チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

「丹後半島ラリー」JN-3クラス優勝!

既報のとおり、全日本ラリー選手権第6戦『丹後半島ラリー2012』に参戦いたしました「メロンブックスDUNLOPテインBRIGインテグラ」(眞貝知志/漆戸あゆみ組)は、全13SSすべてでベストタイムをマークして今年2度目のJN−3クラス優勝を達成しました!

前戦『モントレー2012』でデイ1撤退を強いられてしまったメロン号。
それゆえに今回の京都戦は、まさにチームにとって絶対に落としてはならないイベントだったわけですが。
2人のクルーは、そんな大きなプレッシャーをものともせずに素晴らしい仕事をしてくれました。

じつは、今回も序盤からトラブル続きだったメロン号。
なぜかエンジンの回転が5000回転程度で頭打ちしてしまい、VTECに入らないという症状が断続的に発生していました。
特にひどかったのがSS2のスタート直後。ここは観戦ポイントの目の前だったのですが、30km/hほどの低速でのろのろ通過していくメロン号の姿には、見ていたファンの皆さんもびっくりされたみたいですね・・・どうもスイマセン。

さいわい、観戦ポイントを通過したあたりで復調して本来のスピードを発揮できるようになったんですが、この状態で同秒ベストタイムを獲れたことは本当に奇跡的なことだったと思います。
それからも断続的に症状が発生しつつ、なんとか最後まで攻めきったメロン号。
終わってみれば、ドライバーの眞貝選手も自身初となる「全SSベストタイム」というオマケつきで、JN−3クラス2勝目をゲットしたのでした。

今回の勝利により、眞貝選手のシリーズポイントは42.5となってランキング2位に浮上。
ランキングトップの村田康介選手とは11.5ポイント差で、後半戦最大の勝負どころとなる第7戦『ラリー北海道』をむかえることになります。

その差は、いまだとても大きい。でも、決して届かないポイント差じゃない。
わずかでもシリーズチャンプへの可能性が残っている限り、全身全霊をかけて後半戦を戦ってまいります!!

皆さま、今後ともご声援の程よろしくお願いいたしますー!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

サービスEイン

今イベント最終のサービスEに入りました。
エンジンは一度だけ吹け上がらないことがあったみたいですが、チェックは問題なし。

今のところすべてのSSでベストタイムを獲得しています。
ダンロップさんが供給してくれた新型タイヤをテストしながら、後半ステージも優勝に向かって淡々とアタックしていく予定。


20120826105206
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

デイ2の朝

デイ1で約30秒のマージンを稼いで、トップで2日目にのぞむメロン号の眞貝/漆戸ペア。
まもなくオーバーナイトパルクフェルメ解除で、本日最初のサービスDに入ってきます。

序盤に発生したエンジントラブルは、昨日の最終ステージでふたたび再発。
このサービスDで応急処置をおこなって送り出す予定です。

今年2勝目をめざして頑張りますよ!


20120826074107
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

サービスAイン

セクション1の3本のSSすべてでベストタイムを奪いましたが、SS1スタートから断続的にVTECに入らない症状が出ています。

エンジンオイルのレベルが下限に近づいていたので、新たに補充してセクション2に臨みます。


20120825110111
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆