チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

メロン号インカー映像 「ツール・ド・九州2010」 編 その2

 全日本ラリー選手権開幕戦「ツール・ド・九州2010in唐津」、メロンブックス・インテグラのインカー映像第2弾!

 今回はSS17「林ノ上」、SS19「三方リバース」、そしてSS22「肥前」をお送りします。


 SS17 林ノ上 4.49km



 SS10「林ノ上リバース」とは逆方向に走る、SS17。
 デイ2、朝一発目のステージですね。

 デイ1終了時点で、JN-3クラスのトップはロータスエキシージ。メロン号はその後方、3.8秒差の2位につけていました。
 路面は今のところ、ドライとハーフウェットのあいだを行ったりきたり。ここでまとまった雨が降ってくれたら、FFマシンであるメロン号が圧倒的な優位に立てます。

 そして、夜のうちに雨が降ったのか路面はウェット状態に!
 ここでメロン号は、規定使用本数12本のうち温存していた4本分を使い切ることを決断。ウェット用のソフトコンパウンドタイヤを投入して一気に勝負に出たわけです。

 逆転を期してのぞんだSS17、その走りはコドライバーの田中選手をして「(眞貝選手は、)今回のラリーでもっとも完璧な仕事をしてくれた」と言わしめるほどの会心の走り。このSSで一気にロータスを突き放して、ついに逆転に成功!
 フィニッシュ直後の田中選手の「グッド!」の声が、その走りを物語っていますね(^ω^)


 SS19 三方リバース 7.41km



 SS9「三方」の逆走ステージ。

 ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、「霧」というのはまとまった雨が降っているときには発生しません。たいていが雨が降った数時間後、気温が低い場合に水蒸気が凝結し、細かい水滴となって地表付近に滞留して起こるものなんですね。
 つまり、このときは夜間のうちに雨が降って湿度が上がっている上に、気温の低い朝だった、という「霧」の発生には最高の条件がそろっていたわけです。

 おかげでデイ2に登場したステージは、一部を除けばほとんどがご覧のような濃霧状態に!

 霧はほとんどのドライバーが嫌うものですが、こういう時にもキッチリとタイムを刻んでくる選手というのもまれにいて、やはり「山をどれだけ走ってきたか」という経験が大きく左右するものだと私は思います。
 そして眞貝選手と、ロータスエキシージのドライバー松本選手をくらべるなら、あちらのほうが経験は一枚も二枚も上手。いくら路面が濡れているからといって、気を抜いていては一気に再逆転されてしまうに違いありません。

 田中選手のリーディングを信じて、ひたすら見えないコースの先にアクセルを踏み続ける眞貝選手。
 厳しい局面でしたが、なんとかトップを死守することに成功!


 SS22 肥前 1.48km



 今回のイベント最終ステージが、ギャラリーステージ「肥前」。
 唐津市の近郊にある小さなダム湖の周囲をめぐるショートステージで、今回も多くの観戦客がつめかけて賑わいを見せていました。

 思い出すなぁ・・・08年にメロンシティで走ったとき、ノートからコーナーが1個抜けててリーディングミス。観客席の目の前でスピンしたっけ・・・(;´д`)
 ステージの様子は、2年前とまったく変わっていませんね。うん、なつかしい。

 コースの両脇には桜並木がつづいていて、散った桜の花びらが路面の端を薄いピンク色にそめあげています。
 見た目のきれいさとは裏腹に、ラインを外すとものすごく滑りそうな感じですけど、ここまでのステージでトップをほぼ確定させてドライブモードのメロン号は余裕しゃくしゃく。

 このステージを2.6秒差の9番時計でまとめ、ついにメロンブックス・インテグラは初戦にしてクラス優勝という最高の結果を手にしたのでした(^ω^)
    
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

メロン号インカー映像 「ツール・ド・九州2010」 編 その1

 みなさん、お待たせしました!

 先日行われました、全日本ラリー選手権第1戦「ツール・ド・九州2010in唐津」におけるメロンブックス・インテグラのインカー映像を、今日から2回に分けてお届けします。

 今年から私に代わってコドライバーに就任した田中選手の英語リーディングとともに、メロン号の走りをお楽しみください。(^ω^)


 SS7 浮岳 3.11km



 今回のイベントで、もっとも多く登場したステージが、ここ「浮岳」。
 ごらんの通り中速コーナーが主体で、なだらかな上りのあとはフィニッシュまで一気に下っていく山越えのステージです。

 デイ1の前半セクションでは「めろんちゃん」の搭乗が間に合わず、ラリーコンピュータ横にある特製シートには『留守中』という紙が・・・(・ω・;)

 頂上を越えてしばらく下った先にある、左右の連続コーナー。
 リヤの振り出しがどうにも止まらず、その場でハーフスピン! どこにもヒットしなかったのは不幸中の幸い、といったところですね。

 なんとか立て直してフィニッシュしたメロン号ですが、秒差の接戦を演じている中でのこのミスは大きく響き、タイムはクラス12番手。
 その結果、クラス順位も3位に後退してしまいました・・・。


 SS9 三方 7.56km



 「ツール・ド・九州2010」に登場したステージの中でも、もっとも距離が長いのがここ「三方」。
 全般的に高低差はあまりありませんが、ストレートが短く、そして中低速コーナーが延々と続き、平均車速がいちばん低いステージです。

 左、右、左、右、とテンポよくマシンを走らせるのがポイントとなるこのステージ。路面はほぼドライですが、部分的に湿り気が残っている場所もあり、こういうところではタイヤのグリップに注意しなければなりません。

 ・・・そして、このステージからようやく「めろんちゃん」が搭乗!
 今年の「めろんちゃん」ぬいぐるみは、今年から会場限定で発売されるレーシングスーツVer.の手乗りめろんちゃん。じつは、専用シートを作ってもらったSRS金子社長には非常に大ざっぱなサイズしか伝えてなかったんですが、実際に乗せてみると見事なまでにピッタリサイズ!
 映像を見ても、そのホールド性の高さがお分かりいただけるかと(^ω^;)


 SS10 林ノ上リバース 4.58km



 「ツール・ド・九州」における名物ステージ「林ノ上」。
 このSS10では、中速コーナーでゆるやかに高度をかせぎ、丘をこえた後は長いストレートと高速コーナーを組み合わせた下りのハイスピードセクションがフィニッシュまで続きます。SS7がもっとも平均車速の低いステージだとするなら、このSS10は逆に平均車速がもっとも高いステージ。

 とくに、途中で登場するロングストレート(田中選手のリーディングでは「ワンフィフティ」となっているストレート)の前後にはハイスピードのS字コーナーがひかえていますが、ここはいかに正確なライントレースのもとアクセルを踏み切れるかで、タイムが大きく変化する重要ポイント。
 
 ストレートの手前のS字ではうまく踏み切れた眞貝選手でしたが、ストレート後のS字では微妙にアクセルを余していたらしく、「あ〜ビビッてる!」というつぶやきが記録されています。

 ・・・それでも、とんでもないスピードなのは間違いないですね(;´д`)
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

開幕戦、クラス優勝!!

 ツイッター現地報告をお読み頂いていた方ならばご存じでしょうが・・・。

 メロンブックスインテグラ、全日本ラリー開幕戦「ツール・ド・九州2010 in 唐津」において、JN-3クラス優勝!!!!

 とりあえず「ヤッタ――!!」という言葉しか思い浮かびません。
 完成からわずか3ヶ月のマシンで、しかも実戦から1年近く遠ざかっていたドライバーが、初めてコンビを組んだコドライバーとともに、この荒れ模様となったイベントを制することができるとは…!!

 自分の正直な見立てでは、この開幕戦では何とか6位入賞できるか否か、というラインだったんですが、まさかの嬉しい誤算に少しばかり混乱しておりますw

 だからこそ、今回のイベントではマシンに慣れることを前提においた消極的な作戦を考えていたんですが、いきなりSS1でベストタイムをとった瞬間にすべてが吹き飛びました。
「これは最後まで思いっきり踏み込ませたほうがいいかも…!?」

 メロン号はその後もファンの皆さんからの声援や支援をバックに好タイムを連発。
 途中スピンにより危うい場面もあったものの、終始トップ集団4台のうちの1台としてラリーをリード。
 秒差の接戦は最後のステージまで続けられ、頭ひとつ抜けだしたメロン号が見事に優勝の冠を得ることができたのでした。

 今回のイベントでは、本当に多くの方々からのお力添えによって、この最高の結果を得ることができました。
 もちろん、その中でも最大の功労者は、雨模様の現地でレポートしてくれた皆さんしかり、ネットの向こうから叱咤激励してくれた多くの方々しかり、その他無数のファンの皆様であると自信をもって断言できます。
 皆様、本当にありがとうございました!

 メロンブックス・ラリーチャレンジの次なる挑戦の場は、1戦スキップの後にやってくる全日本ラリー選手権最大最長イベント、第3戦「ラリー北海道」。
 雪解け直後の十勝の大地が、メロン号を待ち受けています。

 果たしてメロン号がこの北海道戦で何らかの結果が残せるのか、それは誰にもわかりません。
 でも、皆さんからの応援の後押しがあれば、メロン号と2人(+めろんちゃんw)のクルーは必ずや結果を残してくれるに違いないと、私は信じています。

 これからもご声援、何卒よろしくお願いいたします!! \(^ω^)/


このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

サービスBイン

明日朝の天候を見てチョイスできるように、ドライ用、ハーフウェット用、ヘビーウェット用の、3種類のタイヤセットを準備しました。
朝一番の10分サービスで、この中から勝負タイヤをセットする予定。

あとは各部を最終チェックのあと、オーバーナイトパルクフェルメに入ります。

20100410191204
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆