チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

インカー動画「がんばろう!福島MSCCラリー2012」篇 その2

あまりに時間を置きすぎちゃったせいで今さら感のある、メロン号の福島戦インカー動画、第2弾です!!

・・・いやホント、どうもすいません・・・(;´ω`)

今回はデイ2から3本をご紹介。


SS14 MuroOodairagusa-供5.01km)



初日のまさかの9位(ポイント圏外:笑)から4位まで追い上げることが出来た二日目。
目の前を走る86の2台を捉えるために私なりに一生懸命走った最終盤3本をどう
ぞ。

1日目と違って路面は比較的慣れたコンディション。トップからのタイム差も「まぁこんなもんかなぁー」というところですね。
このステージはとても走っていて楽しいコースです。まさに名物ステージですね!


監督評:

デイ2が始まったとき、私は眞貝選手にひとつの指示を出しました。
いわく、
「今日は「ラリー北海道」に向けた実戦テストのつもりで走ってほしい」
もちろん眞貝選手も判ってたでしょうけど、いちおう確認も兼ねてってことで。

この日のステージは全般的に平均スピードが高くて、しかも路面も安定しているとのこと。一昨日の雨の影響も少し考えましたけど、おそらくは乾いた固い路面になっている、と踏みました。
こういうステージってじつは本州では珍しいほうで、ハイスピードイベントである「ラリー北海道」にあわせたセッティングテストは、我々のような本州在住のチームには大変難しいことなんです。
で、今回はその実戦スピードでのテストを、このデイ2でやっちゃおうと思った次第。



SS15 Mikabubokuya-供2.76km)



SS14で86の2台を抜いたようですが、三好選手とのタイム差はわずか1秒程度!
前半の痺れる高速区間でも、後半の荒れた低速区間でもミスを重ねて再び三好選手に逆転される情けないSSでした。
まだ「タイムの出し方の勘所」を押さえきれていませんねー。


監督評:

それにしても、86の進化のスピードは目をみはるものがありますね。

FRは余計な操作が加わるぶん、FFにくらべてグラベルで成績が残しにくい。
これ、まさに先入観でした。86はリヤのスタビリティが高くて、予想以上にグラベルでもタイムを出してくるのです。
いずれはセッティングも決まって強敵になると見越してましたが、まさかこれほど早いとは思ってもみませんでした。
それほど86のコンポーネントが完璧なのか、はたまたCUSCO 86を駆る三好選手のテクニックのなせる業なのか・・・。

おそらく、「ラリー北海道」では86はかなりの強敵になるでしょうね・・・!



SS16 Higashinobokuya-R-掘2.81km)



マッドドッグ三好選手を再び捉えるべく、頑張ってみました。
上位とのタイム差こそあれど、現時点では納得すべきアタックだったと思います。
このステージはかなり高速で、ラリー北海道に向けていいイメージトレーニングになりましたね。


監督評:

今回のイベントで唯一じゃないかと思えるくらい、眞貝選手のフルアタックがみられたSS16。
ここまで慎重に慎重を重ねたようなセーフティな走りをしてきただけに、よっぽどフラストレーションがたまってたのかもw

このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆