チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

メロン号インカー動画「 HIGHLAND MASTERS 2011」篇 その1

お待たせしました!

メロン号インカー映像集「MCSC RALLY HIGHLAND MASTERS 2011」編をお届けします。
まずその1では、SS1「無数河下り1」、SS4「牛牧上り2」の2本の映像をば。

なお今回もドライバー眞貝選手のコメントつきです(^ω^)


SS1 無数河下り-1 (5.55km)



福島でのラリーを欠場した分、全戦参加組よりもグラベルに浸かっている時間が短かったとはいえ、やはり慣れないサーフェスで奮闘した感覚は予想以上に体に残ってしまっている感じでした。

いわんやコドライバーの田中さんは福島ラリーにも出場していたわけで、いくら歴戦のコドラといえども、久々の舗装の2駆の走りには苦戦の様子でしたね。

そんなわけで、SS1はドラもコドラもちぐはぐ。大分手ごたえは悪かったのですが、タイムはそこそこ出たので救われましたね。


監督評:

たしかにそんな感じがする・・・(;´ω`)

この動画を見ていて思ったのが、ステアリングの修整がいつものターマックイベントのときより多い印象。
スパッと思い切り良く切っているのですが、おそらく眞貝選手のイメージよりも舵角が大きくて(つまりインに切り込みすぎて)、その後戻して微調整・・・、という場面が多いように見受けられますな。

まさにグラベルでのステアリングの切り方が自然と出てきているようで、四苦八苦しているドライバーの気分が手に取るようにわかりますね。



SS4 牛牧上り-2 (2.46km)



今回のギャラステは(広場とかではなく)林道らしいコースでの開催だったので、ギャラリーの皆様も楽しめたのではないでしょうか?

そんなギャラステの2周目、クルーのグラベル後遺症もSS3を走っている頃には大分解消してリラックスな感じですが、観戦ポイント直前の右コーナーではカットラインが深く一瞬躊躇、まんまと泥に乗ってヒヤリとしながらの走行でした。

最終コーナーはもう少し派手に走ったほうがよかったかな??


監督評:

やめてくれ心臓に悪い(;´д`)

この動画では判りにくいですが、最終コーナーは長い下りのあと左に90度以上旋回するコーナーで、しかもそのすぐ先に軽い右コーナーがあり、その右コーナーのイン側には小さな土手があるという、なかなかにいやらしいコーナー。
つまり最初の左で通常のアウト=イン=アウトのラインに乗ってしまうと、出口で土手をよじ登らなきゃならないという・・・。

おかげで土手にまっしぐらのマシンがいたり、一方で曲がりきれずにダートの広場に逃げたり、あるいはカッコ良くドリフトで抜けようとして暴れたりそのままスピンしたりするマシンが多数いましたね。

このとき私は大庭ヘルプサービスのサービスチームとともに見ていましたが、時計を見ていた大庭監督の「おっ眞貝、速い!」という言葉に、内心「よしっ!」とガッツポーズしてました(^ω^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆