チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

拍手&メール一挙返信

 ということで、今回は溜めまくった拍手コメその他への返信ということで。

 まずはメールへの返信から。

>こんにちは! たぶろいどといいます。
2009シーズン、ビッグチャレンジでの活躍を祈っております!
遅くなりましたが、2008年優勝祝いにこんなもんを作ってみました。
ポイントは”縞”です。





「やべぇ・・・俺らいつのまにかトーン大佐を撃墜しちまってたようだぜ・・・」(ゴクリ)
「ハノイに便器投下しただけじゃまだ足りないってのか・・・!?」
「いやそれ意味が違」

 たぶろいどさん、ありがとうございました〜(^0^)ノ


 以下、拍手コメ返信。

>白色CITY号は、ドSタイヤ!?とおぼしきタイヤで某○屋スキー場方面へ登って行かれましたとさ。 果たして無事に到着したのか…。MITSUBISHI車の本拠地の岡山で、その昔、KP61スターレットに乗り、全日本ラリーに参戦し(バルブサージングおじさん) の威名を持っておられた田口盛一郎氏が社長の(チェリッシュ) さんも加わってさらにパワーアップされたメロン号の走る姿が早く見たいです!! オヤジ@兵庫

 あんなシティで、全国各地に長距離ドライブ行くようなお方ですから・・・>白シティ
 ちゅーか田口さんのような大御所とお知り合いになれるのは本当にうれしいですね。今度チェリッシュにご挨拶行かせてもらお・・・。

>某スレ579・586です。 一人でもラリーに参加する人が増える事を期待しています。

 少しでも新しい人を呼び込めるように頑張りたいですね(^ω^)

>おかしいね? メロン号チャンピオンの暁には、おすわりメロンナビがVer.2 TYPE−RAになって発売されるという当初の予定は、昨今の金融危機により開発中止となったのでせうか?

 いやぁいいなあ、そんなこと実現してくれたら。
 ・・・とか思ってたんスけど、なんか巫女バージョンの手乗りめろんちゃんが限定販売されてましたね(・ω・)



>うん、ごめん・・「通りますよ」とカキコしようとしたんだけど・・ごめん・・ 今年も応援してますよ!  ところで、零戦の青竹色って

 青竹色って・・・なに!? めっさ気になるんですががが!!!

>参戦継続が決まって嬉しいです!
同じ三重苦を抱える者としては素直に嬉しく、不況と言われる中でスポンサー継続を決定してくれたメロンブックスさんにも感謝、感謝です。
こちらもスポンサー(就職先)探しの最中なので(^_^;ゞ参戦スケジュールを見る限り現場にはお邪魔出来ませんが、このHPを通して応援しております!


 メロンブックス様には本当に感謝以外の何物も無く。
 ご声援ありがとうございます〜! そちらも就職活動がんばってくださいね!!  そして共に三重苦を面白おかしく乗り越えるのダ!

>はじめまして!去年の初めて新城ラリーを観戦してメロン号を見ました。自分も青のエボ7に乗っています!!今年の新城でも「痛」くて「キレ」た「熱い」走りを期待してます。

 おぉ、それはそれはありがとうございます〜
 北海道、それに新城とヤバさ満点のイベントが続きますが、何とか生き残って上位に食い込めたらなぁ、と・・・(;´ω`)

>ツンデレかがみっくメロン案1択でprz

 やべぇ・・・かがみっく最高じゃん・・・orz

>お〜真っ白ですね。うちのエボ9みたいだwそれでは大牟田と吉野ヶ里でお待ちしてます。

 これから、この真っ白なエボがメロンカラーにwww

>どもっ!岡崎の隣の街でヘッド鋳込んでますw 岡崎と言えばCLANNAD、泣きましたねぇ今回・・・ティッシュ切らしてたんで零戦五十二型丙の削りカスが一杯のタオルで汐水をぬぐっています。で、青竹色

汐 「パパ、ごじゅうにがたへいって、てっぽうがいっぱいのってるね」

朋也 「そうだな汐。五二型丙には九九式二号20mmのほかに13mm機銃も装備していたが、そのために運動性を犠牲にしてたんだ」

 突然にして始まる親子でたのしいミリオタ談義。
 ところで青竹色って何なんスかwww

>4G63メロンちゃんですかwすごく…頑丈そうですね。

 でも棚落ちでムネがスットントンになるとかそんな。

>九州のダートラにオフィシャルで行きま〜す。応援してま〜す。がんばって下さい

 おぉ、お疲れ様です〜(^0^)ノシ
 現地でお会いしましょう!

>写真では、ヘッドは再使用のようですね!もし差し支えなければ、『妥協できたダメージ』『妥協出来なかったダメージ』が参考に知りたいです。【ボーリング済みブロック以外全部換えましたが何か?】が出来ればそりゃ理想なんでしょうけど・・・orz

 これに関しては、浜選手に回答してもらいました〜


今回再使用した4g63のヘッドですが、モータースポーツのような極限状態で使用する場合は、間違いなく交換ですね。

なぜ駄目なヘッドを再使用したかと言うと「限られた予算のなかで最大限の効果をあげるため」です。
ラリー北海道前にエンジンを換装し、最高のパフォーマンスで出場しようと考えていますが、とりあえず全日本ダートラの2戦は現在のエンジンで行こうと思っています。

ここからは、蛇足ですが・・・・・・

今回デトネーション(異常燃焼)から起きたと思われるヘッドの虫食いですが、多分リストリクターをつけないままジムカーナで全開走行したので、高回転域で燃料が薄かったんでしょうね。(アンチラグもバリバリ効かせてましたから・・・)

ヘッドが虫食い状態になると、本来平面だった燃焼室に凹凸が出来ます。
この状態でエンジンに負荷をかけると、凹凸の凸部が通常よりも高温になってしまい、プラグがスパークする前の段階で着火してしまう「ノッキング」が起こる原因になります。
(ちなみに、燃焼室の温度は水温がかなり影響しますので、オーバーヒート気味で負荷をかけるとノッキングしやすいです)

この状態でECUを現車合わせしても、点火時期を進める事が出来ないのでパワーアップできません。

もしこのまま高負荷でエンジンを使い続けると、虫食いが広がって行き、最後にはガズケットを通り越して水路等にまで進行してしまい、エンジンがオシャカになってしまいます。

今回、自分がなぜヘッドのガスケットとシリンダーボルトを変えたかと言うと、この前のジムカーナでヘッドガスケットが抜けて、冷却水がみるみる減っていたからなんです。

まだ症状が軽微だったからかもしれませんが、新品ガスケットと強化ボルトでヘッドとシリンダーを強固に組んだので、今の所冷却水の減りは無いみたい。

■デトネやノッキングが起こると、ピストンは・・・・・・・






こんな風になります。
上の写真ですが、判り難いかもしれませんが、ピストン上部の淵が溶けて丸くなってるのが判ります?
さっきのヘッドの凹凸のように、角部は熱が溜まりやすい為、この部分から溶けます。

下の写真は無事だったピストン






角は丸くなってませんよね(^^)

ちなみにこのピストンは、2007年にエンジンオーバーホールした時のピストンです。記念に部屋にしまって置いていたのを引っ張り出しましたw

オーバーホールに出した時、エンジン屋さんから電話があり「このエンジン壊れたからココに持ってきたんですよね??」って連絡がわざわざあったんです。

僕はこの状態で全日本ダートラとJAFカップに出ていて、「異音はしていたけど普通に回ってましたよ!」って言ったら「やっぱり4G63はスゴイエンジンじゃなぁ〜」って驚いていましたよ。

耐久性抜群のエンジンです4G63は!!



 ・・・ということで、毎回たくさんの拍手コメやメールありがとうございます。

 これからも何とぞよろしくお願いいたします〜ヽ(・ω・)ノ
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆