チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

メロン号インカー映像 KYOTO南丹ラリー編 PART.3

 メロン号インカー映像、KYOTO南丹ラリー編は今回でラスト!

 最後はSS11「Amawaka-West」、ナイトステージのSS13「Rurikei 3」、SS14「Amawaka-West 2」をお送りいたします。


SS11 Amawaka-West 1 (4.75km) 



 「Amawaka-East」と同じコースを、今度は逆方向にアタックする「Amawaka-West」。このコースで見ていただきたいポイントは、この動画で2分35秒以降。僕の読み上げでは「クレストオーバーL5 100」というところ。 
 これぞ「Amawaka-West」の特徴をもっとも良く表したポイント、通称『電柱ジャンプ』!!

 かつて、このラリーは全日本戦に昇格する以前、中部近畿ラリー選手権のイベントとして長く開催されてきました。その頃からこのダムサイトのコースは名物ステージとして使われてきたのですが、このクレスト(丘)+左高速コーナーをどうクリアするのか、長く近畿の選手のあいだで話題になっていたんです。
 そして、我らが「峠のクマさん」の出した結論がこれ。

 動画を見てください。
 手前のコーナー出口からここまで、ひたすらアクセル全開のまま。起伏になっているため先が見えませんが、ちょうど丘の頂点の内側に1本の電柱が立っています。そしてメロン号は左に旋回しながら、なんと電柱に左前部が当たる衝突コースに!
 当たる! という次の瞬間、丘でポヨン、とジャンプ。するとアラ不思議、マシンは真横に飛んでいて電柱をかわし、しかもベストなラインでコーナーを脱出しているという・・・(^-^;)

 スピード、ライン取り、それにクソ度胸。
 3つが揃わなければ絶対に成功しない、ちょっとしたスーパーテクニックがこの「電柱ジャンプ」なのですw


SS13 Rurikei 3 (4.79km) 



 サービスBを終え、第3セクションは今シーズン初のナイトステージへ。
 メロン号はボンネット上にライトポッド(通称ギョーザライト・・・)を装着し、昼間とはまったく状況が異なる暗闇のステージをアタックします。

 第2セクション後半よりトップに立ったメロン号でしたが、その後ろからは1台のマシンが、着実にタイムを上げて追撃態勢に入っていました。
 そのマシンこそ、第1戦唐津において我々と最後まで1秒差の大接戦を演じた、明治慎太郎/足立さやか組スターレット!
 チャンピオン西山選手と並ぶメロンドラ最大のライバルが、ついに反撃の牙を剥いたのです。

 SS8、SS9、それにSS12とベストタイムを重ね、その差4秒3と我々を射程圏におさめてきた明治スターレット。
 最終SS14はメロンドラの得意とする高速ステージのため、そこではメロン号に分があります。だとするなら、明治スターレットはここ「Rurikei」のタイトコースで最後の大勝負をかけてくるはず・・・・・・!!

 メロン号は明治スターレットを迎え撃つため、このステージでイチかバチかのフルアタックを敢行!!!
 ドライバーの集中力がすさまじく上がっているため、昼間と同じタイミングで情報を読んでいると「次!」「その次!」という声が飛んできます。

 結果は我々が0.6秒競り勝ち、クラストップを堅持!


SS14 Amawaka-West 2 (4.75km) 



 イベント最後のステージ、Amawaka-Westの2本目。細かい説明は上記の1本目を参照のこと。
 昼間と較べて、夜のステージがいかに怖いものか、1本目と見比べてみると面白いかも(^-^;)

 手を抜いたつもりは無く、やはり夜になったことで視界が狭くなったためなのか、タイムが予想外に悪い・・・!!
 これで明治スターレットが昼間より少しでも速いタイムで走ったなら、まず間違いなく逆転されていたでしょうね。

 ベストタイムを明治選手に奪われて危ういところでしたが、何とか逃げ切ることができました。
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆