チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

いろいろメロン号 その1

 さて、9月の後半戦開始まで中休みに入った、我らがメロンブックス・ラリーチャレンジですが。
 3ヶ月間、ただただボ〜ッと過ごすのも味気ないよなあ、と・・・('A`)

 そこで、メロン号や我々MRCにまつわる「ちょっとしたお話」を気の向くままに書いていく、そんな新カテゴリーを作ってみました。その名も『メロン号の日々』。

 最初はファンの皆さんが様々なところで楽しんでおられる、いろんなメロン号をご紹介します。


 まずはゲームソフト「Forza2」のペイントカーとして製作された、なんと5種類のメロン号!
 某掲示板での作者さんのコメントによると「頑張れメロン号」ということで製作されたとか。どうもありがとうございますヽ(´∀`)ノ

 

 こちらはVTIシビックをベースにカラーリングされたメロン号。作者さん独自のアレンジも楽しいですね。
 BOMEXエアロで武装したブラックエディションも渋くてカッコイイ!

 

 FD2シビックType-R欧州ハッチバック仕様は、日本国内では販売されてはいませんが、ヨーロッパではラリーベースマシンとしても絶賛活躍中のクルマ。もしかすると欧州選手権(ERC)でこのようなラリーカーが走る日も、そう遠くないかもしれない!?

 そして、GDBインプレッサ。
 実は第1戦唐津のとき、会場入りしていたスバルの世界チャンピオンA選手に大笑いされたメロン号orz
 ちなみにA選手からは、後に「色んな人にラリーを観てもらえるようになるのは、とても素晴らしいこと」とのコメントをいただきました。あれは嬉しかったですね(^_^)

 そして最後のランエボ?にも、ちょっとしたお話が。
 ラリー界始まって以来となるキャラクターカーの出現には、観客の皆さんのみならず会場の全日本選手からも多くの反響が返ってきました。そのなかには、将来的に全日本戦のみならず世界選手権(WRC)にも、このカラーリングで出場しなさいよ、という声も・・・。

「そのときには、もちろんエボ?あたりで出場だな。メロン号+エボ?、で『メロジュウ』ってのはどうだ!?」

 ・・・そういって笑いあったことを、ふと思い出してしまいました(^_^;)

このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆