、西向き3本目の映像です。ちなみに「East(東)」とつけられているのは、ダム湖の東側からスタートするため。

 SS2のときと較べると、格段にスピードが上がっています。
 乗ってるときにはそれほど恐怖感は感じないのですが、こうやって後から見返してみると、ハイスピードセクションでの景色の流れ方が「・・・馬鹿?」としか言いようがないですね(^-^;)

 ただ1箇所だけ、先述の「かけ橋進入」の手前、右高速コーナーで僕が「うおおぉぉ・・・」とうなってますが。
 あのとき、メロン号は僕が予想していた走行ラインより少しだけふくらんでるんですね。普段ならあまり気にすることはないのですが、そのとき僕の目に飛び込んできたのは、コーナー外側にブチまけられた泥!!

 右コーナーのときに一番グリップを発生させている左タイヤが泥に乗ってしまうと、ひとたまりもありません。過去にもこのコンビで同じような状況でのクラッシュを経験しているものですから、そのときの情景をふと思い出してしまったという・・・(-_-;)

 結果は2秒タイムアップのJN-1ベストタイム!
 見事に逆転に成功し、トップで前半ステージを折り返すことができました。


SS9 Rurikei 2 (4.79km) 


  
 狭くてツルツルでそれなりにスピードの出る危険なコース、Rurikeiの2本目。

 スタート直後の左ロングコーナー。
 いきなりフロントのグリップが抜け、外側の木立ちに吸い寄せられるメロン号!!

 原因は、多くのマシンが通過することで内側から流れ出した泥。これにタイヤのグリップが奪われ、遠心力で外側にふくらんでしまったんですね。
 ここは相当に危険なコーナーだったらしく、僕らのほかにも数台のマシンが泥のワナに引っかかり、そのうち少なくとも1台は木立ちに激しくクラッシュしてリタイヤしてしまいました。

 それにしても、このコーナーの内側は土の壁がせまっていて、カットしてタイヤを通せるところなんかほんの数センチほどしか無いはずなんですが・・・。
 いかに全日本ドライバーたちが正確無比なマシンコントロールをしているのか、この動画を見てもお判りいただけるかと。


SS10 Deer's Stool 2 (0.61km) 



 誤植ではありません。
 ホントに600mしかないギャラリーステージ、Deer's Stoolです。まさにギャラリーに来ていただいた観客の皆さんに、全日本マシンのパフォーマンスを楽しんでもらうため「だけ」に作られたステージ!

 ・・・ところが。
 わずか600mしかないステージにもかかわらず、昨年のこのラリーではリタイヤの多くがこのステージに集中したという、隠れた危険スポットだったりします。

 特にスタートして1つめの左コーナーは、道幅が広いために何でもできそうな錯覚に陥りがちなのですが、実は逆バンク&低グリップ、しかも見た目よりかなりキツい、とイヤなことずくめ。実際に、今回も1台のマシンがコースオフしたようですね。
 できることならギャラリーの皆さんに一発ハデなところを見せたいのですが、マシンが無くなっては元も子もありませんので・・・(-_-;)
 
 でも、たった600mかあ・・・
 う〜〜〜ん・・・・・・(-_-;)
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

メロン号インカー映像 KYOTO南丹ラリー編 PART.1

 メロンナビです〜ヽ(・ω・)ノ

 先日行なわれました全日本ラリー選手権第3戦「KYOTO南丹ラリー2008」におけるメロン号車載映像を、今日から3回に分けてお届けします。

 今日はまず、SS1「Rurikei 1」、SS2「Amawaka-East 1」、そしてSS3「Tatsunori-Pass 1」の3本をご紹介。


SS1 Rurikei 1 (4.79km) 


 
 道幅が狭いうえに路面が苔むして滑りやすく、しかもトリッキーという、今回出てきた中で極めつけにアブナイ道がこの「Rurikei」。
 これでも、かつて使われたときより随分マシになった、と皆口を揃えて言うのですが・・・どう見てもヤバさ満点ですありがとうございました(-_-;)

 イベント最初のステージのため、少しだけ抑えてアタックしています。
 それでも、マシンがふわりと浮いたり、窪みにハジかれたり、と色々忙しいステージです。

 途中でコースアウトしているのは、昨年度総合チャンピオンのインプレッサ。ブルーマイカのクルマが止まっているのを見たときは、思わず我が目を疑いましたね!


SS2 Amawaka-East 1 (4.81km) 



 この「KYOTO南丹ラリー」の象徴的ステージが、この超高速のダムサイト。
 今年は路面の改修工事と重なってしまったため、大幅に短縮されて使用されることとなりました。
 それでも、部分的には背筋の凍るようなスピードが出ているのがお判りいただけるかと。

 この「Amawaka-East」には、通称「かけ橋進入」と呼ばれる名物コーナーが存在します。
 この映像で1分45秒以降、僕が読み上げるノートでは「キタノ橋 R6ナロー 100」というところですね。ちなみに「キタノ橋」とは、毎年ここで通過確認業務を行なっていたオフィシャルさんの名前から名付けた、我々だけの隠語です(^-^;)

 このコーナー、手前は非常に道幅の広い高速右コーナーで、サーキットならばインベタで曲がりたくなるような場所。
 しかし、その先にある橋の欄干がクセモノ。橋がかかっているのはコースの左側、しかも斜めにかけられているのです。
 つまり正解の走行ラインは、アウト側ガードレール数センチ以内、ただ1本のみ!!!!

 このコーナーを、アクセルをほんの少しも緩めずにクリアできるのは全日本でもほんの数台だけ。まず間違いなく、このコーナーは全日本ターマックイベントの中でも最高難度のコーナーの1つに数えることができるでしょうね。

 ・・・そして、緊張感のないメロン号クルー。
 スタート10秒前にトカゲ見つけてはしゃぐクマ(-_-;)


SS3 Tatsunori-Pass 1 (5.61km)



 この「KYOTO南丹ラリー」における、もう1つの名物ステージがここ「Tatsunori-Pass」。ご覧のとおり中低速主体のコースで、しかも部分的に路面の荒れた、まさに日本の林道そのものという感じのコースです。

 頂上のクレスト(丘)を越えたあとは、ひたすらゴールまで下りが続きます。
 スピードもこれまでとガラリと変わるため、僕のリーディングも頂上を過ぎた瞬間に急に忙しいものとなります。
 
 このときは、ライバルの明治慎太郎選手のスターレットがベストタイムを奪取。
 思えば、今回のラリーでは「Tatsunori-Pass」だけベストタイムが獲れなかったなぁ・・・(-_-;)
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

KYOTO南丹ラリー結果

20080518133328
第2セクションを終了して、10秒7差のトップにたったメロンブックス・シティ。しかし第3セクションは闇夜を走り抜けるナイトステージであり、コースの先を見通せる昼間のステージとは状況が大きく異なる。10秒7という差では、決して安全圏とはいえないのだ。

特に、昨年シーズンから廣瀬と激烈な攻防を演じてきた明治慎太郎選手には要注意。ツボにハマった時の明治スターレットの走りはすさまじく、今回のような状況では必ず猛烈な追い上げをしてくるに違いなかった。

果たして、明治スターレットは第3セクション開始早々のSS12でスパートをかけ、我々より6秒以上速いベストタイムを奪取。その差を4秒3まで縮めてくるのである。
次のSS13『Rurikei』は、路面が荒れている上に道幅も非常に狭く、きわめてデンジャラスなコース。このようなコースでは、わずかなミスでも致命的な差になることが多く、おそらく明治スターレットは最後のスパートをこのステージでかけてくるはず。

このSS13こそ今回のイベントにおける天王山とみたメロンブックス・シティは、ここでイチかバチかのフルアタックを敢行。
4分02秒6のベストタイムを刻みつけ、このステージでの逆転を狙っていた明治スターレットとの差を4秒9まで広げることに成功した!

イベント最終のSS14は我々の得意とするハイスピードのダムサイト・ステージであり、ここできっちりと0.2秒差のセカンドベストにまとめたメロンブックス・シティは、『KYOTO南丹ラリー』JN-1クラス優勝。
開幕から3連勝を飾るとともに、2006、2007年に続く同イベント三連覇という偉業を達成することとなったのである。

もう一人のコドライバーであるめろんちゃんも、埃で汚れながらもよく頑張ってくれましたo(^-^)o
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆