チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

ラーメンに始まり、チャンポンに終わる

今回の唐津戦は、やたらと麺類にかかわりのあった遠征となりました・・・。
しかも豚骨味。この三日間のカロリーが超心配。

まず一杯目は、往路の山陽道・吉備サービスエリアで事故通行止による待機中に食べた津山ラーメン。



「当SA自慢の豚骨醤油ラーメン」という宣伝文句に引かれて食べましたけど、魚介系のダシがほんのり薫ってなかなかの美味しさ。
でも、まさかそれからの三日間が豚骨漬けになるとは思いもよらず・・・。


そして、会場着。
サービスパークとなった松浦河畔公園には、今年も地元の名店「一竜」さんの屋台が出てて、観客だけでなく関係者にも好評でしたね(^ω^)

うっかり写真撮るの忘れましたが、スープは豚骨濃い目だけど口当たりアッサリ系。九州ならではの細打麺も、スープがしっかり絡んで◎。おもわず2杯も注文してしまったくらい。
ゴマ、紅生姜、高菜はセルフだったので、それぞれ大スプーン一杯入れて食べてました。ついでに店員さんにダメもとで「ネギだくでたのんます」と言ったら、快くOKしてくれましたよwww


さらに、ラリー後。
唐津から離れる段になってメロンブックス出張隊のの人たちと立ち寄ったのが、国道202号線沿いにある「井手ちゃんぽん」。

去年の唐津戦の時、サービスの合間をぬってJN-1クラスの西山選手のチャリンコを借りて行ったんですが、「特製ちゃんぽん」+「野菜大盛り」に大撃沈。
今回はその反省を踏まえて、「特製ちゃんぽん」普通サイズです。



この写真では普通に見えますが、視線を少し下げて見てみると、野菜がもっさりと乗ってます。
野菜大盛りになると、もはや笑い出したくなるほどの量。二郎系の野菜マシよりも山の高さは低いですが、大きなちゃんぽん鉢なので実はこっちのほうが量が多いかもw
特製ちゃんぽんではキクラゲと生卵が乗ってるけど、野菜大盛りじゃ延々続くキクラゲの歯ごたえにアゴが痛くなってくるんだこれが・・・。

豚骨スープに野菜の甘さがしみ出て、見た目以上に口当たりまろやか。
普通盛りならちょうどいいサイズで、今回はスープも最後まで飲み干して完食しました。


帰りのフェリーでは夜食として何の気なしにカップラーメンの豚骨味を買い込んでるし、前世で豚になにか恨みでもあったのか・・・(;´д`)
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆