チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

イベント撤退を決断

皆さんに残念なご報告がございます。

メロン号は、既報の通りSS2においてミッションおよびデフトラブルにより戦列から離脱。

スーパーラリーによるデイ2再出走を目指して、これまでチームは最大限の努力を払ってまいりましたが、このまま無理をおして再出走してもダメージが広がり最悪の状況が発生することも予想されたため、チーム監督の最終的な判断として、残念ながら今イベントからの撤退を決断いたしました。

メロン号の走りを楽しみにしていただいていた皆様。
様々な場所において、当チームにご声援下さっていた方々。
そのご期待に添えられず、大変申し訳ありませんでした。

今年度最後となるイベントをこういった形で終えることになるのは、チームとしても大変残念なことです。
可能ならば、せめてノーマルの状態ででも皆様の前を走行し、動いている生のメロン号を皆様に見てもらいたい。
ですがダートの路面では、オープンデファレンシャルだとマシンの制御がままならないばかりか、万が一のコースオフの際に駆動がかからず脱出できない恐れが極めて高い・・・。

我々がもっとも恐れること。
それは、自分達の無理のために競技の進行を遅延させ、他の出場チームや主催団体、何よりこのイベントにに来られたたくさんの観客の皆様に、多大なご迷惑をかけることなのです。

再出走か、撤退か。
両者を天秤にかけることは大変難しいものでしたが、最終的に撤退の決断を下したことはひとえに、チーム監督として現場での指揮を任された私にすべての責任がございます。
皆様のお叱りは甘んじて受けさせていただくと共に、伏してお詫び申し上げます。

眞貝、および田中両選手の、2010年度における最終的なシリーズ順位はまだわかりません。
今回のイベントのスケジュールがすべて終了した段階でご報告できるとは思いますが、表彰対象であるシリーズ6位以上は間違いなく確保しており、状況によってはシリーズ2位の座も獲得できるだろう、とだけ今はお伝えいたします。
それは、他チームより2戦も少ない参戦スケジュールのなかで得られる順位としては望むべくもない、最高の結果であることは間違いありません。

また、メロン号の今年度最後の晴れ舞台として予定しております、12月5日の群馬サイクルスポーツセンターでのラリーフェスタには、必ず復活成ったメロン号の姿をお見せすることをお約束いたします!

最後になりましたが、今回のイベントでは皆さまよりたくさんのご声援をいただき、チームを代表して心より御礼申し上げます。

本当に、本当に、ありがとうございました!!!!


このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆