チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

皆さまよいお年を!

戦後最大の激動の年となった2011年も、残すはあと一時間を切るまでとなりました。

この混乱のなか、全日本ラリー選手権をはじめとする日本モータースポーツ界もかつてないほどの試練の時を迎えたわけですが、数多くのモータースポーツファンのご支援と、関係者の不断の努力によって、モータースポーツ界はこの危機を何とか乗り越えようとしています。

メロンブックスラリーチャレンジ“チーム2011”も、あの3月11日以降、その行動の指針を否応にも変更せざるを得ない状況となってしまいました。
チームとして、この状況といかに向き合っていくべきか。
この想像を絶する大きな苦難を前にして、我々は歩んでいく道筋をどう刻んでいけばいいのだろうか。
今年の活動は、常にそれを考え続ける一年となったように思います。

そんな状況の中で、我々がこれまでと変わらず、いやこれまで以上の積極性をもって、この活動に取り組むことができたのは、たくさんのファンの皆さまから寄せられたご期待があったからこそ、と考えています。

原発災害で避難することになり、今年は観戦にいけないが、いつの日か再び全日本ラリーの会場でメロン号を見られるように、継続して参戦をがんばって欲しい、とメッセージを送ってきてくれた方がいます。

津波で家や愛車が流されてしまったけれど、MRCの活動に励まされながら新しい生活を踏み出そうとしている、と報告してくれた方がいます。

その他、多くの方々からさまざまなお言葉をいただいたことで、このメロンブックスラリーチャレンジという活動に寄せられるファンの皆さまのご期待の大きさに、あらためて気付かされた思いです。

そして、当初は私のほんの小さな思いつきから始まったこの活動が、4年という歳月を経て、今はとても多くの方々の心の中にわずかながらも火を灯し続ける存在となっていること。
その事実を知ったとき、私は強く身が引き締まる思いを感じました。

来年度の活動がどうなるのか、じつはまだ未定の状態。
ですが、体制発表を行う予定となっている1月14日までには、ある程度の大枠は定まっているはずです。

そして、もし来年度も活動継続となった暁には、新たなシーズンは2008年以来となる「もっとも高い場所」をただひたすらに追求する、真剣勝負の一年となることでしょうね。

これからも我々の活動が、皆さんに少しでも勇気や希望を差し上げることができるように、精一杯がんばって参りたいと思っています。

まもなく訪れる新たな年が、皆さまにとって素晴らしく幸せな一年となりますように。
どうぞ、よい新年をお迎えください!\(^o^)/

このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆