チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

Rd.02久万高原エントリーリスト

今週末に愛媛県久万高原にて開催される、全日本ラリー選手権第2戦「久万高原ラリー2011」。

そちらのエントリーリストが主催WEBサイトにて公開されています。

→久万高原ラリーエントリーリスト
※要PDFリーダー


我らがJN-3クラスは、大量13台がエントリー。
開幕戦に出場していた選手は、ほとんどが今回の第2戦にも参戦します。

クラス先頭ゼッケンは、昨年度のJN-3クラスチャンピオン香川秀樹選手。
今期はグラベルイベントのみを選んで出場するらしい、との情報がありますが・・・??

ゼッケン18の松原久選手もまた、グラベルイベントのみ出場するカレンダーを組んでいる様子。
昨年度最終戦の「MSCC東京ラリー」ではクラス優勝しており、またJN-3クラス唯一の四輪駆動車なため、マシントラブルさえなければ一発の速さはたぶん最速でしょうね。

ベテラン森博喜選手は、おそらく鮮やかなイエローのセリカで参戦。
チャンピオン経験者&マシンなだけに、こちらも最大限の警戒が必要でしょう。

そして忘れてはならないのが、キャロッセから送り込まれてくる3台のプロトンサトゥリアネオ。
クスコワールドラリーチームから1台、そしてクスコジュニアラリーチーム(CJRT)から“くす子”痛車仕様が2台参戦。
まさに東南アジア発の黒船襲来ですね。

まあ、同じコンセプトのチームとして、CJRTのくす子仕様2台にはぜってー負けたくねえ!!
・・・と、思っております!!!\(`・ω・´)/

いろんな意味で混戦模様の、久万高原ラリーJN-3クラス。
はたしてメロン号&眞貝選手は、このシーズンオフに培ったグラベル技術を、いちばんの形で発揮することができるでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆