チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

久万高原ラリー最終結果

セクション2終了時点で、メロンブックス・シティは18秒差のトップ。
しかし最終SSの「美川・日野浦」はイベント最長の28kmのロングステージ。18秒差といえども、この長さの前ではkm辺り1秒も無い僅差でしかない。

タイヤのグリップ低下を最小限に抑えながら、失うタイムは18秒以内に抑えること。安全マージンを保ちながら、さりとて手を抜き過ぎてはならない。
矛盾する命題に挑戦したメロンブックス・シティのタイムは、23分24秒6。対する西山/大谷組シティのタイムは23分21秒4と、その差3秒!

メロンブックス・シティは「久万高原ラリー」JN-1クラスを優勝。
全日本ラリー2連勝を飾り、2008年シリーズクラスチャンピオンに向けて大きな一歩を踏み出すことができたのである。

めろんちゃんもなんだか嬉しそうだ(^_^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆