チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

メロン号インカー動画「RALLY HOKKAIDO 2011」篇 その1

お待たせしました!

メロン号インカー映像集「RALLY HOKKAIDO 2011」編をお届けします。
その1では、SS1「OBIHIRO-1」、SS2「ASHORO LONG-1」の2本の映像をご紹介。

今回もドライバー眞貝選手のコメントつきです(^ω^)


SS1 OBIHIRO-1 (1.20km)



もうかなり有名なことかもしれませんが、不肖眞貝、本格的なグラベルラリーへの参戦は去年のラリホが初めてでした。思いだすのはたった1.2kmのSS1でチャンピオン香川選手に5秒ちぎられ、翌朝の本格SSではわずか●●km(恥ずかし過ぎて書けない)で追いつかれ・・・、と泣きたくなるような辛い思い出でいっぱいです。

そんな苦手意識が強すぎて、今年のSS1も超スロー走行。まったく成長のかけらも感じられない走行でしたがタイムは何故かクラス2番手!? よくわかりません。周りがさらにスロースタートしているということですね。

ポイントリーダー曽根選手は大変気の毒なマシントラブルでした。同じ立場だったらさぞ悔しいだろうに・・・、なんて感傷に浸っている場合じゃなく、いよいよ完走して、ポイント稼いで、新城では●●して、奇跡の●●●●!? セリカの横を通過しながら大分動揺しましたね。


監督評:

このとき自分は観客席からステージ観戦していたのですが。

このインカーではそれほどでもないんですけど、スタートして直後の下り斜面がかなり斜度がキツくて、どのマシンも最初のジャンプまでにかなりスピードがついてましたね。
おかげでジャンプ直後の右コーナー、見ているこっちは肝が冷える冷える(;^ω^)

マシントラブルで戦列を離れた曽根選手のセリカはメロン号の直前での走行だったんですが、観客席から見たかぎりでは、2コーナー目の左でドライブシャフトを折ってしまったらしく。
そこからアクセルを吹かして何とか先へと進んでいたセリカだったんですが、しばらくしてコース脇にストップ。
さぞ残念だったものと思います・・・。


SS2 ASHORO LONG-1 (19.84km)



明けて翌朝の本格SS、去年我々が走れなかった「アショロ」として使われた道からスタートして、途中から脇道に入って去年の「シピリカキム」後半に合流します。

なんせスピードが速い道なので、いきなりのアタックはあまりにもリスキーと考えてスロースタート。ところが進めど進めどどうもおかしい。ノートの精度がメチャクチャなんです。

今年はレキに背高SUVの一般車を使用したんですが、これが大誤算!!
ほとんどのコーナーは、コールされるより緩い。じゃあちょっと速めに、なんて入るとまさかのピッタリ(笑)
これはとても全開で走れるノートではありませんでした。

一年間の成長を感じるどころか、逆に退化しちまってるんじゃないか!?
横でノートを読む田中さんの声も怖い(!)
途中から、もうそろそろ追いつかれるんじゃないかと後ろが気になって気になって、なんとも情けない走りでした。
ゴール後SS3までのリエゾンが短く、タイムを確認できない状況の中、二人のテンションはダダ下がりでした。


監督評:

最初のサービスに帰ってきた2人のクルー、その第一声が「ぜんぜんノートが合わない!」
インカー動画を見てみてもそれがよく判りますね。とにかく前半は探りを入れるようなステアリング操作が多い。

ところが、おそらくメロン号が次のSS3を走っているころにアップされたSS速報では・・・クラス3番時計!?
クルーたちがそんな葛藤をしているとは露知らず、サービスパークで喜んでましたねw

たしかに、他のマシンは生き残りを重視してペースをセーブ気味に走っていた、ということもあるでしょう。
でも、それを差し引いたとしてもメロン号のスピードは1年前とは異次元のよう。インカー動画でも、その速さがよく判ります。

1年前よりも格段に向上した、メロン号のグラベルセッティングと眞貝選手のグラベルテクニック。
その両方が、このインカー動画から実感として掴むことができました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆