チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

スタート!

 すでにSS1、2を消化。
 今回、ACDのコンピュータを、ドライバーの希望によりグラベル用でセット。
 新城のときに比べてドリフトアングルが大きくなったけど、ダート育ちの浜選手にとっては余裕しゃくしゃく。
 逆に「こっちの方がコントロール性がいい!」と大絶賛ですo(^-^)o

 これから1度目のガスコントロールに入り、SS1、2のリピートステージとなるSS3、4をアタックします。20091114093315
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

公式車検

 日が落ちたサービスパークでは、ただいま公式車検の真っ最中。

 もちろんメロン号に問題は何もなく、車検を一発通過!
 わずか三日間でターマック仕様に変更した、石原メカの頑張りには頭が下がりっぱなしですね(^ω^)

 これにて本日のスケジュールはすべて終了。
 チーム2009は本日の宿泊場所に引き上げることにします。20091113174203
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

サービスサイト開設

 今回、メロンブックス・ラリーチャレンジ2009は、松本琢史選手のロータスエキシージと合同サービスになります。
、ちなみにメロンブックス吉野ヶ里臨時出張所は、お隣に開店予定。

※変更になりました。メロンブックス吉野ヶ里臨時出張所は、スタートゲート横の企業ブースに設けられます。

 ただいまセッティング調整中。もう間もなく、レッキに向けて出発します!20091113102714
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

こんな楽しみ方はいかが?

 明日の吉野ヶ里戦では、初めてラリーの観戦に来る方もいると思いますが、そういう方のためにギャラリーポイントでの簡単な楽しみ方を一つ伝授しましょう!

 それは「区間タイムの計測」。

 やり方は簡単。
 視界のどこかに電柱などの動かない目標物をさだめておき、マシンがその前を通過した瞬間、腕時計の秒を確認するだけ。

 ラリーでは、毎分00秒に1台ずつスタートするので、ただこれだけでも大ざっぱな区間タイムが計測できちゃうんですね。

 この時、スタートから観戦ポイントまでのコース状況を知ることができたなら、そのドライバーのドラテクの特徴も知ることができます。

 例えば、区間タイムは悪かったのに、最終的なステージタイムが他と比較してそれなりに良かった場合。その場合には、明らかに観戦ポイントまでの区間で何らかのミスをおかしたことが判りますね。
 その時、もしスタート〜観戦ポイント区間が低速コーナーの多いツイスティな所だったなら、「もしかすると、このドライバーは低速セクションが苦手なのかもしれないな」ということまで考えられるわけです。

 走り去るマシンをただ漠然と眺めるよりも、そうやって積極的に楽しむ方法があれば、それだけ面白い観戦が楽しめるはず!
 皆さんも「こんな楽しみかたがあるよ」というのがあれば、ぜひぜひ僕に教えてくださいね〜!!\(^O^)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆