チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

メロン号インカー映像 久万高原ラリー編 PART.2

 メロンナビですヽ(・ω・)ノ

 久万高原ラリーでのメロン号車載映像。
 今日はPART.2として、SS6「日野浦?」、SS7「美川・日野浦」をお届けします。



SS6 日野浦? (2.74km) 



 前ゼッケンのマシンがクラッシュしてコースをふさいだため、SS5「赤蔵ヶ池?」はスルー。
 本日2回目の県道ギャラリーステージ「日野浦?」より仕切り直しです。

 最初こそ1.5車線ほどの道が続きますが、標高が上がるとともに道幅は3車線分を超える広さに。中盤以降ほとんどブレーキを使わず、ひたすらアクセル全開でつっ走って行きます。
 あまりの道の広さにスピードが遅いように見えますが、実際には120km/hを超えるスピードが出ていたり(;´ω`)

 この動画で1分48秒以降、左ヘアピンを立ち上がった右側の斜面の上には、たくさんの観客が鈴なりになって僕らを見送っていました。屋根のめろんちゃん、ようやく本領発揮ww

 ラスト。
 ゴール看板を見失い、タイム計測をしていたコンピュータのボタン入力が遅れる一幕で〆くくり。
 だってゴール看板見えなかったんだよ!!!!ヽ(`A´)ノ



SS7 美川・日野浦 (28.32km) 





 イベント最後のステージ、SS7「美川・日野浦」。
 林道の「美川」ステージと県道の「日野浦」ステージを組み合わせた、国内ターマックラリー最長のステージです。

 この時点で、メロン号は19秒差のトップ。
 でもキロ当たりに換算すると、1秒未満の差でしかありません。しかも2番手で追いかけてくるのは、昨年度JN-1シリーズチャンピオン・西山敏選手のシティ。ラリーの経験という意味では、あちらのほうが数段上です。

 このようなロングコースでは、何よりも経験が物をいいます。当然、西山選手もここを最後のチャンスとしてフルアタックをかけてくるはず。
 迎え撃つ我々としては、何としても1kmあたり0.6秒以内の差で西山選手を抑えこまねばなりませんでした。

 結果は、メロン号が23分24秒6。
 対する西山選手のシティは23分21秒4と、その差3秒2!!!!

 すいません、マイクの入力端子を入れるとこ間違えましたorz
 この動画だけエンジン音のみでお楽しみください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆