チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

メロン号インカー動画「RALLY HOKKAIDO 2011」篇 その2

 メロン号インカー映像集「RALLY HOKKAIDO 2011」編、その2ではSS3「NEW KUNNEYWA-1」、SS5「ASHORO LONG-2」の2本の映像をご紹介します。


SS3 NEW KUNNEYWA-1 (28.41km)



 もう全然ノートが信じられない状態でスタートした今回最長のSS。途中の細くて超ハイスピードな区間では、これは致命的な問題です。
 さらに序盤ではエンジンストールが頻発し、リタイヤも脳裏によぎる中での走行。

 SS2で後ろの選手にトラブルが有ったらしく、追いつかれる心配は無いはずなのに、2分後ろのチャンピオン選手が気になってしまう。
 もうこれは完全に、徹底的に完走ペースに切り替えて、涙をのんで慎重な走りに徹しました。

 次のSS4陸別のTC待ちで周りの選手たちにタイムを聞くと、SS2は3番手、SS3はベスト・・・?
「いやいや絶対に違います、1分遅いってことですって・・・」
 こうして、今年の目標だったグラベルでのSSベスト獲得は、なんとも奇妙な形で達成されてしまいました。


監督評:

 「アショロロング」の北海道らしい気持ちのいいステージからは一転、この「ニュークンネイワ」では深い森のなかを縫うように走る細い林道をアタックします。
 コース幅が狭い上にきわめて高速なステージで、しかもジャンプや路面のギャップが頻発し、ワンミスが即大クラッシュを生む難易度の高いステージです。

 そんななか、快調にスピードをかせぐメロン号。ドライビングにはまだまだ違和感が抜けないようですが、それを受け止めるだけのキャパシティがメロン号にはありました。
 今年はグラベル性能の強化を旗印に、コツコツとメロン号のモディファイにいそしんできたSRS金子社長と眞貝選手。彼らの努力が、メロン号をこれほどのマシンへと昇華させたのです。
 この「ニュークンネイワ」のインカー映像で、その成果が非常によく判りますね。

 ・・・そして、このステージからリタイヤへつながる伏線が敷かれているのでした。
 序盤のT字ジャンクションからの右、サイドブレーキを引いてタイトターンするメロン号ですが、その後アウトぎりぎり一杯を使って立ち上がっています。
 つまり、若干のオーバースピードで進入したためにマシンの横への動きが止まらない状態。ドライバーも気付かないうちに、少しずつ一線を超えつつあったわけです。


SS5 ASHORO LONG-2 (19.84km)



 まさかのセクション1トップで迎えたセクション2はSS2の再走です。
 序盤の中速区間のノートのだいたいの誤差は覚えていましたので、SS2に比べたら元気な走りが出来ていました。そして、短い舗装セクションを迎えます。

 ここは数年前にベテラン選手も落っこちた有名な場所だと知っていました。そして、田中さんから「慎重にねー」と掛け声がはいり「OKわかってますー」と十分に慎重に曲がったつもりでした・・・が、全然スライドが止まらずにケツから縁石にドン!
「あ、足曲がった、これはこの先辛いな〜」「あ、止まらない、これはFFは出られないね、リタイヤだ。情けない」「あぁあ、転がっちゃうわけー?あーだめだー」ってな感じでロールオーバーです。

 必達のラリホ完走・まさかのラリホ入賞・奇跡のシリーズチャンピオン、全てを失った「大」凡ミスの瞬間です。


監督評:

 SS4「リクベツロング」は前走車クラッシュによりスルー。サービスを挟んで最初のステージが、「アショロロング」の2本目となるSS5。

 メロン号がコースアウトしたジャンクション左は、2回目の走行ゆえにイン側に多量の砂利が吐き出されていました。
 それなのに、1回目の走行とほぼ同じスピードで進入し、同じタイミングでサイドを引いて旋回したら、そりゃグリップを失ってしまいます。

 このあとメロン号はレッカー車で引き上げられ(その光景は近々ASCII.jpにて)、積載車で北愛国サービスパークへ帰還。
多くの方々のご協力もあり、無事にスーパーラリーでデイ2も出走できることになったのでした。


 デイ2のインカー映像については、このあと「新城ラリー2011」のイベント終了後にお届けする予定。どうぞお楽しみに!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆