チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

スペシャル・リエゾン in 吉野ヶ里

 皆さま、お待たせしました。

 9月の全日本第8戦「FMSC吉野ヶ里マウンテンラリー」にて収録した、皆さまからいただいたご質問にメロン号のクルーが素人丸出しで答えるQ&Aコーナー『スペシャル・リエゾン』。

 第1回目の映像では、「LSDについて」、それに「ラリーをはじめる際の最初のクルマについて」、以上2点について回答をば。

 この動画については、以下の点についてご了承のほどを(-_-;)

1: 開催当日は真夏だったため、窓を全開にして走っているのですが、その風切り音が全編にわたって入ってしまっています。多少お聞き苦しい点はありますが、どうかご了承ください。

2: 素人がこういうことやっちゃイカンという見本のような動画です。ナマ温かい目で見守りましょう。

3: 謎な動きや会話がいくつか収録されてたりしますが、気にしないでおk。





 それと、もう1点。
 こちらは先日のハイランドマスターズで回答させていただくのを予定してたんですが、ご存知の通りセクション1でリタイヤしてしまったため収録なし(-_-;)

 そこで、この場を借りてご質問にお答えさせていただきたいと思います。


「質問です〜。部品とか工具は一切合財メロン号に積んで自走で競技場まで行くんですか?まさにミニサーキット走行会的な感じで?それともサポート1台付くとかですか??」


 いずれのイベントでも現地まではほぼ自走での移動となりますが、くわしく見てみると2つのパターンに分かれますね。

 メロン号の参戦している2008年全日本ラリー選手権の舗装イベントは西日本に集中して開催されてますが、本拠地から遠方の九州、四国(Rd.1唐津、Rd.2久万高原、Rd.8吉野ヶ里)にかんしては、メロン号は現地のラリーチームにサービス業務を委託していました。

 その場合、タイヤや予備パーツ類はメロン号に可能な限り積みこみ、残りをサポートとしてきてもらった有志の方のクルマに乗せて、現地まで移動。
 イベント後はふたたびメロン号に積載して帰路へ・・・という感じ。

 対して、本拠地から近い中京・近畿(Rd.3京都、Rd.9高山、Rd.10新城)では、メインサポートのCATS RALLY TEAMサービス隊が出動します。

 CATS RALLY TEAMにはサービス専用トラックが1台ありまして(なんと個人持ち!!!)、かさばるタイヤはこちらに載せてもらって現地に移動します。
 このサービス専用トラックには、エンジン式発電装置やエアツールを使う際のコンプレッサー、サービステント、イス&テーブル、調理器具や食器などの小物類や食料品など、サービスで必要となる一切合財がすべて積載されていて、まさにメロン号のラリー参戦を支える影の主役。

 最終戦の新城ラリーでは、メロン号の走りももちろんですが、このサービストラックや我々の参戦を支えてくれるサービス隊員のみんなにも、ぜひともエールをおくってあげてくださいね(^ω^)ノ
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆