チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

メロン号インカー動画「久万高原ラリー2012」篇 その2

 メロン号インカー映像集「久万高原ラリー2012」編。
 
 いよいよ運命のデイ2、SS7「大野ヶ原線-1」と、衝撃のSS8「西ノ川-1」!!


SS7 大野ヶ原線-1 (9.06km)



 一日目とは打って変わって雨となった2日目、勝負どころの大野ヶ原線・下りです。

 ここはレッキのときからガレ場と泥場のミックスで、とてもドライバー・マシン双方にとってリスキーな道と感じていました。

 実際に走ってみると「あれ? 結構普通だったな・・・」という感じですが、走り終わってからそう思っているようでは遅いですね(笑)


監督評:

 眞貝選手の言う「あれ? 結構普通だったな・・・」というコースへの評価は、どうやらJN-3クラスの他の選手も同じような感想を持ったようです。

 レッキの時には相当な荒れ模様だったみたいですが、2日目の未明から久万高原一帯は雨模様となり、水を含んだ路面は軟弱に。
 その路面をJN-4クラスのハイパワー4駆が走ったことで、石が跳ね飛ばされるとともに凸凹だった路面がならされて、少なくともワダチの中に関しては平坦な路面になっていた・・・と推測。

 それでも、赤土は粘土質の路面となって滑りやすくなり、デイ1のインカー映像と較べるとステアリング操作が忙しくなっているのが判ります。



SS8 西ノ川-1 (5.34km)



 今回は「恥を忍んでステディーなペースで絶対完走」が第一目標。
 それをきっちり実行し、車もいい感じで温存しながら進められていたのですが・・・結論から言うと、「レキ時の確認不足」でしたね。

 草・土手のラインと側溝のラインがズレているコーナーで、まんまと草のラインに従ってしまい側溝に左前輪を落としてしまいました。
 これでホイール破損・ドラシャ抜け・タイロッド曲がりのため自走不可となり、リタイヤに終わってしまいました。


監督評:

 その地点のノートを聞いてみると、「4 Left into 5 Right into steady 4 Left tighten short 2」。
 つまりラインをうまく取ればスピードを乗せることができる区間で、これを聞いた眞貝選手も通常よりインベタに近いラインで左コーナーへとアプローチしています。
 そうすることで次の右コーナーに進入しやすくなり、この区間を直線的に走ることができて若干のタイムを稼ぐことができるんですね。

 惜しむらくは、このラインこそ罠への一本道だったということ。

 おそらく多くのマシンが同様のラインで走ったことで、イン側の草が削り取られていたのでしょう。なかには今回の我々と同じく、側溝にタイヤを落としたマシンもいたかもしれません。

 眞貝選手も直前に側溝の存在に気付いてラインを修正しようとしていますが、時すでに遅し・・・!
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

メロン号インカー動画「久万高原ラリー2012」篇 その1

 お待たせしました!
 メロン号インカー映像集、今年もリタイヤに終わってしまった「久万高原ラリー2012」編。
 その1は29日(日)のデイ1から2本の映像をお届けします。今回も眞貝選手のコメント付き!


SS1 大谷支線-1 (7.94km)



 Day1の勝負どころ、大谷支線でのSSです。

 ここは1巡目は浮砂利、2巡目からはワダチとの戦い。
 どちらも苦手だということもあって慎重な運転です。

 とりあえず最初のジャンクションで道からこぼれないでよかった(笑)


監督評:

 序盤は細く荒れた林道を走り抜けるステージですが、ここもずいぶん走りやすくなったように思いますね。
 かつて私はコドライバーとして、中国四国ラリーシリーズの一戦として開催されたこのイベントを走ったことがあるんですが、ここは今よりもっと荒れてて、もっともっとコース幅が狭かったように思うんですが(;´ω`)

  それはともかく、細かなクレスト越えもいっぱいあってなかなかにイヤらしいステージです。
 コメントどおり、ドライバーは慎重に慎重をかさねて走っているのが判りますね。


SS2 スキー場-1 (1.21km)



 久万高原名物のスキー場でのギャラリーステージですね。後半の大きなクレストは、イン側に電柱、アウト側は崖のようになっていて、走っているほうにとっても迫力のあるコーナーです。

 新生PDの伊吹編集長さんからは「眞貝やっぱりダートは下手だなー、最後のサイドターンだけでも一年間練習したら?」の評。
 ・・・練習します!(笑)


監督評:

 スタートからゲレンデに入るまでの狭苦しいターマック区間は、何度見てもビビッてしまいますね・・・。
 さいわいにも、これまでこの舗装セクションでリタイヤしてしまったマシンは聞いたことがないのですが、それでも細くて濡れててコケも生えてて、そんな中をドロドロに土にまみれたラリータイヤで走らなきゃならないと思うと、いやはや怖いコワイ。

 クレストでは、JN-4のハイパワー4駆勢はジャンプするマシンも多かったみたいですが、アンダーパワーなJN-3マシンではフッ、と足回りが伸びる程度。
 いやいや、むしろ飛ばなくていい! もともと耐久性に難のあるDC2インテグラ、下手に飛んだら足回りが壊れちゃう!w
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

リタイヤ

既報の通り、メロン号はデイ2、SS8のスタートから約4.5km地点で駆動系破損によりストップ、リタイヤとなってしまいました…。

写真はリタイヤの直後、コドライバー田中選手より送られてきた現場写真。進行方向から逆向きに撮影したもの。

現場は左の中速コーナーで、以降は右左の高速ショートコーナーが続きます。
このハイスピード区間を直線的なラインで通過するため、メロン号はこのコーナーを比較的イン寄りのラインで通過しようとしたんですが、路肩の雑草に隠れる位置から突然U字溝が出現!

コーナーの途中だったなら、荷重がかかってない左タイヤはすぐに抜け出せただろうし、あるいは溝の角度から少しでもタイヤが斜めになっていたら、溝からせり上がることもできたはず。
でも、直進態勢に移行直後、しかも溝とタイヤがほぼ平行という最悪のタイミングで、メロン号は左フロントタイヤを高速で脱輪。
その強烈な衝撃でタイロッドが折れ曲がり、さらにドライブシャフトが破断。なんとか高速スピンモードからの立て直しには成功したんですが、そのまま駆動がかからずにリタイヤとなってしまったのでした…(;´д`)

昨年の「久万高原ラリー」でも、ゴール直前での脱輪によりリタイヤに終わってしまったメロン号。
今回は「絶対完走」を至上命題として臨みましたが、奇しくも昨年と同じ状況によりストップしてしまいました。しかもノーポイントというのは、シリーズチャンピオンを狙う上で本当に痛いですね…。

今回のリタイヤにより、リザーブイベントと位置付けていた来月頭の第3戦「がんばろう福島!MSCCラリー」への参戦が、ほぼ確実な状況に。
福島戦への参戦が正式に決まったら、あらためてこちらや公式サイトなどで告知させていただきます。

最後になりましたが、今回のイベントに向けてご声援いただいた方、ご期待をいただいた皆さま方には、心よりお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした……。

ですが、次戦においては必ずや結果を残すべく全力で臨みたいと思っておりますので、これからもご声援のほど何卒よろしくお願いいたします!!


20120501061704
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

メロン号デイ1帰還

本日最終のサービスC(60分間)イン。
この長いサービスで、明日に向けてしっかりとした整備を行います。

現在のところ、メロン号の順位はクラス7番手で走行中(TRICSのタイムがおかしくなってますが、おそらくSS5でのキャンセルが考慮されていないものと見られます)。
まあまあ、予測の範疇内ですね!

明日のステージは、タイトコーナーの続く難コース。
徐々にマシントラブルがライバルたちを襲っているようで、そのなかで「安全確実」な作戦を採るメロン号は、ちょっとでも順位を伸ばすことができるかな?

20120429173607
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆