チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

メロン号インカー映像 MCSCラリーハイランドマスターズ編

 皆さま、お待たせしました!

 10月4日に開催されました全日本ラリー選手権第9戦「MCSCラリーハイランドマスターズ2008」での、メロン号インカー映像をお届けします。

 既報のとおり、今回はSS5終了後のサービスAでリタイヤしたため、必然的にインカー映像もわずかしか撮影できていません・・・(-_-;)

 5本のSSのうち、SS1は前走車クラッシュのためキャンセルされ、撮影できたのは4本のみ。
 今回は、そのうちSS3、4、5のインカー映像をお届けします。


SS3 駄吉林道下り1 (6.06km)



 SS2の高山スキー場ギャラリーステージ1本目を終え、わずかなリエゾン(移動)ののち駄吉林道の下りコースへ。
 冒頭でSS2と言っていますが、SS3の間違いですね(^_^;)

 今回の「ハイランドマスターズ」では、2車線かつストレートの長い「飛騨農園街道」や「高山・大山線」といったハイスピードコースの印象が強かったのですが、この「駄吉林道」はタイトコーナーの続く平均的な日本の林道ステージです。
 ただ、この「駄吉林道」はヒルクライムイベントも開催される有名なステージで、コース幅は1.5車線ほどあるため狭さはあまり感じません。

 この動画で4分31〜32秒のところ。
 僕の読み上げるペースノートで「キンク(ス)40」として表される左高速コーナーにおいて、イン側に落ちていた落石を踏み左フロントタイヤをバースト!!
 通常の段差を乗りこえたときとは、あきらかに違う「ボコン!」という音が・・・。

 直後のコーナーから挙動を乱すメロン号。
 左コーナーでは思い切った進入、右コーナーではかなり手前から減速してソロソロ・・・と、メロンドラはドライビングを使い分け、できる限りロスを最小限にとどめようとがんばっています。



SS4 高山スキー場2 (0.50km)



 なぜか動画のタイトルが「高山スキー場 ?」になってますが、正しくは2本目の間違い(^_^;)

 高山スキー場の駐車場にもうけられた、立ち木をめぐるジムカーナ風のギャラリーステージです。
 ペースノートを聞くよりも覚えて走ったほうが速いため、回り方を指示するだけでノートの読み上げは無し。でも観客の皆さんに少しでもラリーの雰囲気を味わってもらうため、一応ノートを構えています。

 駐車場へ飛び込むさいの段差が思ったよりキツく、予想外の衝撃におもわず「う〜わっ!」とうめく僕。

 スタート前、正面に並んでいるギャラリーの皆さんが手を振っていたのが印象的でしたね(^_^)ノ



SS4 駄吉林道下り2 (6.06km)
  

 
 運命のSS5、駄吉林道下り2。

 SS3ゴール後、コース脇に寄せてバーストした左フロントタイヤをスペアに履き替えたのですが、スペアとして積んでいたタイヤは右用でパターンが逆、しかもコンパウンドが左右で異なる事態に。

 そのため、特に後半にはタイヤがタレてしまい、右コーナーではアンダー傾向が強く出ています。

 ニコニコ動画で話題(?)の僕の「ゴメン!」が飛び出していますが、これはノートの持ち方が悪くて、コースを見るため目線を外したさいに一瞬だけノートの現在位置を見失ってしまったためw

 そして、ゴール直前。
 橋の段差をこえた瞬間、いきなり2速が抜けてメロン号は惰性でフィニッシュ。
 このとき、ミッション内部では致命的なトラブルが進行していたのでした・・・orz 
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

苦渋の決断

20081004171103
皆さまに残念な報告があります…

SS3「駄吉林道下り1」で落石を抱き、左フロントタイヤをバーストしたメロン号。
ここでトップから20秒のビハインドを抱えましたが、後半ステージはメロンドラの得意とする高速コース。ここでの逆転を期してフルアタックをかけよう、そう決意していたのですが…

SS5「駄吉林道下り2」。ゴール間際の段差を越えた瞬間、突然2速ギヤが抜けて惰性でゴールへ。
最初は1〜5すべてのギヤに入れることができたのですが、サービスパークまでの移動中、衝撃とともに次々と抜けていくギヤ。そのとき、ミッション内部では致命的な破壊が進んでいたのでした。

なんとかサービスに辿りつき、ミッションのサービスホールを外して内部のオイルを抜いてみると・・・オイルとともに排出されるベアリングの破片が!

押し込むことのできる3、4速ギヤに入れて、せめて完走だけを果たすことももちろん可能でした。
しかし、無事にフィニッシュまでマシンを運びこめる可能性は限りなく低く、またマシンに対する負担が非常に大きいわりに得るものの少ない選択だったのです。

苦渋の決断でした。
サービスAにてミッショントラブルによりリタイヤ。メロン号のハイランドマスターズは、こうして終わりをつげたのです。

わざわざ会場まで足を運んでいただいた皆さま。
それに、ネットの向こうからご声援いただいていた皆さま。
本当に、申し訳ありませんでした!

この結果により、メロン号クルーのチャンピオン獲得は非常に厳しくなってしまいました。
しかし、最終戦「新城ラリー」においては必ずや復活を遂げ、皆さまに華々しい戦果をご報告してみせます。あわせて可能性は限りなく低いまでも、万にひとつのチャンプ獲得の可能性を信じて、全力でアタックしてみせる所存です。

これからもご声援、何卒よろしくお願いいたします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

SS3終了

SS3、約4km地点において落石によりタイヤバースト!
失ったタイムはわからないものの、トップ勢より20秒前後のビハインドか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

SS1キャンセル

20081004132258
前走車クラッシュのため、SS1はキャンセル。
JN-1クラス各車はその時点での最遅タイムを与えられてスルーとなった。

セレモニアルスタート、人多すぎ(;´Д`)
ごめんなさい、イベント進行を遅らせるわけにはいかないんで、サプライズステッカーはほとんどお配りできませんでした…
申し訳ないです、ご希望の方にはサービスパークにてお渡しいたしますので、どうかご了承ください(-_-;

ただいまギャラリーステージのスタート待ち中〜
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆