チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

「久万高原ラリー2010」インカー映像 vol.02

 全日本ラリー選手権Rd.5「久万高原ラリー2010」インカー映像集!
 今回は後編として、Day2の模様をお届けします。


SS6 美川リバース 24.38km





 Day1のあいだは何とかもっていた天候が、早朝から大崩れ!
 西日本全域が梅雨入り宣言を出したこの日、久万高原町の天候は横殴りの強風と大雨で台風直下のような嵐となってしまいました。

 それがどれだけ厳しい天候だったかは、リタイヤ車のほとんどがDay2で出ていることから見ても判るかと・・・。

 念のため、今回も協力者の皆さんにウェザークルーに行ってもらうと、サービスパークのある美川スキー場から山を下りた先の山麓付近では雨も上がっており、路面はセミウェット〜ドライ。
 ところが、そこから少し標高が上がった各ステージのスタート付近では土砂降りの雨・・・、と標高によって天候が大きく異なることがわかりました。

 標高によって天候が異なる・・・、ということから、ある一つの仮定が浮かび上がってくるのですが、それはこのあとの「大川嶺」のインカー映像をご紹介するときにご説明しましょう(;^ω^)

 Day2にはロングステージがあるだけに少し悩みましたが、ここはドライバー、それにサービスメカニックとして同行していたSRS金子社長と相談し、安全を取ってウェット用のソフトコンパウンドタイヤを選択しています。

 そして、ここが全日本ターマックラウンド最長ステージ「美川」。
 今回は、2008年のときとは逆向きに走行します。長いので3分割していますが、なぜかyoutubeにアップロードするとコドラの音声が妙なことになる・・・orz


SS8 大谷リバース 4.98km 



 Day1のSS2、4で登場したステージを、逆方向にたどる「大谷リバース」。
 1日目の映像と見比べてみれば、路面がどれだけ冠水しているのかが判りますね。

 この映像は2本目の「大谷リバース」のものですが、1本目の路面はこれ以上にウェットな状況で、ありとあらゆるところでハイドロプレーニングが起こり得るきわめて難しい路面となっていました。
 この動画にも、1本目でリタイヤしたマシンが残した三角停止板がステージ上のあちこちに残されているのがわかります。

 コーナーではタイヤのグリップを確かめつつ、小刻みに修正舵をあててマシンをコントロールするドライバー。
 このステージ、今戦5本目のベストタイムを獲得!


SS10 大川嶺 14.16km





 スタートから一気に標高1400mまで駆け上がり、牧場の中を走り抜けた後は、美川スキー場までつづら折れのダウンヒルをアタックするギャラリーステージ「大川嶺」。

 ここまででベスト6本を並べ、大きなマージンを得ていたメロン号は、安全策をとって若干テンションを下げて走行しています。
 ここも長いので分割したんですが、やはり音声がおかしなことに・・・orz

 さて。
 「美川リバース」のところでも紹介しましたが、ウェザークルーの情報によると「標高によって降水量に差がある」とのこと。
 つまり麓近くでは小雨がパラつく程度の天候だったのに、山の中腹にあるステージ入り口付近では大雨が降っている、とのことでした。

 ということは、いま我々がサービスパークで体感している大雨は、じつは山麓からの上昇気流によって水の粒子がぶつかり合って大きくなり(凝縮)、この高度でちょうど飽和点となって水滴となり降ってきている、つまり「雲」となる境界面のすぐ下側にいるため、ということが判るわけです。

 ならば、ここより高いステージの状況はどうなるか?
 上昇気流によって水蒸気がより高い高度に運ばれると、梅雨前線の寒気から吹き降ろす下降気流と山麓からの上昇気流の釣り合いが取れるため、水の粒子は雨粒ほど大きくなることなく大気中に滞留します。

 つまりは、美川スキー場より高いところでは「雲」そのものの中に入ってしまう、すなわち猛烈なガスの中に入り視界が極端に悪くなる、ということ。
 ・・・専門家が見たらツッコミ入りまくりそうな、超大ざっぱな説明だな(;´ω`)
  
 おそらく、ここより上の「大川嶺」はひどいことになっているぞ・・・、と思っていたんですが、インカー映像を見てみるとやはりものすごい視界不良だったことが判りますね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

「久万高原ラリー2010」インカー映像 vol.01

 みなさん、本当にお待たせしました!

 6月12〜13日の日程で、愛媛県久万高原町にて開かれました全日本ラリー選手権第4戦「久万高原ラリー2010」での、メロン号インカー映像をお届けします。



SS3 神岡2 3.56km



 雨にたたられた今年の「久万高原ラリー」ですが、デイ1のショートステージ4本をアタックしているときには、まだ天候は曇り。
 ステージ状況も、このときはドライ〜ハーフウェット。なので、タイヤのコンパウンドも中間のものを使用しています。

 デイ1は2つのステージを2回ずつ走る設定で、いずれもコース幅は狭く、ツイスティ。
 日光もささないような深い森のなかを走るため見通しもとても悪く、高いアタックスピードを保つにはペースノートの完成度が非常に重要になってきます。

 SS1、SS2につづいて、ここでもベストタイムを獲得!! 


SS4 大谷2 5.80km



 こちらもデイ1で2本目となる「大谷」。
 ステージ状況としては「神岡」と似ている感じですが、こちらのほうが左の谷側に開けている場所が多くみえますね。

 四国の山岳地帯はきわめて峻険で、道路は地図の等高線をなぞるように山肌にそって敷かれています。
 今回の「久万高原ラリー」でも、デイ2に出てくる「大川嶺」以外のステージは全体としては標高差はあまり感じられませんが、そのぶん谷が深くて、もしコースアウトしたら数十メートルも落下するような危険箇所も少なくありません(-_-;)

 このステージはデイ1のギャラリーステージに設定されていて、フィニッシュ間際の山肌には多くの観客が鈴なりになっています。
 日没すぐの時間帯なので、フラッシュの光がチカチカと画面に映りこんでますね。

 以前、「撮影の際にフラッシュをたいてもドライバーはまぶしくないの?」というご質問をいただいたことがあります。
 そりゃ直視すれば目がくらみますけど、皆さんが撮影されるときにはドライバーはたいていコーナーの先を見ているので、まあまあ平気ですよ(^ω^)



 こちらは、おまけ。

 以前ご紹介した、「RALLY HOKKAIDO」にて観客の皆さんが撮影されたメロン号動画。
 そちらの作者の一人「meatballfencecheck」さんが、メロン号特別編集の動画を作ってアップロードしてくれました!



 「meatballfencecheck」さん。
 動画をご紹介するのが遅くなってしまいましたが、本当にありがとうございました!!\(^ω^)/
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

MRCニュース vol.43 & 拍手コメ返信

・「萌ミ2010」ご来場多謝!!!!

 7月10〜11日にかけて、岐阜県はめいほうスキー場にて開かれました「萌車ミーティング2010」。
 この西日本最大の規模を誇る痛車イベントに、メロンブックス・ラリーチャレンジも2年ぶりに参加してまいりました!

 10日の前夜祭こそ何とか天候はもったものの、11日の本祭は大暴風雨に!!
 それでも会場には1000台近い参加車両と、それに倍する来場者が訪れて、ものすごい盛り上がりでしたね!

 つーか、マジで参加者の熱気があの風雨を呼び込んだんじゃね?(;^ω^)




 当チームブースでは、今年度参戦車両であるメロンブックス・インテグラ、それに昨年度参戦車両のメロンブックス・ランサーの計2台をならべ、さらに最新の久万高原ラリー2010のインカー映像を放映。
 グッズ類も少数販売させていただきましたが、事前の予想を大きく超えて、いずれの商品も好調な売れ行きを記録してくれました。中には、買ったばかりのグッズにサインを求めていらっしゃるファンの方も!!

 また、いつものイベント参戦時とおなじく「メロン箱」を設置させていただきましたが、こちらもどうやら大好評だったようですね。
 いやもう、多くの方からご協力いただけて本当に嬉しかったです(^ω^)

 あいにくの天候でしたが、当ブースにたくさんのご来訪をいただけて本当にありがとうございました。
 これからも、できる限りこのような機会を設けていきたいと思っていますので、皆さんよろしくお願いいたします〜!!


・08年版インカーDVDついに販売終了

 2008年全日本ラリー選手権。

 開幕戦・唐津、第2戦・久万高原、第3戦・京都と、3つのイベントでJN-1クラス3連勝を達成し、その年のシリーズチャンプ奪取へ大きな前進をみせた、メロンブックス・シティ。
 開幕からの3連戦の全インカー映像を納めたDVDが、通販とイベント限定で発売されたのは、その年の7月のことでした。

 それから幾度かの生産発注と再販をかさねつつ、これまで細々と販売されてきた「08年版インカーDVD」ですが・・・。
 つい先日、最終ロットの残る1枚をお客さんのところに発送!

 これにて「08年版インカーDVD」、販売終了です!!!

 総販売枚数、累計で1000枚近く。
 いや〜・・・こんな多くの皆さんにお買い上げいただけるとは、販売開始当初は思ってもみなかったなあ・・・(;゚ω゚)
 これまでのご愛顧、本当にありがとうございました。

 なおインカーDVD第2段として、「2010年JRCインカーDVD」を近日発売予定!
 こちらはyoutubeなどで公開している映像より数段画質が上がっており、大画面TVでご覧いただければ、迫力の映像を楽しんでいただけるはず。

 こちらも是非とも、お楽しみに〜!!!(^ω^)




 以下、拍手コメ返信。


>去年はニコニコ動画にメロンランエボの動画をアップしましたが今年は仕事の都合で観戦に行けず動画を撮ることも出来ず残念です。しかし、こうやって他の人が色々な人が動画をアップしてくれることによって行けなくてもラリーの雰囲気を味わえるのいいですね〜

 いや本当に。最近のネット事情は、数年前には考えられなかったような環境になってますな。
 走行動画その他をアップロードしてくれる方々にはホントに感謝しております。

>squadraでございます。映像はそのために上げているのですから、本望でございます。あー、メロンちゃんズにサイン貰いました。彼女達にも教えてやってください。

 ありがとうございます〜!(^ω^)
 そういっていただけると本当にありがたいですね。めろんちゃんズにも必ず伝えますよ!

>久万高原ラリー優勝祈願として平食神社にお賽銭をw

 お賽銭代わりに、メロン号ミニカーなどをお布施してきたみたいですおwww

>TOP絵がはやぶさに見えるのは俺だけでしょか?w ・・・とそれはさておき、久万高原は遠いので当日はPCの前にて正座しつつtwitterからの吉報をお待ちしておりますw

 ふふ。あれははやぶさではないのですよー(梨花風)
 なんとか良い知らせができて嬉しいですね。

>今回も現地に応援にはいけませんががんばってください!From巫女めろん

 いやいや。ネットの向こうからでもぜひとも応援してやってくださいませ(^ω^)

>いよいよ久万高原開戦ですねー。前戦の分をここで取り返しましょうw

 取り返すことができました!!!!\(^ω^)/

>今年は久万高原ラリーに参戦されるとのことで、去年観戦出来なかった分楽しもうと思います♪地元の痛車乗りと共に応援に行きますね〜☆どうかメロンちゃん売れ残っててね。。。

 大人気のめろんちゃん人形、どうやら北海道までの2戦で8割方売れてしまってたそうですが。お買い上げいただくことができました?

>久万高原ラリー頑張ってください、応援に行きます。by萌えニュース+こなたな記者

 応援に来ていただいて、ありがとうございました〜!!
 それと、いつもありがとうございますw

>TOP絵がまさかのはやぶさ・・・・じゃない!? なんというフェイント。

 「久万高原は、はやぶさのお姉さんののぞみと関係あるそうですお」
 「ほう、なるほど」(・ω・)
 ・・・この会話だけでイラストに仕立てたたむさんGJ

>すばらしい!! ゴールの瞬間を現地で見たかったけど、いけなくて残念!
>優勝おめでとうございます。行きたかったなぁ>久万高原
>優勝おめでとうございます! シリーズが楽しみになってきましたね
>現地は豪雨と聞いてたけど優勝とは。おめでとうございます
>クラス優勝おめでとうです〜!後は後半戦に望みをつなげましょう!
>SS速報見てたけど感動して泣いてしまった(´∀`)

 その他、一言含めお祝いメッセージ多数。皆さん本当にありがとうございます。

 前戦・北海道のリタイヤでシリーズチャンプはほぼ絶望的となってしまいましたが、今回の優勝でまだシリーズ入賞の目を残すことができました。
 9月以降に続くターマック2連戦で上位に入り、東京行きへの望みをつなげたいと思います!

>二度目のクラス優勝おめでとうございます(ノ^ ^)ノこうなると北海道のリタイアはやはり痛いけど、サイダー飲んで頑張ってくださいませ(*´∀`)ノシしかし何ゆえサイダー?みんなが『こんなウマい飲み物はねぇ』ってガブガブ飲んでるWRCでのエナジードリンク的なポジション狙い?

 よしこれだ!

 「めろんサイダー、翼をさずける」(・ω・)キリッ

 ・・・パクリだお・・・orz

>久万高原クラス優勝おめでとうございます!これで多少余裕を持って中断期間に入れますね。新城は是非応援に行こうと思います!

 新城ではいろいろと新しい試みを試していこうと思ってますので、ぜひぜひ現地にて応援よろしくお願いいたします〜!!

>優勝おめでとうございます!現地に来ていながら天候のために会場入りを挫折してしまいました・・・眞貝、田中両選手、スタッフのみなさん、そして会場で観戦したみなさん、本当にお疲れ様でした!

 久万高原は台風並みの猛烈な暴風雨でした・・・
 チームテント壊れた・・・orz

>クラス優勝おめでとうございます!ラリー観戦は初めてだったのですが、メロン号の熱い走りが見れ、クラス優勝に立ち合えたのに何か運命的なものを感じました。次戦の活躍期待しております。

 あいにくの天候でしたが、初ラリー観戦を少しでも楽しんでいただけたようで何よりです(^ω^)
 もし機会がありましたら、またお越しくださいね! 歓迎いたします。

>巫女メロン人形にサインいただいたものです。 観戦した感想を一言だけ。「今年のメロンドラは速い」 あと、次(新城)では、ナビさんのサインを是非。

 眞貝選手はターマックの速さが群を抜いていて、この辺は08年ドライバーの廣瀬選手と通じるものがありますね。
 田中選手にも気軽にお声がけいただければ、サインしてもらえると思いますよ(^ω^)

>「あの、寒い中お疲れさんでした」とメロンちゃんにも伝えといてください。あの雨はやっぱりあの人の影響だよねぇ(・・?

 「あの人」というのは、西山選手のことデスかー!!(ラリー界ネタ。JN-1クラスの西山選手は雨男で有名)

>優勝おめでとうございます!次は新城ですか、ポディウムに上ったらシャンパンファイトならぬメロンサイダーファイトでw

 そ、それはベタベタになりそうですお・・・(;´Д`)
 ちなみに新城では、毎年地元の人気の地酒「空」の特別発泡酒でシャンパンファイトするのが恒例となっておりますw

>ワッペンとキーホルダーを購入した際に今回登場したサイダーを頂きました。(^0^)飲んでみますとやはりメロン味に感じました。最後に微量の苦味がグレープフルーツということだったんですかね?

 それが判らないス・・・
 カキ氷にかけたらまんまメロン味になりそうな風味なのになあ・・・(´・ω・`)

>このドリンク、新城の女子高生と販売対決するんですね。

 うっ、JKのラムネも個人的には捨てがたい・・・!
 しかし、ここは心を鬼にして・・・!

>クラス優勝おめでとうございます!クマのかぶり物でお邪魔して済みませんでしたw 新城とハイランドはまともな格好で応援しますんでw

 なぜクマなんだろうとしばらく考えてたんですが、「あぁ! 久万高原→クマ高原、か!」と気づいた瞬間、腰が抜けそうになりましたw

>メロンサイダー美味しかったです^^

 ありがとうございます(^ω^)
 新城ではキリッと冷やして販売するそうですおw

>この絵に色がつく日は来るのだろうか

 たむさん、最近お疲れモードに突入してるからなあ・・・(´・ω・`)

>ちょ、トラックの上にインプの抜け殻がww

 もともと、私が所属しているモータースポーツクラブの部長が、Gr.Nインプレッサのパーツカーとして手に入れたトラックですからね、あれ。
 メロン号以上に注目を受けてたな・・・。
     
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

萌車ミーティングに参加!!

 更新が滞ってしまいまして申し訳ないです。
 いやもう、先月末は山のようにたまった原稿(=仕事)で、のっぴきならない状況に追い込まれてました・・・(;´д`)



 ・・・さて。
 今週末の7月10〜11日にかけて、岐阜県はめいほうスキー場で開催される西日本最大の痛車イベント『萌車ミーティング2010』。
 昨年は1000台というものすごい台数が集まったというこの痛車界のビッグイベントに、今年は我がメロンブックス・ラリーチャレンジも参加いたします!!

 じつは『萌車ミーティング』への参加は、今回で2回目となるメロンブックス・ラリーチャレンジ。
 一昨年の同イベントには、2008年参戦車両だったメロンブックスBRIGキャッツDUNLOPシティとラリーサービストラックを展示して、会場に来ていただいた大勢の皆さんと交流を深めることができました。

 2回目の参加となる今回は、今年度JRC参戦車両であるメロンブックスDUNLOPテインBRIGインテグラ(10、11両日)、それに2009年度参戦車両だったメロンブックスADVANランサー(11日のみ)の実車2台を、会場で展示!!

 さらに併設のブースでは、メロンブックスランサー1/64ミニカー、そしてラリー会場限定販売中のチーム公認ワッペンを、今回に限り『萌車ミーティング』会場にて販売しちゃいます。

 また、大好評の自由配布箱「めろん箱」も当チームブース近くに設置しますので、どうぞファン同士の交流にお役立てくださいね!!

 じめじめとした蒸し暑い日々がつづく今の時期。
 『萌車ミーティング2010』で楽しく盛り上がって、このどんより憂鬱な気分を吹き飛ばそう!!(^ω^)

 
萌車ミーティング2010公式ページ

 
(写真は2008年の様子)

このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆