チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

京都痛車組合安全運転走行会

 最近は時間がたつのがアッという間で、掲げようあげよう、と考えてるうちにこんなに時間がたってしまいました・・・(-_-;)


 さる3月1日(日)、京都痛車組合さんのご招待で、奈良県は名阪スポーツランドで開かれた安全運転走行会に、ゲストドライバーとしてお呼ばれしてきました。

 京都府内でも最大の痛車チームであるこちらのサークルですが、このところ所属するチーム員の数が増えるにつれて、チーム員が関係する事故の件数も徐々に増えつつあったのだとか。

 そこでチーム員の安全運転意識の向上と、とっさの時でもクルマを最低限あやつれるだけのドライビングテクニックの習得、それに何より「事故を未然に防ぐ」ための運転技術を身につけるため、このような走行会を企画したのだとか。



 当日、講師として現地に向かったのは、08年メロン号ドライバーの廣瀬選手&僕の2名。
 すでにご存じの方もいらっしゃるでしょうが、旧メロン号はとある方のところに嫁いでいき、現在は某所にて休眠中。廣瀬選手は練習車のGC8インプレッサで会場入り。

 


 今回使ったコースは、名阪スポーツランドの中でももっとも奥に位置している、通称「Dコース」。

 ごらんの通り広い駐車場のようなところで、約1/3がタイヤで仕切られたカートコースになっています。今回はカートコースをパドック代わりに、残り2/3にパイロンをいくつか置いてジムカーナ風コースとしていました。

 京都痛車組合さんがスポーツ走行初級の方のために用意したカリキュラムは、「ブレーキ制動」「定常円旋回」「スラローム走行」の定番メニュー。簡単ながらクルマの挙動をしっかり学べる、とてもやりがいのあるカリキュラムです。
 皆さんには、こちらでクルマの基本的な動かし方をみっちりとトレーニングしてもらいました。




 希望者には実際に廣瀬選手に助手席に乗ってもらい、ドライビングのポイントを直接レクチャー。

 ラストは痛車仕様MR2でジムカーナに参戦する「とーる」さん、それに痛車仕様インテグラでダートラ参戦中の「ヒロカズ」さんと協力しながら、簡単なコースを作ってタイムアタックに挑戦!
 中には我われもビックリするほどの上達ぶりをみせてくれた方もいて、講師として参加した我われとしても本当にうれしかったですね!!ヽ(´∀`)ノ

 京都痛車組合の皆さま、このような意義ある集まりにお誘いいただきまして、本当にありがとうございました。
 それと、もしかすると我われの教え方その他に至らない点も多々あったかと思いますが、ぜひとも今後につなげるべくお気軽にご指摘いただければ、と思います。

 皆さま、お疲れ様でした〜!!! 
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆