チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

メロン号インカー映像 「ラリー北海道2009」 編 その2

 メロン号インカー映像集「ラリー北海道2009」編、その2です。

 SS16がはじまる直前にカメラ位置を調整し、前方の風景を録画できるようになったのはいいけど・・・今度はカメラの露出が暗い車室内であってしまい、映像がホワイトアウトしてしまいましたorz
 そこで、編集のときに全体的に明るさを落とし、ぎゃくにコントラストを目いっぱい上げて何とか道の輪郭だけでも見えるようにしたのが、この映像です。



 SS16 ヌプリパケ2 (12.73km)



 デイ2、セクション7。
 牧草地の広がるなだらかな丘陵地を駈け抜ける、ハイスピード&ワイドなステージがここ 「ヌプリパケ」 。

 故障したパワーステアリングは、デイ1b最終サービスでメカニックたちの奮闘により完全に修復!
 わずかな時間でリペアを成功させた、たった3人のメカニック。今回のラリーは、後方支援に回ってくれた彼らの頑張りがなければ、絶対にフィニッシュまでたどり着くことはできませんでしたねヽ(^ω^)ノ

 硬く締まった超高速のグラベルロードを、思い切りよくすっ飛ばしていくメロン号。ここまでくると、最初はこわごわと操作していたドライバーも、ノートリーディングを完全に信じきってアタックしていますね。
 そう、これをドライバーに身につけさせるためだけに、今回のラリー北海道には出場したようなもの。全日本という場所で勝負するには、ノートの情報だけで操作を行うこの走法を身につけるのが絶対条件なのです。

 途中で何度か白いもやのようなもので視界がふさがれますが、これは前走車がのこした砂煙。前日のトラブルで大きく順位を後退したメロン号は、デイ2ではJN-2クラスにまじる形でスタートしたため、砂煙がまだコースのそこかしこに残っていたのです。
 それでも、ノートの情報を頼りに果敢に攻め続けるドライバー。いや〜、こうして見ると、わずか3日間ですごく進化してるなあ(・ω・)

 結果は今イベントにおける最高順位、総合8番手タイムを記録!



SS17 ホンベツ2 (10.78km)



 ラリー北海道における名物ステージ、「ホンベツ」。
 この映像は2本目のもの。

 スタートからしばらくは、だらだらとした中速セクションがつづきます。
 ここはコーナーのワダチが深く、タイヤがかみ込んでいきなりイン側深くに入り込む場面も。内側に木が1本でも立ってたら、このスピードなら一発廃車だったでしょうね・・・(;´Д`)

 中速セクションを抜けたら、今度はラリー北海道最長の600mストレートのある超高速セクションへ。かつては途中で大きなジャンピングスポットがあったらしいのですが、今回のラリーでは削られて無くなってたり(;・ω・)
 ここでメロン号は、今イベント最高速を記録! 横からチラチラのぞき込んでみましたが、180km/hスケールのメーターが完全に振り切れてましたね・・・。

 そして道の状況がガラリと変わり、森のなかを駆けぬける低速セクションに突入。ドライバーもコ・ドライバーも、それまでのスピードに惑わされないように気持ちの切り替えが必要。
 ここのワダチが本当に深くて、コース上のあちこちに前走車が落としていった部品が転がっています。

 ラスト右コーナー、ノートの書き込みがグチャグチャしすぎていて、読み間違うメロンナビ。
 コース幅が広くて助かったよ・・・orz
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆