チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

メロン号インカー動画「ツール・ド・九州2012」篇 その2

 メロン号インカー映像集「ツール・ド・九州2012」編。
 その2は8日(日)のデイ2から2本の映像をお届けします。


SS13 肥前-1 (1.40km)



 ギャラリーステージ肥前です。ここは短いギャラステですが、気を抜くと結構差がついちゃうし、レイアウト的にもリスクがやや高く、あまり楽な気持ちで臨めるステージではありません。
 ここSS13ではスタート直前にオフィシャルに制止され、5分ほど待った後でのスタート。そのスタート中止の原因は・・・途中で見えてくる青いのがそれです(笑) 牟田君残念!!

 ちなみに多くのギャラリーの皆さんがご覧になっている最初の「ガッチャン」左コーナーは、ラリーの展開を考えると、どちらかというと「攻めてはいけない」コーナーです。
 今回も我々は大変申し訳なーいと思いながら超スローでクリアしました。皆さん是非ステージ中盤の右コーナー内側の山からご覧になってくださいね!


【監督評】

 唐津市街地の西方、小さなダム湖の周りをめぐる短い観戦ステージがここ「肥前」。
 今回のように晴れていれば気持ちのいい観戦を楽しめる場所で、ファンの方から聞いた話によると、今年もお弁当を持ってお花見がてらラリー参戦に繰り出してきた家族連れもたくさんいたみたいですね!

 眞貝選手が語るように、ここは短いながらも少々リスキーなコース。私がコドライバーとして出場した2008年には今よりもっと路面が悪くて、ここだけで2、3台がクラッシュしていた覚えがありますね。そういや我々もここでスピンしたっけか・・・(;^ω^)


SS14 白木々場リバース-2 (3.68km) 



 唐津の最恐ステージ、白木木場です。ここは他のステージとは全く性格が異なり、圧倒的にアベレージの低いクネクネ道。ドライバーのリズムが完全にかき乱される困ったステージです。

 一本目のSS10は、途中でハンドル回すのが追いつかなくなったりして(笑) もう恥ずかしくてお見せできません。
 リピート二本目のSS14は、SS10の反省をもとにリズムを切り替えて「ややクレバー」に走ったのだけど・・・イマイチですね!


【監督評】

 テンポの良いコースが多い「ツール・ド・九州」にあって、ここだけは非常にタイトかつナローな道が続く難ステージ。
 路面状況もきわめて悪く、雨が降ろうものなら強烈にスリッピーな路面へと変化してしまいます。今回は幸いにも晴れ模様だったのですが、それでもドライバーは充分に警戒しながら走っていることが判りますね。

 それにしても・・・ドライバー、コドライバーともにひたすら忙しそうなステージだなあ・・・(;´ω`)

このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆