チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

【RBR】307WRCめろんちゃん仕様!

 以前、拍手あてにご連絡いただいた方なのですが、「Richard Burns Rally」にてメロン号カラーのプジョー307WRCを完成させたとのこと!



 (・・・なんか変なのも映ってるけどw)

 作者の方もおっしゃっておられましたが、「Richard Burns Rally」にはDC2インテグラRのデータはないため、側面図がよく似ているプジョー307WRCで作ってみたそうな。
 前に08年参戦車両のGA2メロンシティをプジョー106のデータで再現した方がいらっしゃいましたが、そちらと同じスタンスですね。

 フロント周りの処理がなぜかゆがんでしまった・・・とのことでしたが、いやいや実車のメロン号のデザインをうまく表現してると思いますよ!!

 ちなみに、こちらのSkinデータは下記の作者の方のブログで配布しているとのこと。

 → http://832903.blog2.fc2.com/blog-entry-27.html


 この度は、メロン号Skinを作ってもらって本当にありがとうございました〜!!(´∀`)

 他にも、メロン号のデザインを使ってこんなのを作ってみたよ! という方がいらっしゃいましたら、ぜひ当方まで教えてくださいね!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

TOP絵で振り返るMRC その3

 チームイラストレーターのたむさんとともに、これまでのMRCをふり返ってみようという今回の企画。
 今日は、ラストの3回目です!


2010.02.04


監督(以下「監」): 次はこれですな。ちょうどこの頃でしたっけ? 劇場版ハルヒが公開されたのって
たむ(以下「た」): えーっと。ですね、2月6日公開。ちょうどそのころ、今年のクルーが発表されたのかな>MRC
監督 : あーそうか、ちょうどこの頃でしたね
たむ : ちょうどSOS団の団員を集めるみたいなイメージに見えてw>チーム編成
監督 : なるほどw
たむ : あとはアレか、今年からは監督業務に専念されるとのことでしたから、なおさら「超監督」は落とせませんしねー
監督 : このイラストを見てですね、デカめろんちゃんが開幕戦に北高の制服を持ってきて「これを着てください」言われたりとか、いろいろあったんですよこのあと!
たむ : 競技の場と離れたところでファン交流会みたいなのがあれば、そのときは是非w>北高制服
監督 : エー('A`)


2010.03.18


た : これは・・・3月中旬ってことは、そろそろDC2の詳細が明らかになってきた頃でしたかね
監 : ですな。これはたしか、スペアタイヤラックを写真つきで公開した後にアップされたんでしたか
た : あの、ブチ穴っぽいタイヤホルダーが異様に印象にのこったもんで、そこだけ描いてみたという
監 : でもたしか、たむさん「あれはイズブチ穴らしくない!」と言ってたようなw ※1
た : いちおう、ちゃんとこう、あるんですよ・・・フォーマット(?)が
監 : やっぱアレですか、互い違いに開いてないと許せないわけですね(;・ω・)
た : さよう(波平調)
監 : まあたしかに、なんとなくあの穴のあけ方は「そこにスペースがあったから開けてみた」という印象ですな;
た : 是非そのへんにも、なんというか、こだわりを持っていただければ!(力説)>穴の開け方


2010.04.08


監 : やはり唐津といえばイカですな!
た : 唐津といえばイカですなぁ、という話を監督から聞いて、イカといえばイカ娘ですなぁ、と
監 : ラリー屋はみんなこの絵にキョトンとしておりましたがwww 我々もたっぷり食べさせていただきましたとも、ええ
た : いいなぁ、食べに行きたかった・・・もとい、見に行きたかったです
監 : 唐津の定番店「暴飲暴食」で、活イカの刺身とゲソの唐揚げ。どちらも柔らかくて旨かったですな ※2
た : そうなんだー 来年は必ず食べに・・・もとい、見に行きますよ
監 : とりあえず唐津は北海道と並んで、食い物関係が楽しみなイベントなんで、是非w


2010.04.12


た : これは・・・クラス優勝おめでとうございます!ということで
監 : このイラストはあれですな。唐津での出張店の様子
た : なんかめろんちゃんが箱に詰めて売られてるとか聞いたので。見にいけなかった分、妄想でカバーしております
監 : このイラストの通りに売られてましたよ。夕張メロンの箱にぎっしり詰められてましたねw
た : 新城がタノシミです・・・ってまだ大丈夫かな、在庫あるかな;
監 : ヌイグルミ人気ありましてですね、初期ロットはあっという間に完売。現在、新城に向けて増産しているとか。あれ実は一体一体、手作業で作ってるらしいですよ
た : 手作業ですか!うわー、それは大変だ・・・頑張ってください、お針子さん! あと、このときに初めて田中選手のリーディング動画を拝見して、感動した覚えが
監 : あぁ、「フランス人っぽい」とか何とかw
た : そう、監督のドイツ調(?)リーディングしか拝見してなかったので、こんなオフラーンス調なリーディングもあるのか!と
監 : 育った環境の違いかなぁ。俺がコドライバーとしてラリーに出始めた頃、使ってたインカムのアンプが粗悪品でして; 雑音の中でも間違えず聞こえるように、大声でカッチリと発音するようになった・・・と自分では分析しておりますが ※3
た : どっちかといえばアレですか、機材の改善よりも人間を鍛えろ!な純日本式ですかw ともかく、見ている側としては新たな発見というか感動が多くて、実に面白いです
監 : インカー動画では、その辺の違いも楽しんでもらえたらと;


2010.05.16


た : これは・・・北海道ですか。前半は試合が立て続けに来ましたから、トップ絵もあわただしく更新してますね;
監 : ですな; ちょうどこのころ、ダーカーザンブラックが放送されていたときですか
た : いえ、かなり前に終わってましたね・・・だから「今更描いてもなぁ」と思いつつ、趣味に走ってしまいました; 一応、ちょこっと北海道だったんですよね>ダーカーザンブラックの舞台
監 : そうです。いやもう、女の子が!PTRDを!というポイントが俺的心の琴線にビリビリきてたアニメなだけに、このTOPイラストは個人的に嬉しかったですねw ※4
た : 監督がアニメ見ながら狂喜していたことを大変よく覚えております(微笑
監 : 毎週非常に楽しみでしたねww
た : というかんじで、去年にナコルルとリムルルを両方とも使ってしまって苦労している様子を感じとっていただければとw>トップ絵の選択


2010.05.23


監 : 耐久イベントなだけに、ですかね?>マラソン
た : そうですね、北海道って距離がなが〜い印象がありましたので、マラソン的な感じで
監 : 状況もまさにそういう感じでしたね。完走ペースで走っているつもりが、トップ勢がポロポロとリタイヤしてって、最終的には3位まで浮上してました;
た : そのまま完走できれば・・・!というところで・・・
監 : そう。ミッションのギヤが丸坊主になって、リタイヤorz
た : あんな頑丈なギアが飛ぶなんて、それだけ負担の大きい競技ってことですよね、改めて知らされることになりました・・・
監 : まぁ、いろいろな原因はあったんですが、まさにマーフィーの法則がそのまま働いたような最悪のリタイヤでしたね・・・
た : でも、ミッションだけでよかったです、残る試合に影響がなくて
監 : イベント後に洗車してみたら、ボディにはほとんどキズが無くて、個人的には「補修の必要が無くてよかった!」と言ってたんですが、眞貝選手は「どれだけアクセルを踏めてないかモロバレですね・・・」とゲッソリしてましたな;


2010.05.27


た : これ・・・は、まぁ飛ばしてもいいかな、ただの間埋めなんで;
監 : なんですかこれは; ボール? ※5
た : ボールのようなもの・・・監督に「残る試合がんばってね!」とプレッシャーを与える意味で描いたような気もしますが、どっちかといえば私のほうが「さっさと絵を更新せんかい!」とプレッシャー与えられてる立場かもしれません・・・なかなか時間取れなくて;>今年
監 : いったいなぜ、どういう前後の話があってこのイラストになったのか、今もってまったく謎なイラストなんですが・・・もしよければ何故ボール風なのか、理由をw
た : めろんちゃん人形の頭部っぽいのを描いた→頭のヘタの部分を描いてるとき、なんとなく伸ばしてみた→あ、ボールっぽい。・・・理由になってない・・・;
監 : なるほど・・・;;


2010.06.10


た : あー、これは見事にネタが供給されて幸せ気分で描いた絵w
監 : たしか、久万高原のネタを探されてたんですよね。で、久万高原の天文台は「のぞみ」と関係が深い、と教えてw ※6
た : ちょうどこの週末、はやぶさが地球に戻ってくる・・・となれば、姉であるところの火星探査機「のぞみ」で行くしかなかろうと
監 : まさにタイムリーなネタでしたね・・・
た : でしたー 結果は、めろん号はクラス優勝、はやぶさは帰還ミッション完了と、いいこと続きで・・・たいへん幸せな週末でございました
監 : そのぶん、現場は大嵐でテントが壊れるわずぶ濡れになるわで大変な思いをしましたがね;


2010.06.22


た : はい、中だるみw
監 : まあたしかに、この時期はジメジメむしむししておりましたが;
た : 唐津→北海道→久万高原と一気に走られて、ちょうど今年の前半戦が終わったところですね・・・今年の天候はメリハリが強くて、なんだかもう;
監 : あい。約2ヶ月の夏休みに入った直後。カラーですらなくて、もうたむさんの仕事の忙しさが手に取るように判ったわけなんですが(;・ω・)
た : すいません、今年はこのあたりから完全に力尽きモードに入っております。。。orz この時期は・・・萌ミがあったんですかね、たしか
監 : 萌ミありましたね。まあ色々あったイベントでしたが、全体としては楽しめた、か、な?
た : これもまた、激しい雨にやられたとか・・・嵐を呼ぶ男ですね
監 : ハッ 今年の雨男は俺かー!!



※1 : 多くの作品を手がける名イラストレーター・出渕裕氏がデザインしたメカでは、互い違いに並べられた特徴的な穴が多く見られ、これが出渕メカの外見的ポイントとなっている。この穴のことを、ファンは「(イズ)ブチ穴」と呼ぶ。

※2 : 「暴飲暴食」とは、唐津市内にある居酒屋「海鮮一 暴飲暴食」のこと。JRC開幕戦「ツール・ド・九州」の期間中には多くのラリー関係者がつめかけ、その筋では知られたお店。

※3 : 補足すると、この当時使っていたインカムはマシンのバッテリーから直に電源を取っていたため、エンジン回転にあわせて雑音が混じっていた。現在、チームが主に使用しているPELTOR社のインカムは電池式で完全に独立した電源となっており、エンジン回転による雑音はない。

※4 : 第二次大戦中にソ連軍が使用した対戦車ライフル、デグチャレフPTRD1941のこと。戦車そのものを破壊するのは困難だったが、対人用としてはきわめて高威力だったため、独ソ戦をはじめ東西の戦場で大量に使用された。2009年のアニメ「DARKER THAN BLACK 流星の双子」では、巨大なPTRDを13歳の少女が扱うシーンが登場し、一部のミリタリーマニアを狂喜させた。

※5 : アニメ「機動戦士ガンダム」に登場する、地球連邦軍の戦闘ポッド「RB-79 ボール」のこと。

※6 : 火星の上層大気を観測するために開発された探査機「のぞみ」は、M-Vロケットの開発遅延のため、当初の予定より2年遅れの1998年に打ち上げられた。だが、地球と火星の位置関係が悪く、計画通りの方法では火星にたどり着かない事が判明。月と地球の重力を利用した、2度のスイングバイを経て火星に送り込まれることになった。
 その際、久万高原町にある天体観測館の望遠鏡がスイングバイ加速中の「のぞみ」の姿をとらえ、貴重な写真を撮影することに成功している。
 結局、「のぞみ」はその後の様々なトラブルにより放棄されたが、そのときの経験が、後に多くのトラブルを乗り越えて地球帰還をはたした「はやぶさ」の運用に活かされている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

TOP絵で振り返るMRC その2

 我らがチームイラストレーターのたむさんが、これまでのTOPイラストをふり返ってみよう企画、第2弾。

 今回は、2009年11月〜2010年1月まで!!


2009.11.03

2009.11.17


たむ(以下「た」): えーと、これは・・・11月ということは
監督(以下「監」): 吉野ヶ里の直前。なんだっけな。たしか雪道走行の話をつらつらとしてて、そしたらこのイラストになってたと
た : 記録を手繰ってみると・・・ああ、ちょうどこのころ、秋が終わって急に寒くなった時期ですね。ひるがの高原で雪が積もったとかそんな感じの。いろんな意味でタイムリーだったので、みんなそろそろ冬タイヤの準備しましょうね、ということでスパイクタイヤを描きましたけど誰も突っ込みませんでした、っと ※1
監 : たむさんは雪道は走ったことありましたっけ?
た : あんまり多くはないですけど、たまに嗜みに バネガチガチのままでw
監 : ガチムチバネじゃドアンダーか、ビュンビュンおケツが出るかのいずれかですおw
た : 曲がらない止まらない進まないの三重苦ですがそれがいいw 砂利道走ってるのと本質同じようなもんかなーと思って最近はあんまり行かないです>雪練
監 : まあ、グリップ走行の対極にあるような感じなんで、ハマる人もいればすぐに飽きちゃう人もいますね・・・>雪練


2009.11.15


た : つぎは・・・リタイヤ直後に上げた画像ですね
監 : これは印象深い1枚でしたね。なかなかグッとくるものがありました。観客の方の車に同乗させてもらってサービスパークに帰ってきて、ブログ開いたらこのメッセージですからね。大好きな一枚でもあります。
た : 速報を聞いて大変に衝撃を覚えたものでございました。ちなみに、2001年宇宙の旅で有名な歌を引用していますが
監 : 「デイジーベル」を使うことは、すぐにイメージされたんですか?
た : はい。。。なんというか、もう、めろん号が1つの意思を持った機械みたいに思えてたんですよね、この辺りまでくると。機械が止まる=デイジーベル、みたいに反射的に描いたんですけど、よく考えたらあれって停止させられたんですよね確か(汗)
監 : ファンにも訴えるものがあったみたいで、これも高い評価受けたイラストでした
た : ということで私の覚え違いから生まれた絵でした(汗) ※2


2009.11.25


監 : これはいろいろ深読みさせるイラストですねw
た : これは・・・来年はどうなるんだろうな、みたいな話が出始めていた頃でしたかね
監 : ですな。これはあれですか、どんな花が咲くんだろうなー、みたいな?
た : 08〜09年にめろん号(ナカムラさん)が蒔いて芽が出はじめた種が、果たしてどうなっていくのかな、って。来年はもっと大きくなるといいな、と期待を込めて描いてましたね。
監 : この頃は、いろいろな出来事があった時期でしたね。2010年の活動もまだぼんやりとしたビジョンしかなくて、自分自身でも「どうなるんだべか?」とずっと考えてました
た : いろいろ考えておられましたよねー
監 : そんなときにこのイラストを見て、ある意味で癒されてましたねw
た : 今年は、どれぐらい成長してる絵が描けるかな
監 : せめて若木くらいに成長したのをよろしくです(;・ω・)
た : 怪しげなつるがムワムワッと伸びてめろんちゃんにいやらしく絡まってるのとか
監 : まさかの触手展開www


2009.12.24


た : これはアレだー リア充の日限定でアップしてた絵ですね
監 : そうそう。当然俺はそっちの予定なんて何にも無くて、猫団北大阪派の連中と酒飲みに行ってたような。んで、結局このイラストもリアルタイムで見れなかったんですよ。で、このイラストを保存箱でみて「あ、そういや今日ってクリスマスじゃねーか!」みたいなorz ※3
た : まぁこっちも冬コミ向け作業充してたわけですがorz
監 : ですな。こちらも初の冬コミサークル参加に向けて、いろいろ手配しまくってたような・・・あとこのイラスト、1日だけのアップだったもんで、保存できなかったからもう一度アップしてくれ、て問い合わせが数件寄せられてましたな。
た : ほほぅ
監 : 「みんなリア充だからイブに予定あってみれなかったんだろう!!(血涙)」ということで、いままでド忘れしておりましたwww


2010.01.04


監 : で、新年絵ですが・・・
た : 寅年ってどうすればいいのよー ということで古典的ですが電撃娘もどきに
監 : あ、そうかそっちか。ツノ無いから今まで気付かなかったorz
た : ありますよ!小さいのが!>リボンの前
監 : あれ!? よく見たらツノあるorz リボンと一体化して判らなかった・・・
た : ほかのところにばかり気を取られていた、と
監 : おへそ! おへそ! ・・・にしても、これはケンカー売りまくってるイラストですなー・・・w
た : いや、もう、新年ということで許してください;
監 : いやいや、とらには負けてはイカンですよマジでw ※4


2010.01.21

2010.01.27

2010.01.31


監 : この3枚は、2010年のチーム活動発表前後にアップされたイラストですな。
た : 1枚目→2枚目→3枚目ときたら絶対に深読みされるよなと思いつつw
監 : いろいろと策をめぐらせてましたよね、あの頃w
た : そうそうw
監 : 最初の1枚は、ちょうどメロンブックスさんとの交渉が佳境を迎えていたとき。とりあえずチームとして2010年の活動は継続ということになったけど、それがどういう姿になるのかがまったくつかめなかったときです
た : 「?」は現実だった(どうやろう?という意味で)わけですね
監 : ですです。話の進展具合によっては、もしかしたら2010年の活動自体が沙汰やみになるかもしれない。なので慎重に事を進めてたんですな。
た : 見ている側としても大変心配でございました
監 : で、ちょうど2枚目の直前に、たむさんとチーム関係者には「メロンブックスさんで継続になったよ」とお伝えして、そこからムクムクと悪戯心がw
た : ちょっと盛り上げてやろうと・・・1枚目の時点では確か、私も本当に知らなかったのであんな感じに描いてたんですが。2枚目の前の時点で決まったことを教えていただいたあと、実際の発表まで少し時間を空けることになっていて、んじゃあその間どうしましょうか・・・じゃあ、せっかくだから(後略 みたいな感じだったかな、確か。めろんちゃんがどこかに消えて「え・・・メロンブックスさんじゃなくなるの」と思わせて、でもやっぱり戻ってきたって感じにしましょうか、と
監 : 留守にしていたのはお弁当買ってくるためだっただけ、というw
た : この雰囲気のユルさ(活動は真剣だけど!)がラリーチャレンジだよ、みたいなw
監 : 見事なオチwww


監 : あ、そうそう。たむさん今回の夏コミは3日目ですよね。配置場所は?
た : リ32a ですから・・・えーと、ギャルゲ島の一角、外周通路から少し入ったところ
監 : あれ、なのは島じゃないんだ・・・
た : ああ、なのは島ですスンマセン、なのは島はギャルゲ島の1つなんで
監 : てことで、今回の夏コミには当チームは参加しておりませんが、たむさんのサークル「M.A.D. WORKS」が出ておりますので、皆さんよろしくお願いいたしますw



※1: 「冬タイヤ」といえばスタッドレス。しかしイラストでは、現在は公道使用不可のスパイクタイヤとなっており、「おいおいめろんちゃん間違ってるよ!」というオチ。

※2: 「デイジーベル(Daisy Bell)」は、1892年に作詞作曲されたアメリカのポピュラーソングだが、世界で最初の「機械が歌った曲」としても有名。
 1961年、ベル研究所が開発したコンピュータ「IBM7094」が、プログラムにそったサンプリング音声で歌い上げ、現在のボーカロイドを始めとする音声合成システムにつながる最初の一歩を刻んだ歴史的な一曲である。この史実から、スタンリー・キューブリックの映画「2001年宇宙の旅」のラストにおいて、コンピュータ「HAL2000」がこの曲を歌いながら機能喪失していくシーンはSF作品屈指の名シーンの一つとされている。
 ちなみに原曲歌詞は以下の通り。

 Daisy, Daisy,
 Give me your answer do!
 I'm half crazy, All for the love of you!
 It won't be a stylish marriage,
 I can't afford a carriage
 But you'll look sweet upon the seat
 Of a bicycle made for two.

 デイジー、デイジー
 どうか答えておくれ
 僕は気が狂いそうなほど、きみへの恋に夢中
 お洒落な結婚式にはならないかもしれない
 馬車をしたてるお金はないからね
 でも君はきっと素敵だろう
 二人乗りの自転車に乗るその姿は

※3: 「猫団北大阪派」とは、選手としての中村が所属している大阪のクラブチーム「CATS FAMILY MOTOR SPORTS CLUB」のラリー部門のうち、大阪北東部あたりに住んでいるクラブ員たちに関する言い回し。ちなみに2008年ドライバーの廣瀬康宏選手もこの一員である。

※4: 「とら」御存知の方なら御存知の、メロンブックスさんのライバルといえる同業他社の略称。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

TOP絵で振り返るMRC その1

 たむさんが我がチームのイラストレーターに就任してから、1年と少し。その間、たむさんが我がチームに提供してくれたTOPのイラストは、すでに28枚を数えるまでになりました。

 我がチームブログの冒頭を飾るこれらのイラストを、もう一度何かの形で紹介したい・・・、とはずっと考えてまして、さらに何人かの方々から「TOP絵の特集して欲しい!」とのご要望も。

 ということで今回から全3回にわたって、我がチームのもう一人の主役であるたむさんが、これまでのTOPイラストからMRCの活動をしみじみ語ってみよう企画。
 題して「TOP絵で振り返るMRC」!!





2009.03.22


たむ(以下「た」): 最初はこれからですねぇ
監督(以下「監」): あい。トップ絵ならこれが最初。こちらがたむさんのHPに上がってたイラストを許可もらって転載したのを除けば;
た: めろん号のデザインを踏まえて描こうとしていた真面目な時期もあったことを思い出して目頭が
監: 今はマヂメじゃないんスかw
た: 如何に楽しんでもらうかという意味での真剣さ は今でもw 思い出してきた、ぶっちゃけこのポーズはかなり苦し紛れだったんですね
監: ほう。あまりそういうの感じさせませんな
た: 実車を見て「お〜!キレイ〜!」と感動し、「さて、これを踏まえてトップ絵をかくべ」と思ってPCに向かったんですが、正面からみた部分のデザインへのはめ込みが、なんかうまくいかなかったんですよ; でも時間は過ぎる・・・なので、えいやっとうつ伏せにして、でもなんか寂しかったので、お尻だけちょっと凝ってエイヤッとうpった、と
監: モータースポーツ系のブログで、おにゃのこのお尻メインのイラスト挙げてるとこはそれまで無かったんで、そういやあの時はビビッたなあw
た: 存外不評でもなかったので、よかった、僕はここにいてもいいんだ、と勝手に思いました


2009.06.01


監: んで次。02になって正面向くわけですがw
た: 心の中に邪神が舞い降りましたw>こまけぇこたぁいいんだよ正面向かせちまえ
監: このイラストはなかなか評価高かったように記憶しておりますが。つーか去年前半のダートラ参戦時には、トップ絵1枚だけだったんスね; ※1 
た: その代わり、ブログ本文には24枚ほど挿絵入れてましたw これが若さか・・・
監: すげえヤル気www
た: 結構テンション上がってたころですよね、個人的にも、おそらくチーム的?にも
監: ですな。自分的にも、半年振りの実戦参加で、しかもラリー北海道てことで、テンションは高かったように思います
た: っていうか評価高かったですか、めろんちゃんなのに豊かにしすぎだゴルァとか言われると思って毎日ビクビクしながら過ごしてましたよ
監: めろんちゃんは等身自由自在なので問題ないお。風上先生のめろんちゃんも大きいバージョンは意外に豊満。 ※2
た: 確かに、今のメロンブックスのトップとか特盛すなぁ よし、たまにはそうしよう


2009.07.01

2009.07.11


た: 次はラリホ本番かな
監: ナコルル、じつは予想しておりましたw
た: いやー、やっぱり北海道といえばこれしかw>ナコルル
監: かつてナコ使いだった俺としては、うはwww最高wwwだったわけですが
た: というか、「これ以外思いつかん・・・来年とかもしあったらどうすんねん俺」と思いつつ描いてた記憶がw
監: しかし次にリムルルがくるとは思わなかったおw
た: 応援の意味で、途中で一回は差し替えようとは考えてまして、ほなもうリムルル以外ないしなー、えいや、っとうp・・・いやちょっと待て、来年とかもしあったらもう本気でネタが(後略
監: ナコリム絵は、リエゾン区間で携帯から見させてもらってwktkしておりましたw
た: 本望ですw>ラリー中の一服の清涼剤


2009.07.13


監: そして、帰路。えにっきwww
た: 力尽きてましたなw>自分 いや、フェリー好きなもんで、フェリー描きたいなと・・・でも真剣にフェリー描いたら何のブログかわからないのでw
監: この絵は敦賀に上陸してから見させてもらいましたが、いったい何が彼をこうさせたのだ、とwww
た: このとき、たまたま「ミニパト」見返してて・・・たぶん、あの作風に影響されたのかとw この後、豊郷寄って帰られたんでしたっけ?
監: あっ、そうですな! たしか寄りました。俺だけ。チーム09のチーフメカの家に1泊して、はじめての豊郷小に胸高鳴らせながら行ったもんですwww ※3
た: 確かブログにも写真がアップされてて、一体どこに行ってたのかわかんなくなってた、とw
監: どこがモータースポーツのブログなのかとwww
た: めろんにゃん「まじめにモータースポーツしましょう!」


2009.09.22


た: んで・・・つぎは・・・あれ?一気に9月か。たぶん、今と同じで8月はネタがなかったか、もしくはコミケ向け作業に没頭していたかw ※4
監: てゆーか何故たむさんが「新城うりー」ネタを知っておるのかとビビッたわけですがwww ※5
た: いや、あの幟の写真を見たら誰でも必ず「うりー」って思いますよw これ絶対狙ってる、とw なので便乗しますた>うりー
監: この絵は、主にラリー関係者から反響が大きかったwww
た: 関係者的には「『うりー』キター!!」でしたかw
監: そんな感じwww 新城ラリーのサービスパークで、いろんな選手からイラストについての話がwww
た: どんな話だろう・・・CLANNADは人生ですよねやっぱり、とかかな(違う
監: あ   っ   こ   れ   ク   ラ   ナ   ド   元   ネ   タ   で   す   か  今はじめて知った!
た: て  い  う  か  気  づ  い  て  な  か  っ  た  ん  で  す  か


2009.09.27


た: えーっと、これは新城終わったあとですね
監: メロンが秋の味覚というのを初めて知ったんですが。この絵でw
た: なんとなく調べてたら、「北海道秋の味覚」とかあって へぇー って(←私も知らなかった) んでそれとラリーがどう関係あるのか、と言われると、特にないんですがw まぁそんな絵をうpしても怒らないナビさん最高!ということで
監: ちなみにこの2年で、まろんちゃんが出てきた唯一のイラストのはずw
た: そうなんです、ブログ挿絵も含めて唯一のはず
監: 不憫な・・・('A`)


※1: このTOPイラストは2009年「ラリー北海道」参戦準備中のもの
※2: メロンブックス公式イラストレーター、風上旬氏のこと
※3: 滋賀県豊郷町にある町立豊郷小学校。現在は町の施設となっている旧校舎が、TVアニメ「けいおん!」の主人公たちが通う女子高のモデルとなった
※4: 実際には、「ラリー北海道」終了後は1枚目のイラストがしばらく再掲載されている
※5: 当時の「新城ラリー」の幟の筆文字ロゴが、どう見ても「新城うりー」に見えるため、一部のラリー関係者のあいだで噂になっていた

このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆