チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

メロン号インカー映像 MCSCラリーハイランドマスターズ編

 皆さま、お待たせしました!

 10月4日に開催されました全日本ラリー選手権第9戦「MCSCラリーハイランドマスターズ2008」での、メロン号インカー映像をお届けします。

 既報のとおり、今回はSS5終了後のサービスAでリタイヤしたため、必然的にインカー映像もわずかしか撮影できていません・・・(-_-;)

 5本のSSのうち、SS1は前走車クラッシュのためキャンセルされ、撮影できたのは4本のみ。
 今回は、そのうちSS3、4、5のインカー映像をお届けします。


SS3 駄吉林道下り1 (6.06km)



 SS2の高山スキー場ギャラリーステージ1本目を終え、わずかなリエゾン(移動)ののち駄吉林道の下りコースへ。
 冒頭でSS2と言っていますが、SS3の間違いですね(^_^;)

 今回の「ハイランドマスターズ」では、2車線かつストレートの長い「飛騨農園街道」や「高山・大山線」といったハイスピードコースの印象が強かったのですが、この「駄吉林道」はタイトコーナーの続く平均的な日本の林道ステージです。
 ただ、この「駄吉林道」はヒルクライムイベントも開催される有名なステージで、コース幅は1.5車線ほどあるため狭さはあまり感じません。

 この動画で4分31〜32秒のところ。
 僕の読み上げるペースノートで「キンク(ス)40」として表される左高速コーナーにおいて、イン側に落ちていた落石を踏み左フロントタイヤをバースト!!
 通常の段差を乗りこえたときとは、あきらかに違う「ボコン!」という音が・・・。

 直後のコーナーから挙動を乱すメロン号。
 左コーナーでは思い切った進入、右コーナーではかなり手前から減速してソロソロ・・・と、メロンドラはドライビングを使い分け、できる限りロスを最小限にとどめようとがんばっています。



SS4 高山スキー場2 (0.50km)



 なぜか動画のタイトルが「高山スキー場 ?」になってますが、正しくは2本目の間違い(^_^;)

 高山スキー場の駐車場にもうけられた、立ち木をめぐるジムカーナ風のギャラリーステージです。
 ペースノートを聞くよりも覚えて走ったほうが速いため、回り方を指示するだけでノートの読み上げは無し。でも観客の皆さんに少しでもラリーの雰囲気を味わってもらうため、一応ノートを構えています。

 駐車場へ飛び込むさいの段差が思ったよりキツく、予想外の衝撃におもわず「う〜わっ!」とうめく僕。

 スタート前、正面に並んでいるギャラリーの皆さんが手を振っていたのが印象的でしたね(^_^)ノ



SS4 駄吉林道下り2 (6.06km)
  

 
 運命のSS5、駄吉林道下り2。

 SS3ゴール後、コース脇に寄せてバーストした左フロントタイヤをスペアに履き替えたのですが、スペアとして積んでいたタイヤは右用でパターンが逆、しかもコンパウンドが左右で異なる事態に。

 そのため、特に後半にはタイヤがタレてしまい、右コーナーではアンダー傾向が強く出ています。

 ニコニコ動画で話題(?)の僕の「ゴメン!」が飛び出していますが、これはノートの持ち方が悪くて、コースを見るため目線を外したさいに一瞬だけノートの現在位置を見失ってしまったためw

 そして、ゴール直前。
 橋の段差をこえた瞬間、いきなり2速が抜けてメロン号は惰性でフィニッシュ。
 このとき、ミッション内部では致命的なトラブルが進行していたのでした・・・orz 
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

MRCニュース vol.19

 ・・・え、原稿ですか?
 すいません、宗教上の理由により今晩は休ませてもらっていいですか?

 いや『かんなぎ』観るためなんでしょとかそういうこと言われてもですね、安息日としてさだめられてる以上は何がなんでも休まにゃならんのです。
 はい? 白亜は俺の嫁? あははなに言ってんですか、白亜は漫画に登場してからすでに僕と固い契りを交わしておるのですよ。ちなみに宗教とはざんげちゃんファンクラブです。
 いや、やっぱり観てんじゃんとかそういうこと言われてもですね・・・。

 そんな仕事人としてダメダメな毎日を送っているメロンナビなんですがヽ(・ω・)ノ


■メロン号『MOE de GO』走行会にゲスト参加決定

 11月8日(土)、兵庫県はセントラルサーキットで開催されますサーキット初心者体験走行会『MOE de GO』に、メロン号はゲストマシンとして参加させていただきます。

 この走行会は、大阪は日本橋にあるアニソンcafe&bar「アルカディア」さんの主催で行なわれるもので、サーキット走行初心者の方を対象としたもの。
「スポーツ走行を知らない方も気軽にサーキット走行を楽しんでもらいたい!」とのコンセプトで開催されるこの走行会、ATから1BOX、トラック、バス等など・・・走るクルマは何でもアリ! というのが面白いですね。

 会場ではサーキット走行以外にも、撮影会や体験走行、じゃんけん大会など色んな企画を用意しているということなので、イベントとしても非常に面白そう。
 ちなみにサーキット走行の参加者はすでに〆切られたとのことですが、サーキット入場料の¥1000をお支払いいただければ一般の方も見学OKです。

 当日にメロン号がなにをやるかはまだ未定ですが、おそらくはこれが近畿でメロンブックス・シティを見られる最後のチャンスになると思います。
 これまで予定があってイベントに来られなかった皆様、11月8日はぜひセントラルサーキットへ遊びに来てくださいね!!!


 なお、最終戦・新城の2週間前という日程のため、メロン号のセッティングによっては実際のサーキット走行を取り止めさせていただくことがございます。
 また、マシンメンテナンスのスケジュールによっては急遽メロン号の会場入りが無くなることもあります(その際は事前に当ブログにて告知いたします)。
 以上2点について、どうかご了承のほどお願いいたします。   




 拍手コメント返信〜

>エボスタ!局長nagaです。ご紹介いただきありがとうございました!!これだけ頑張れたのも、やはり活躍するお二方あってのことです笑 ぜひこれからも日本のラリーシーンを盛り上げていってください!
 ややや、こちらこそメロン号プラモを製作していただきありがとうございました。製作日記は毎回ワクテカしながら拝見させていただいてましたwww
 メロン号が走ることで少しでもラリーファンの増加につながれば嬉しいですね。これからもご声援よろしくお願いいたします〜!

>サービストラック:エロゲとパソコンも搭s(殴る蹴る殴る蹴る
 その場合、ムッハーとなっちゃったら人生終わります。まさに拷問(´・ω・`)

>『ラリコン』なる搭載機器に、また別のプログラムがインスコされているような気がしてしょうがないのですがどうすればよいでしょうか。
 どうもこうも、釘宮声で「500m通過したわよこのバカ!」とか言ってくれるラリコンが発売されたら絶対買うでしょ常考。これぞラリー参加者増加のための最後の一手だと僕は声を大にして言いたい!

>楽しく拝見させていただいてます。  こうゆうのが(走行中の質問コーナー)できるのってラリー競技くらいですよね。すごく楽しいです。
 以前、「リエゾン中の光景も車載動画として見てみたい」とのご要望を頂きまして、淡々と流れていく風景を撮影しても面白くない、ならばせっかくなんで質問コーナーにしてしまえ、となったのがこの動画です。まさに行き当たりバッタリorz

>GA2シティはいい車ですよね。速いはカッチョイイわで、いまでも戦闘力はピカ一のスーパーウエポンですね。  しかし少々古い部類に入る車だと思います。純正パーツや競技パーツの供給も大変だと思われます。  そこで質問です。来シーズン以降、一年後やその次…、では乗り換えやクラス変更などと考えてるのでしようか?
 もしかしたら質問コーナーへのQかもしれないんですが、まだ半月以上あるんでこちらでAをば。

 速いのはたしかに速いんですが、あの時代のホンダ車の最大の特徴である「ボディの弱さ」が一番出てるクルマですね。このシティを製作したとき、メロンドラは一番にその辺の対策をしたと聞いてます。ちなみに「パーツも壊滅的だし、全日本をシティで追うのはこれが最後かなぁ・・・」と言ってました。
 メロンドラ的には常に上のクラスで走りたいという思いは持っているようなので、もしかすると来年以降、新しくマシンを作ってJN-1以外のクラスで走ることもあるかもしれません。

 ・・・答えになってますでしょうか?(^_^;)
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

スペシャル・リエゾン in 吉野ヶ里

 皆さま、お待たせしました。

 9月の全日本第8戦「FMSC吉野ヶ里マウンテンラリー」にて収録した、皆さまからいただいたご質問にメロン号のクルーが素人丸出しで答えるQ&Aコーナー『スペシャル・リエゾン』。

 第1回目の映像では、「LSDについて」、それに「ラリーをはじめる際の最初のクルマについて」、以上2点について回答をば。

 この動画については、以下の点についてご了承のほどを(-_-;)

1: 開催当日は真夏だったため、窓を全開にして走っているのですが、その風切り音が全編にわたって入ってしまっています。多少お聞き苦しい点はありますが、どうかご了承ください。

2: 素人がこういうことやっちゃイカンという見本のような動画です。ナマ温かい目で見守りましょう。

3: 謎な動きや会話がいくつか収録されてたりしますが、気にしないでおk。





 それと、もう1点。
 こちらは先日のハイランドマスターズで回答させていただくのを予定してたんですが、ご存知の通りセクション1でリタイヤしてしまったため収録なし(-_-;)

 そこで、この場を借りてご質問にお答えさせていただきたいと思います。


「質問です〜。部品とか工具は一切合財メロン号に積んで自走で競技場まで行くんですか?まさにミニサーキット走行会的な感じで?それともサポート1台付くとかですか??」


 いずれのイベントでも現地まではほぼ自走での移動となりますが、くわしく見てみると2つのパターンに分かれますね。

 メロン号の参戦している2008年全日本ラリー選手権の舗装イベントは西日本に集中して開催されてますが、本拠地から遠方の九州、四国(Rd.1唐津、Rd.2久万高原、Rd.8吉野ヶ里)にかんしては、メロン号は現地のラリーチームにサービス業務を委託していました。

 その場合、タイヤや予備パーツ類はメロン号に可能な限り積みこみ、残りをサポートとしてきてもらった有志の方のクルマに乗せて、現地まで移動。
 イベント後はふたたびメロン号に積載して帰路へ・・・という感じ。

 対して、本拠地から近い中京・近畿(Rd.3京都、Rd.9高山、Rd.10新城)では、メインサポートのCATS RALLY TEAMサービス隊が出動します。

 CATS RALLY TEAMにはサービス専用トラックが1台ありまして(なんと個人持ち!!!)、かさばるタイヤはこちらに載せてもらって現地に移動します。
 このサービス専用トラックには、エンジン式発電装置やエアツールを使う際のコンプレッサー、サービステント、イス&テーブル、調理器具や食器などの小物類や食料品など、サービスで必要となる一切合財がすべて積載されていて、まさにメロン号のラリー参戦を支える影の主役。

 最終戦の新城ラリーでは、メロン号の走りももちろんですが、このサービストラックや我々の参戦を支えてくれるサービス隊員のみんなにも、ぜひともエールをおくってあげてくださいね(^ω^)ノ
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

いろいろメロン号 その4

 皆さまから「スペシャルリエゾン」コーナー向けにいただいたご質問ですが、FMSC吉野ヶ里マウンテンラリー内で収録した動画については、ただいま動画担当の手で鋭意編集中です。
 また、MCSCラリーハイランドマスターズ向けにいただいたご質問は、早々にリタイヤに終わったことから動画としての収録は無し。
 マウンテンラリー版の発表とともに、同じ記事の中で文章でお答えさせていただきたいと思っています(-_-;)

 すいません、もうしばらくだけお待ちください・・・。



 ということで今回は、メロン号をフューチャーしていただいた皆さんの活動をご紹介する「いろいろメロン号」第4回です!!!


 まずは、7月末の記事でご紹介した「プラモ版メロン号」について。
 製作者のnagaさんより、「メロン号、完成しました!」とのメールを当方にいただきました!!

 エボスタ!「Melonbooks BRIG CATS DL CITY」
 http://evosta.makibisi.net/model/city/city.htm

 ただ、感動・・・(;゚∀゚)

 もうその一言につきます。

 どれだけ忠実に再現しているんでしょうか。
 ボディにかんしてはGG前期型を加工しているため細部で違う部分がある・・・ということですが、そう言われなければまったく気がつきません。
 ボディカラーも、実はメロン号のブルーはほんのわずかに金ラメを混ぜ込んだ特殊なカラーなのですが、写真で見る限りは完璧に再現しておられます。

 ブログのほうを拝見すると、完成までには様々なご苦労があったようで、特に唐津戦のときのホイールを再現するためにパーツキットを新たに購入した話など、もう涙ナシには語れません(申し訳なくて)・・・。
 あと、完成間近で無残にもペシャンコになっためろんちゃん・・・(ノA`)

 こちらの作品は、来月の11月23日に横浜で開催されます『横浜ホビーフォーラム』にて出品される予定とのこと。
 残念ながら我々は最終戦・新城ラリーとかぶってしまうため見に行くことはかないませんが、もしお近くにお住まいの方は、ぜひ会場に足を運んでnagaさんの力作をその目に焼き付けてくださいね。

 nagaさん、メロン号の製作お疲れ様でした&ありがとうございました!!!!



 さて、こちらはご自身のクルマにメロン号風のカッティングをほどこしてサーキット走行を楽しまれている方。

 いただいたメールには、
「毎回表彰台に上がる成績をおさめているメロン号にとても感銘を受け、私の車をメロン号っぽくしてしまいました」
 ・・・とありました。いやあ、そう言っていただけると嬉しいですね(^_^)



 こちらのめろんちゃんは、えれっとさんVer.のタイプ。メロン号にも同乗しているぬいぐるみめろんちゃんと同じく、コロコロとして可愛いですね・・・(;´Д`)ハァハァ
 そしてメロン号のものと同じデザインのラインを、こちらは金と銀で表現しておられます。
 
 メロン号のデザインを決めるにあたって、僕がデザイナーさんに出した要望は
「メロンブックスのコーポレートカラーであるグリーン、それにメロンイエローを使い、ベースカラーのブルーにもバランスよく映えるようなデザインにして欲しい」
 というものでした。

 しかし、ベースカラーがレッドなら「ゴールド」「シルバー」というカラーバランスも非常にイイですね!!!

 お知らせいただいたKさん、どうもありがとうございました。
 これからも末永く、めろんちゃんとともにサーキット走行を楽しんでくださいね(^0^)ノ
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆