チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

MRCニュース vol.18

 DVDの発送作業を終え、今度は明日〆切の原稿にかかりきりとなっているメロンナビです(´・ω・`)
 部屋中に資料ブチまけて足の踏み場も無いとゆーか。

 いよいよ今週末に迫ってまいりました、全日本ラリー選手権第9戦『MCSCラリーハイランドマスターズ』。
 今回のMRCニュースは、こちらの情報についてお届けしたいと思います。


■?カーブレイクラリー?の異名はいかに。第9戦ハイランド

 全日本ラリー選手権第9戦『MCSCラリーハイランドマスターズ2008』は、今週末の9月3〜4日の日程で、岐阜県高山市近郊の山岳路をステージとして開催されます。

 昨年まではダートイベントとして開催されてきたこのハイランド。
 全日本のカレンダーの中でも、きわめて路面状況が悪いことで知られていたイベントで、あまりのリタイヤ率の高さからついた別名は?カーブレイクラリー?!

 しかし、今年はダート路面の補修が追いつかず、やむなくターマック(舗装)ラリーとして開催が決定したハイランド。
 もちろん、全日本ターマック戦全戦出場を旗印とするメロン号としては、このイベントを指をくわえて見送るはずがありません。

 アイテナリー(行程図)を見てみると、「駄吉林道」「飛騨農園街道」「高山・大山線」、それにギャラリーステージの「高山スキー場」の4つのルートをめぐる全12SS、計70km超が競技区間として設定されている模様です。

 すでに全体図も発表されているので、手持ちの地図と見比べてみたのですが・・・
 こ、この「飛騨農園街道」って、どんだけスピードが出るコースなんだろう!?(-_-;)

 地図の上では、ストレートが長い上にコーナーの数も少なく、しかも高速コーナーが多数。実際にこの目で確かめるまでは判りませんが、どうやら一部区間ではとんでもないスピードが出ることは確実な感じですね。

 公式ページでは、すでにエントリーリストが発表となっています。
http://homepage2.nifty.com/mcsc/highland/entrylist2008.pdf
 ※要PDFリーダー

 信じられない選手が、我々のJN-1クラスで出場します・・・(;゚Д゚)
 ゼッケン33「アヤベストーリア」、綾部美津雄/石川邦雄組。

 国内ラリーを知る方なら、もはや語ることは無いでしょう。
 そう、あの?リトルジャイアント?綾部美津雄選手が、我々のJN-1クラスに参戦しているのです!!

 近年では年に1、2戦ていどの参戦にとどめておられるようですが、その実力はいまだに日本トップクラス。
 つい最近でも、第5戦「MSCC東京ラリー」に同じストーリアで参戦し、何と総合11位に入る圧倒的タイムでJN-1クラス優勝を成し遂げています。

 まだこの世界に入って間もない頃。
 京都で行なわれた全日本ラリーにギャラリーとして見に行ったメロンドラは、他とはまったく違う豪快な走りを見せた綾部選手のドライビングに「ものすごく憧れた!」とのこと。
 今回のエントリーリストに綾部選手の名前を見つけたメロンドラ、ハタから見ていても静かに闘志を燃やしていることが判ります。

 シリーズを考えるなら、ここはとりあえず落ちついて完走を目指すのがいいんですが・・・聞く耳持たないだろうなぁorz


■ギャラリーステージについて

 今回のギャラリーステージは10月4日(土)、飛騨高山スキー場特設ステージにて。

 ここではセレモニアルスタートも予定されているのですが、面白いのはSS1を走行後、飛騨高山スキー場にてセレモニアルスタートをむかえること。
 つまり、SS1でリタイヤなんかしちゃった場合、そのマシンはセレモニアルスタートすら迎えることができなくなってしまうという・・・(((;゚Д゚)))

 さて。
 今回のイベントにおける注意点ですが、セレモニアルスタート/ギャラリーステージは飛騨高山スキー場に置かれているのに対して、サービスパークは山ひとつ向こうの「ほおの木平スキー場」に置かれていること。
 今回もまた、ギャラリーステージとサービスパーク両方の観戦を楽しみたい方はクルマやバイクでの移動が必須となっています。

 しかし前回の吉野ヶ里とは違って、今回はギャラリーステージの開設時間とサービスBの時刻に余裕がありますので、ゆったりと両方の観戦を楽しむことができそうです。
 今回のイベントではナイトステージがありますので、ライトポッド装着などの特殊サービスを見学できるはず。
 もちろん、メロン号も京都以来の登場となる大口径ライトポッドを装着して暗闇のステージに挑みます(^_^)ノ

 詳しくは大会公式ページ(http://homepage2.nifty.com/mcsc/highland/highland2008.htm)をご覧下さい。


■配布物について

 今回もまた、サービスパークにおいて自由配布分のステッカーを入れたメロン箱を設置します。

 拍手コメントでご質問がありましたが、「メロン号応援ステッカー」その他の配布を希望される方は、現地のサービス隊員にその旨をお伝えいただいた上で、このメロン箱の中にお入れいただいてかまいません(^_^)ノ
 もし配布物が余っても大丈夫。皆さまからお預かりした配布物は、次の最終戦「新城ラリー」でもお配りしようと思っていますので。

 そして、メロン号クルーから直接ファンの方にお渡しする、50枚限定のサプライズステッカーについてですが。

 今回のステッカーイラストをご提供いただいたのは、ゲーム原画や小説挿絵などで大人気のイラストレーター

 とんぷう先生です!!

 とんぷう先生のHPはこちら →


 イラストは現地でのお楽しみ、ということで。
 ひとつだけヒントをあげてみるなら・・・れもんちゃん、あなたはやはり

 コドライバーに向いてないw

 とんぷう先生、今回はお忙しいなかサプライズステッカーのイラストにご協力いただき、誠にありがとうございました!!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆