チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

メロン号インカー映像 モンテカルロカップダートトライアル 編 その2

 メロン号インカー映像 「モンテカルロカップダートトライアル」 編、いよいよ本番走行2篇をご紹介!



 第1ヒート




 公式練習がおこなわれた20日の夜おそくから、広島県中部は弱い雨模様。
 本番の21日には、そこかしこに水溜りができて会場は泥だらけに。さいわい、コース上には目だった水溜りはありませんでしたが、走行ライン上にも湿り気をおびた土が乗っていて、不用意にコーナーに進入するとズルズル引っ張られそうな雰囲気に。

 慣熟歩行の結果、メロンドラ浜選手はルーズ路面用タイヤA031をチョイスして、まずは安全に第1ヒートを走りきることを選択します。
 勝負は、固い路面が顔をのぞかせた後半第2ヒート!!

 スタート直後、この動画では0:25前後にあるジャンピングスポット。
 ふわり、とナナメに離陸するメロン号ですが、あんまりこの動画では浮いてるように見えませんね。
 実際、このポイントで走りをチェックしていた某モータースポーツ誌の記者の方によると、「まっっっっっだまだイケる! ぜんっっっっっぜん、飛んでない!」 とのこと(^_^;)
 まぁ、第1ヒートは様子見ですから・・・。

 その直後、左中速のキャロッセコーナーでは、ステアリングを切っているにもかかわらず、ズルズル・・・とアウト側にふくらんでいってます。土の状態がルーズすぎて、ステアリングを切ってもクルマがなかなか反応してくれないんですね。

 そのため、このあとのセクションでは浜選手もドライビングを修正して、いつもより早いタイミングでステアリング操作をするようになりました。
 全般的にドリフトの角度が深めですが、それは早めにクルマを横に向けて、なるべく前へ前へと推進力をかせごうとする操作の表れです。

 第1ヒートは 「ちょこちょこと失敗したけど、走りとしてはまぁこんなもん」 ということで、SA-2クラス6番手タイムをゲット!!



 第2ヒート



 
 めろんちゃんの登場で、おおいに盛り上がったお昼のパドックウォークを経て、後半第2ヒート。

 ・・・ところが、メロン号がパドックを出たその数分後、突如として会場は横なぐりの大雨に!!
 タイヤを交換しているヒマもなく、メロン号の無事な帰還をただ祈ることしかできませんでした・・・。

 そして、ジャンプでの着地の衝撃でECUのカプラーが脱落し、力なくコース上に停止するメロン号。
 結果は残念でしたけど、最悪の状況すら予想されたなかでボディやエンジンにまったく損傷がなかったのは、まさに不幸中の幸いといえるかもしれませんね。

 ・・・その後のようすは、じっさいに動画でどうぞ(^_^;)

 自分で自分のエンディングテーマを流すとは、芸達者なヤツだなアンタ!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆