チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

メロン号インカー動画「HIMUKA RALLY '11」篇 その3

メロン号インカー映像集「HIMUKA RALLY '11」篇。
ラストのその3は、デイ2から2本のSSインカー映像をお送りします!


SS8 珍神リバース-1 (6.77km)



明けて二日目、トップ争いを展開していた香川選手がマシントラブルを起こしたり、その様子を見た上位陣が少しだけ気を抜いたり(?)で、初めてのセカンドベスト(2輪駆動車ではベストタイム)を取ったのがこのSSでした。

決して無理をしているわけではないし、ジャンクションでは大失敗で一時停止(笑)をかましたりでしたが、路面の状況が安定してきて、恐怖心なく走れたことが要因かな?と思っています。


監督評:

デイ1で登場した「珍神」ステージの逆走。
今回の宮崎戦で登場したステージの中では、比較的平均速度が遅いステージですね。

このステージで注意すべきは、コーナーの途中に現れるギャップやグレーチング(排水溝)。
特にグレーチングは、前走車の通過によってワダチが深くなることでコンクリート製の枡との段差が高くなるため、乗り越え方を考えないと強烈な突き上げを食らってしまいます。
過去のイベントでは、このグレーチングの衝撃に足回りを破壊されて、土壁に突っ込んだマシンが多数に上るとか・・・。

徐々にグラベル走行に自信が出てきてスピードが上がってくる一方で、コーナーの進入でブレーキが遅くなってマシンが暴れる局面が何回か。
田中選手から「突っ込みすぎ!」と怒られてますね(;^ω^)



SS11 山神上-2 (13.28km)



2日目のスタート時点で35秒あった上位の牟田君(CUSCO RACINGサトリアネオ)との差は、この最終SSを残して12秒。
このステージの1回目の走行だったSS9では14秒差をつけることができていたものの、今の自分がすべきこと=絶対完走!を今回は優先させ、結果は成り行きに任せることに。

それでも比較的自信が持てるようになってきたコーナーではロスなく走ることを心がけ、結果はセカンドベスト!
しかし牟田君との差は8秒止まりで、(あと4秒)追いつくことはできませんでした。
これは素直に牟田君のアタックに脱帽というところですね。


監督評:

どことなく北海道を思わせる、ハイスピードステージ「山神上」。
ベンド2〜3級のコーナーも出てくるのですが、比較的ショートコーナーが多い上にストレートも長いため、スピードをどんどん稼ぐことができます。

これはお見事という他なし!(^ω^)
田中選手から最後にしてはじめて「Good!」の言葉が飛び出してますが、この映像を見てもそれがよく判りますね。

この最後の1本、メロン号とCUSCO本隊チームのサトリアネオのあいだで行なわれた5位争いは、見てる方もまさに手に汗握る熾烈さ。
このとき、私はSS速報を映し出していた公式ディスプレイの前でタイムを見守っていたんですが、そこに現れたのはCUSCO RACINGの長瀬総監督。

「牟田と何秒? あと12秒? ヤバイな、ラストで追いつかれちゃうな・・・」

やはりアチラも気になって仕方なかったようですねw

結果は牟田サトリアが4秒差で逃げ切り、我々はJN-3クラス6位に。
こうしてメロンブックスインテグラ&眞貝選手は、グラベルイベント初完走を達成し、シリーズポイント7を追加してからくもシリーズ2番手の座を死守することができたのでした!


このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆