チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

メロン号帰還の途へ

20080915120739
ということで、これよりメロン号は本拠地に向けて帰還の途へ。

そして久留米といったら濃厚トンコツラーメンというのはもはや当然の結論かと(あくまで私見)!
メロン号は久留米の名店「大砲ラーメン」へGO。
カリカリの背脂、ウマス(・ω・)

フェリーは新門司17時発なので、それまでは福岡県内をのんびり散策しようかと。
福岡の皆様、見かけたらどうぞよろしくです(^_^)/~
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

表彰式

20080915113142
10時より表彰式。
今まで全日本ラリーでは優勝orリタイヤしかないので、クラス2位で立つ表彰台の視界というのはちょっと新鮮かも。

携帯カメラで望遠なので、ぼやけちゃってますがご容赦を(^_^;)
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

ラリーフィニッシュ

SS6が終わった時点で、メロン号はトップ西山シティに約20秒差の2位。
残る2本のSSでは逆転できるタイム差ではなく、シリーズも考え2位をキープする作戦に。

気になるのは、3ポイント差でシリーズ2位につける明治スターレットの動向だった。SS7「サザンカ」を前に、メロン号とは約10秒差の3位。km当たり1秒未満の差で、逆転は充分に可能である。
何としても明治スターレットより上位でゴールしなければ、シリーズリーダーの座をあっけなく失ってしまうのだ。

最高140km/hを超える極めてハイスピードなSS7。フルアタックをかけてメロン号が奪い取ったタイムはクラスベストタイムの5分41秒3。
続くSS8でもベストを奪取し、明治スターレットの追撃を振りきったメロン号は総合26位、JN-1クラス2位でフィニッシュ。

以前としてシリーズトップの座を維持したまま、次の第9戦「ハイランドマスターズ」(岐阜・高山)を迎えることとなったのだった。

暑さでめろんちゃんもグッタリです(-_-;
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

セクション2終了

イベント中もっともトータル距離の長いセクション2を終えたメロンブックス・シティは、最後のサービスBに向かって順調に走行中。

現在メロン号は、トップの西山シティに少しずつ離されつつも、クラス2位をキープ。シリーズを考える上では、現在の位置を守る選択もまた正解となる。
今後の作戦を、このサービスで検討していく。

イベント最終のセクション3は、これまで「サザンカリバース」として使われていたステージを逆にたどる6.87kmの「サザンカ」が2本という構成。
吉野ヶ里歴史公園に設定されたフィニッシュに帰還するのは、ゼッケン1で午後5時55分の予定となっている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆