チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

いろいろメロン号 その2

 萌えるか萌えないかといえば、たしかにクラン・クランのギャップには萌えますね <?
 メロンナビですヽ(・ω・)ノ


 さて、今日もいろんな所で活躍中のメロン号をご紹介。

 まずはゲーム『リチャード・バーンズ・ラリー(RBR)』のデザインモードで製作されたというメロン号。RBRにはシティが無いため、同じハッチバックFFのプジョー106をベースにカラーリングされていますね。

 これは実際にゲームを走ってる動画を観てもらったほうが楽しいかと。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3047536
 ※閲覧にはニコニコ動画への登録が必要です。

 HPはコチラ。
http://mart.netgamers.jp/rally/

 まず笑わせてもらったのが、バックで流れるメロンブックスのテーマソング。
 この方の他の動画も拝見したのですが、実車ラリーカーのレプリカ動画でテーマソング流れてるのはウチのだけwwwちょwwww

 デザインのベースとなったのは、第1戦「ツール・ド・九州」のときのメロン号ですね。ボンネットとリヤクオーターガラスのCATSステッカーが、白くて細長いバージョンですので。

 ともかく、実車に乗ってる本人たちもビックリのスゴイ再現度!
 フロント、サイドは言うに及ばず、リヤハッチの細かいステッカーまですべて描き込まれています。左リヤクオーターのJAF競技証まで揃っているとは・・・!(;゚∀゚)

 それにしても、この方RBR上手過ぎる・・・まさにスーパープレイ!?
 僕もRBRをプレイしたことがあるんですが、スタートから4コーナーも行かないところでコースアウトしたときには、自分の不器用さが身にしみてヘコんだヘコんだorz

 作者の方、本当にありがとうございました。
 これからも色々な実車ラリーカーのレプリカ動画をRBRで作っていって下さいね。楽しみにしてますので!!ヽ(´∀`)ノ



 次に、こちらはコメント欄でお知らせいただいた、何とRCカーのメロン号!




 RQミク、萌エス(;´Д`)ハァハァ

 ・・・じゃなくて。
 こちらはシティはシティでも、シティ・ブルドッグがベース!!
 スゲェ! いまの人、シティ・ブルドッグなんてほとんど知らないんじゃなかろーか!!

 なんでも愛知県のほうで開催されたRCレースイベントに、こちらのシティで参戦されたんだとか。
 会場には、あの「グッドスマイルカンパニー」カラーのRCカーもいたようで、ラリーより先にRCカーレースでアキバ系チーム対決が行なわれたようですね(^_^;)

 モータースポーツ選手のなかには、過去にRCカーにハマッてた人も少なからずいるようです。
 かくいう僕も子供のころ、近くの運動場にパイロンを置いて、タミヤのホーネットやホットショット?をガンガン走らせてましたね。
 あげくのはてに、やたらと軽量化にこだわってジャンプ一発でフレームがブチ折れたり、無茶なビッグバッテリーで走らせてバックトゥザフューチャーのようにバチバチ炎上したり、などなど・・・(-_-;)

 レースの結果はいかがでした?
 メロン号カラーのシティ・ブルドッグで良い結果が残せることを、心より期待しております!ヽ(´∀`)ノ



 その他にもメロン号に関係した情報がありましたら、メールや一言コメントでお気軽にお寄せください。どんなネタでもオールオッケー!
 よろしければこちらのブログでご紹介させていただきますので。

 皆様、お待ちしております〜(^_^)ノシ
 
  
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

いろいろメロン号 その1

 さて、9月の後半戦開始まで中休みに入った、我らがメロンブックス・ラリーチャレンジですが。
 3ヶ月間、ただただボ〜ッと過ごすのも味気ないよなあ、と・・・('A`)

 そこで、メロン号や我々MRCにまつわる「ちょっとしたお話」を気の向くままに書いていく、そんな新カテゴリーを作ってみました。その名も『メロン号の日々』。

 最初はファンの皆さんが様々なところで楽しんでおられる、いろんなメロン号をご紹介します。


 まずはゲームソフト「Forza2」のペイントカーとして製作された、なんと5種類のメロン号!
 某掲示板での作者さんのコメントによると「頑張れメロン号」ということで製作されたとか。どうもありがとうございますヽ(´∀`)ノ

 

 こちらはVTIシビックをベースにカラーリングされたメロン号。作者さん独自のアレンジも楽しいですね。
 BOMEXエアロで武装したブラックエディションも渋くてカッコイイ!

 

 FD2シビックType-R欧州ハッチバック仕様は、日本国内では販売されてはいませんが、ヨーロッパではラリーベースマシンとしても絶賛活躍中のクルマ。もしかすると欧州選手権(ERC)でこのようなラリーカーが走る日も、そう遠くないかもしれない!?

 そして、GDBインプレッサ。
 実は第1戦唐津のとき、会場入りしていたスバルの世界チャンピオンA選手に大笑いされたメロン号orz
 ちなみにA選手からは、後に「色んな人にラリーを観てもらえるようになるのは、とても素晴らしいこと」とのコメントをいただきました。あれは嬉しかったですね(^_^)

 そして最後のランエボ?にも、ちょっとしたお話が。
 ラリー界始まって以来となるキャラクターカーの出現には、観客の皆さんのみならず会場の全日本選手からも多くの反響が返ってきました。そのなかには、将来的に全日本戦のみならず世界選手権(WRC)にも、このカラーリングで出場しなさいよ、という声も・・・。

「そのときには、もちろんエボ?あたりで出場だな。メロン号+エボ?、で『メロジュウ』ってのはどうだ!?」

 ・・・そういって笑いあったことを、ふと思い出してしまいました(^_^;)

このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆