チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

メロン号インカー動画「 HIGHLAND MASTERS 2011」篇 その3

すいません、少し時間空いちゃいましたね(;´ω`)

メロン号インカー映像集「MCSC RALLY HIGHLAND MASTERS 2011」編。
今日はその3、デイ2で登場した「鳥屋峠」のSS10、12の2本の動画をお届けします。



SS10 鳥屋峠-2 (4.10km)



明けてデイ2、ラリーの優勝に向けては安全圏といってもいいリードでしたが、デイポイントも外せない、そんな複雑な心境を抱えた中でのアタックです。

同じ道のSS9では筒井選手にベストを奪われ、さらに後続とのタイム差も小さかったため、「絶対にポカミスをしない」範囲内でのプッシュです。


監督評:

デイ2早朝、私は鳥屋峠周辺の路面状況を探るべく、未明から現地に向かいました。
じつはこの日の夜半すぎにラリーパークではまとまった雨が降ったため、もしかすると鳥屋峠ではウェット路面になっているかもしれない・・・、てことで現地にウェザークルーとして確かめに行ったわけです。

鳥屋峠は、この動画でも判るとおり、ほぼ全線が深い森のなかを走るため、日光が差し込まず路面が乾くのが他より遅いと見越していました。
しかも、一部では路面に苔などが浮いており、ここでタイヤチョイスをミスれば大きなタイムロスになってしまいます。

現地へ向かう国道の状況、そして封鎖線の外側から眺めてみた感じからすると、路面はセミウェット〜ドライといったところ。
ところが近くの別の細道に入ったところ、そこは完全なウェット!
「これはステージでもしばらく濡れている状況が続くだろう」という判断で、サービスにはソフトコンパウンドタイヤの使用を推奨したのですが・・・。

ところが、スタートしてまもなく空が晴れ渡り、予想以上に気温が急上昇!
「マズイ、これではすぐに路面が乾いてしまう!!!」と思いながらも、もはや後の祭り。あとはメロン号が無事に帰ってくることを祈るしかありません。

帰ってくるまでドキドキしっぱなしだったのですが、どうやらこのタイヤチョイスは可もなく不可もなく、といったところで問題なかったようす。
動画を見ても大外しはしていなかったようで、ホッと安心しましたよ(;^ω^)



SS12 鳥屋峠リバース-2 (6.25km)



もう二度と走りたくない鳥屋の逆送です(笑)

特に最終盤、ハイスピード&ナローなレイアウトのなか、みるみる悪化していくコンディションが完全に根性勝負なステージでしたね。

SS11は濱井選手が結構いいタイムを出してベストを取り、そのタイム差をこのSSでも付けられちゃうとデイポイントが減ってしまうので、ここは一つ確実にベストを取りに行ったという感じでしょうか。それでも最後の1キロは完全にビビりが入っていましたね(笑)


監督評:

かつてハイランドでこの「鳥屋峠」が使われたそうですが、我々にとってはこの鳥屋峠ステージはまったく初めてのステージ。
なので、スタート前にその印象を聞いてみたんですが、眞貝選手からは「京都の南丹ラリーで出てくる原峠の、南側から登って頂上までって感じの印象」という答えでした。

08年のメロンシティのインカー映像と見比べてもらえれば判りますが、眞貝選手のこの評価はまさに当を得たものでしたね。
だって、コースのイメージにすげぇ見覚えがあるw
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

メロン号インカー動画「 HIGHLAND MASTERS 2011」篇 その2

メロン号インカー映像集「MCSC RALLY HIGHLAND MASTERS 2011」編。

今日はその2てことで、昨日紹介したステージを逆にたどる、SS6と7の2本の動画をお届けします。



SS6 無数河上り-1 (5.52km)



無数河「上り」という名前ながら実はほとんどが下りのステージ。
SS1の「下り(実は上り)」にくらべれば若干得意な感じのレイアウトになります。

ここは攻めるとリスクが上がってくるステージなので(実際にコースアウトしたクルーの姿も・・・)、ビタッと車を地面に押し付けて走るイメージですね。


監督評:

マージンを保ちながら、いい感じに攻めてるステージですね。
1イベントで数回しか出ない、田中選手の「GOOD!」の声が出ました(^ω^)

途中、ランサーが1台コースアウトしているのですが、そちらのクラッシュの瞬間のインカー映像が、JRCAのハイランド映像に収録されていますので、興味のある方はチェックしてみてください。



SS7 牛牧下り-2 (5.44km)



最近のハイランドの名物といってもいい牛牧の下りです。

こういう感じ(下ってるだけ)の道ではJN4勢にいかに食い込めるか、が目標になってきますので、結構一生懸命走りました。
個人的にはもう少し上にいきたかった・・・の、総合7番手タイムです。


監督評:

今回のハイランドマスターズでは、ここ「牛牧」の一部区間で直前に崖崩れが発生したため、当初は1本のステージだったはずの「牛牧」を2分割して使用されました。

昨日ご紹介した「牛牧上り」は、崖崩れ地点から始まる上りのショートステージ。
そして今回ご紹介する「牛牧下り」は、同じ崖崩れ地点からのスタートでも今度は下り方向で、山麓までのロングステージを走ります。同じ林道の逆走でありながら、風景が一致しないのはそのためです。

「無数河」ステージにくらべてコース幅が微妙に広く、また中速コーナーが続くためスピードもどんどん乗っていきます。
ストレートから高速コーナーをひょいひょい抜けて、またストレート。なんとなくドライバーも気持ち良さそう(^ω^)
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

メロン号インカー動画「 HIGHLAND MASTERS 2011」篇 その1

お待たせしました!

メロン号インカー映像集「MCSC RALLY HIGHLAND MASTERS 2011」編をお届けします。
まずその1では、SS1「無数河下り1」、SS4「牛牧上り2」の2本の映像をば。

なお今回もドライバー眞貝選手のコメントつきです(^ω^)


SS1 無数河下り-1 (5.55km)



福島でのラリーを欠場した分、全戦参加組よりもグラベルに浸かっている時間が短かったとはいえ、やはり慣れないサーフェスで奮闘した感覚は予想以上に体に残ってしまっている感じでした。

いわんやコドライバーの田中さんは福島ラリーにも出場していたわけで、いくら歴戦のコドラといえども、久々の舗装の2駆の走りには苦戦の様子でしたね。

そんなわけで、SS1はドラもコドラもちぐはぐ。大分手ごたえは悪かったのですが、タイムはそこそこ出たので救われましたね。


監督評:

たしかにそんな感じがする・・・(;´ω`)

この動画を見ていて思ったのが、ステアリングの修整がいつものターマックイベントのときより多い印象。
スパッと思い切り良く切っているのですが、おそらく眞貝選手のイメージよりも舵角が大きくて(つまりインに切り込みすぎて)、その後戻して微調整・・・、という場面が多いように見受けられますな。

まさにグラベルでのステアリングの切り方が自然と出てきているようで、四苦八苦しているドライバーの気分が手に取るようにわかりますね。



SS4 牛牧上り-2 (2.46km)



今回のギャラステは(広場とかではなく)林道らしいコースでの開催だったので、ギャラリーの皆様も楽しめたのではないでしょうか?

そんなギャラステの2周目、クルーのグラベル後遺症もSS3を走っている頃には大分解消してリラックスな感じですが、観戦ポイント直前の右コーナーではカットラインが深く一瞬躊躇、まんまと泥に乗ってヒヤリとしながらの走行でした。

最終コーナーはもう少し派手に走ったほうがよかったかな??


監督評:

やめてくれ心臓に悪い(;´д`)

この動画では判りにくいですが、最終コーナーは長い下りのあと左に90度以上旋回するコーナーで、しかもそのすぐ先に軽い右コーナーがあり、その右コーナーのイン側には小さな土手があるという、なかなかにいやらしいコーナー。
つまり最初の左で通常のアウト=イン=アウトのラインに乗ってしまうと、出口で土手をよじ登らなきゃならないという・・・。

おかげで土手にまっしぐらのマシンがいたり、一方で曲がりきれずにダートの広場に逃げたり、あるいはカッコ良くドリフトで抜けようとして暴れたりそのままスピンしたりするマシンが多数いましたね。

このとき私は大庭ヘルプサービスのサービスチームとともに見ていましたが、時計を見ていた大庭監督の「おっ眞貝、速い!」という言葉に、内心「よしっ!」とガッツポーズしてました(^ω^)
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

第1回チームテントテスト

ということで17日(日)、新しく届いたチームテントの第1回テストに行ってきました。

場所は奈良県の名阪スポーツランド。
この日は滋賀県のショップ「ファインアート」さんの主催による「G6ジムカーナ」が開催されていて、会場の一角でテントを展開させてもらう代わりに、エントラントの皆さんにちょっとした日陰と冷たいお茶を提供させてもらったわけです。

こういうテントっていうのは、届いて一番最初の展張がいちばん大変。
テント布地にクセがついてないし、骨組みも最初はすり合わせが良くないので、1つ張るのもとにかくパワーがいる。
特に、今回購入したテントはヨーロッパでワークスチームに採用されてるほど剛性のあるシロモノなので、そのぶん重量もハンパなくてとてつもない重労働・・・(;´д`)




どうですかこの立派なテント!\(゚∀゚)/

ハイランドマスターズの直前に届いたチームバナーを側面に掲げれば、ほぼ理想どおりのたたずまいになってくれました。
ちなみにチームバナーのデザインは、サプライズステッカーのイラストを担当してもらったこともある瀧爪獅乃先生。どうもありがとうございました〜!(^ω^)

このテントシステム、とにかく耐久性を重視して選んだものなんですが、いわゆるワンタッチ式のフォールディングテントにもかかわらず、一般的な体重の人なら平気でぶら下がれるほどの強度があります。
ウェイト68kgの私も恐るおそるぶら下がってみましたが、ぜんっぜん大丈夫!!
これなら「久万高原ラリー」の時のような大荒れの天候でも、脚さえしっかり固定しておけば耐えてくれそうですね(^ω^)

今回は場所の制約上、3m×6mのテント2張りをL字に配置させてもらいましたが、実際にJRCサービスパークで使う際には2つのテントを横につないで、6m×6mの正方形で使う予定です。
サイドウォールとチームバナーをうまく展開させて、国内最高峰のJRCを戦うにふさわしいカッコいいブースにしていこうかと!
近々予定している第2回テストでは、より実際に即した展開で機材を配置して、問題がないかチェックするつもり・・・。

なお、こちらのテントシステムが投入されるのは、今年は来月21日に三重県・伊賀上野で予定されているイベント展示と、JRC最終戦「新城ラリー」。次の「ラリー北海道」は、機材輸送の都合上残念ながら予定されていません。

来月の展示イベントについては詳細が決まり次第お伝えしようかと思いますので、もうしばらくだけお待ちくださいね。


最後になりましたが、今回のテストに快くご協力いただき、場所を提供していただいた「ファインアート」様、それにG6ジムカーナエントラントの皆様方。
今回は本当にありがとうございました!!!(^ω^)
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆