チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

メロン号インカー動画「久万高原ラリー2011」篇 その2

メロン号インカー映像集「久万高原ラリー2011」編、今回はデイ1から3本、デイ2から2本の、計5本のインカー映像をお送りします。

本日はデイ2から2本、SS11、13の映像を、眞貝選手のコメントとともにお届け。


SS11 OHNOGAHARASEN-2 (9.08km)



今回のラリーで(タイムはともかく笑)一番車を痛めつけたステージの2回目。
上りで比較的グリップも安定しているステージだったので、ちょっとプッシュしてみようと田中さんからの指示もあった中での走行でした。

動画だと分かりにくいですが、とにかく「こりゃどうすりゃいいの」というところに岩盤がむき出しになったような固い凹凸があり、真正面から「ガッチャン!」が数か所。

「あーこりゃ車がダメになっちゃうよなー」とベソをかきながら走り切りました。ボンネットが開いちゃったのもここです。


監督評:

日が変わる頃に降り出した雨は徐々に激しさを増し、デイ2スタートの頃にはまさに豪雨。
この時間になると小康状態となりましたが、昨日のドライ路面からは一転、完全ウェット&マディな状況となってしまいました。

おかげで多くのマシンが通過したあとの路面は深く掘り返され、ただでさえ足回りストロークの短いインテグラでは、たびたび路面のアンジュレーションでガードを打つ音が響いています。
土の中に隠れていた岩もむき出しになり、非常にマシンには辛そうな状況ですね・・・。

途中で2台のマシンがリタイヤしていますが、最初のひっくり返っているランサーは手前の低速コーナー内側の土壁に引っ掛けて転倒したらしいですね。
次の右側に止まっているマシンは何が原因なのかわかりませんが、外観が無事そうなことからみておそらく駆動系トラブルでのリタイヤと思われます。



SS13 OHTANISHISEN-3 (7.04km)



このステージの後半セクション、今回のラリーで唯一(?)「いい道だよねー」という感じの道が、私にとっては一番どうにもならないものでした。

浮砂利の乗った柔らかい地面に、走行ごとに深くなっていく轍の組み合わせ。
まだまだ強いGやステアリングの反力に車の挙動感知を頼っている身には、まったく未知の連続で、まさに暗中模索のドライビングとなってしまいました。

そんなステージも3本目となり、なんとか浮砂利が掃けた部分をトレースし、ロングコーナーでは轍にしっかり入れて、と走っていましたが、少しだけ「エイッ」と頑張って入ってしまった左のショートコーナーで予想外のオーバーステアに対処できず次の右コーナーのアウト側溝に・・・。
前輪は完全に空転し、おまけにシフトがRでスタックしてしまい万事休す、でした。

車両の回収時にSRS金子社長と現場を改めて確認すると、そのコーナーは
比較的短いコーナーであるにも関わらずガッポリと轍が・・・。
「眞貝、ここはこの轍をきれいにトレースする入りかたじゃないとダメだぞ」
とご指導をいただきました。確かに「とりゃあ」と轍を全く気にせずオーバー気味に入ってしまった記憶があり、原因はその場の路面状況の判断ミスだったということになります。


監督評:

ん? そうかな・・・?

この動画を見た限りでは、突然のオーバーステアの原因は、おそらくその直前に左フロントタイヤを側溝に落としたためではないかと。
リヤが大きく振り出される一瞬前、ガタン、という衝撃音と振動が記録されています。このとき左フロントが落ちたことで急激な左回転のモーメントが発生し、リヤが振り出されたものと思いますが・・・さて。

それはともかく、SS1とくらべても眞貝選手の攻めっぷりには目を見張るものがありますね(^ω^)
リタイヤは残念ですが、グラベルロードに対する大きなステップアップを果たせたという点では、今回のイベントは非常に得るものがあったかと思っています。

・・・なぜかは判らないんですけど、編集ソフトで短くカットすると再生できなくなってしまう・・・??
なのでスイマセン、後半は動きのカケラも無い動画ですので、キリのいいところで停止されることをオススメします(;´ω`)
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆