チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

JRC-Rd02久万高原 観戦情報その2!

■ネットライブ中継について

今回の久万高原戦では、インターネットを利用したライブ中継を2番組同時に行なう予定となっています。


まず1つめは、ニコニコ生放送にてモータースポーツ番組を行なっておられる「masamasa.TV」さんの、現地からのライブ中継!

→ masamasa.TV「【メロンブックス】久万高原ラリー配信」

土曜のセレモニアルスタートから日曜のフィニッシュまで、サービス風景やギャラリーステージからの模様を中継する予定とのこと。
他にもサービスパーク紹介や関係者インタビュー、トークショーなども予定しています。

もしライブでご覧になれない方は、事前に上記の番組ページから「タイムシフト予約」をしていただければ、期間内ならば1度だけ録画された放送をご覧いただけます。


さらに今回はファンの方の協力により、昨年の「新城ラリー」で好評だったメロン号のインカーライブ映像も放送します!

→ Melonrally「インカーライブ」

メロン号の中にカメラを置き、今まさにアタック中のメロン号からの車載映像をお楽しみいただけます!

なお、こちらについては携帯電波を利用した配信のため、電波状況によっては放送中断、あるいは非常に見辛い映像となる恐れがありますが、どうぞご了承くださいませ。
また、音声についても情報漏えいを防ぐため、全編ミュートとなる可能性があることもご承知おきください・・・。


■サプライズステッカーについて

毎回「これは!」という作家さんにイラストを描いていただき、クルーから数量限定で配布する、MRC恒例の「サプライズステッカー」。
もちろん今回も用意しておりますよ〜!!

今回イラストを担当してくださったのは、「元・原画家/イラストレーター」で、「現・同人作家」という「あゃせ」さんです!!!!

では、イラストをちょこっとだけ・・・



いいねいいね〜!!\(゚∀゚)/

こちらのステッカーは、すべてメロン号に搭載し、2人のクルーからの手渡しのみで配布される予定。
ただし、今回の「久万高原ラリー」ではリエゾン(移動区間)で停止することがほとんど無いため、手に入れるにはセレモニアルスタート直後を狙うのが吉。

もしここで手に入れられなかった方は、もしかすると余ったステッカーが「メロン箱」に回ってくるかもしれないので、そちらに期待するのも手かもしれませんが・・・。
すぐに無くなっちゃうだろうなぁ・・・(;´ω`)

「あゃせ」さんのHPはこちら!

→ 綾 瀬 技 研
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

JRC-Rd.02久万高原 観戦情報!

今週末にせまってきました、今年度初のグラベルイベント「久万高原ラリー2011」。
今回はそちらの観戦情報をお届けします。


■会場について

セレモニアルスタート/フィニッシュ、サービスパーク、およびギャラリーステージなどのラリーパークは、すべて愛媛県上浮穴郡久万高原町の「美川スキー場」にあつまっています。

→ 地図

松山自動車道の松山インターチェンジから、高知方面にむかっておよそ1時間半ほど。会場までの公共交通機関はないので、基本的にクルマやバイクでの来場をオススメします。

また、美川スキー場への上り口までは比較的幅広の国道なのですが、そこから美川スキー場までむかうアプローチルートは一部で狭いところがあり、注意が必要。
対向車にはじゅうぶんに気をつけてお越しくださいね!


会場への入場料は、2日間通しでお一人さま2000円(高校生以下無料)。
駐車料、プログラム、ステッカー、ポスター、クレデンシャル付き。
会場内では、かならずクレデンシャルを首からお提げくださいますようお願いします。


会場ではお弁当の販売や食堂の営業もあるようですが、数に限りがあるので御持参いただいたほうが無難かも?
なお今回も、メロンブックス出張販売ブースでは特製「めろんサイダー」を販売するそうですので、どうぞお楽しみに!!


■観戦場所について

ギャラリーステージは30日(土)、1日(日)の両日に設定されています。

30日はSS3(13:10〜)、SS6(16:05〜)の2本が。
1日はSS9(09:05〜)、SS12(12:00〜)、SS14(13:55〜)の3本が、それぞれ用意されています。

観戦場所は美川スキー場のゲレンデに設けられていて、サービスパークからは徒歩10分ほど。
山道を少しばかり登っていかねばならない場所ですので、怪我をされることのないようにしっかりとした靴の用意を忘れずに。

コースはゲレンデを横切るダート林道。
斜面に作られたコースですので、各コーナーには微妙なバンク角がついていて、どのマシンも豪快なドリフトで駆け抜けていくところが期待できるかも!



その他、詳細なタイムスケジュールなどは大会公式サイトの観戦案内をご覧ください。

→ 公式サイト観戦案内
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

Rd.02久万高原エントリーリスト

今週末に愛媛県久万高原にて開催される、全日本ラリー選手権第2戦「久万高原ラリー2011」。

そちらのエントリーリストが主催WEBサイトにて公開されています。

→久万高原ラリーエントリーリスト
※要PDFリーダー


我らがJN-3クラスは、大量13台がエントリー。
開幕戦に出場していた選手は、ほとんどが今回の第2戦にも参戦します。

クラス先頭ゼッケンは、昨年度のJN-3クラスチャンピオン香川秀樹選手。
今期はグラベルイベントのみを選んで出場するらしい、との情報がありますが・・・??

ゼッケン18の松原久選手もまた、グラベルイベントのみ出場するカレンダーを組んでいる様子。
昨年度最終戦の「MSCC東京ラリー」ではクラス優勝しており、またJN-3クラス唯一の四輪駆動車なため、マシントラブルさえなければ一発の速さはたぶん最速でしょうね。

ベテラン森博喜選手は、おそらく鮮やかなイエローのセリカで参戦。
チャンピオン経験者&マシンなだけに、こちらも最大限の警戒が必要でしょう。

そして忘れてはならないのが、キャロッセから送り込まれてくる3台のプロトンサトゥリアネオ。
クスコワールドラリーチームから1台、そしてクスコジュニアラリーチーム(CJRT)から“くす子”痛車仕様が2台参戦。
まさに東南アジア発の黒船襲来ですね。

まあ、同じコンセプトのチームとして、CJRTのくす子仕様2台にはぜってー負けたくねえ!!
・・・と、思っております!!!\(`・ω・´)/

いろんな意味で混戦模様の、久万高原ラリーJN-3クラス。
はたしてメロン号&眞貝選手は、このシーズンオフに培ったグラベル技術を、いちばんの形で発揮することができるでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

必殺!ルパン走り

先週末。

SRS金子社長から、「よかったら使ってください」というメッセージと共に1つの動画が送られてきました。

チラリと見て、週明けの更新で即採用www


これは、まだ眞貝選手が全日本ラリー選手権に出はじめて2年目。
九州で行なわれた某全日本イベントでの映像です。このイベントに出たことのある選手なら、雰囲気から「あぁ、あのイベントか」とわかるはずw

百聞は一見にしかず。まずはご覧ください。








完全にカリオストロ冒頭のルパンだw


驚くべきは、これほどの状況だったにもかかわらず、足回りにはまったく問題がなかったとのこと。バンパーが多少外れかけた程度だったとか。

それどころかフロントが潰れたり転がり落ちたりすることなく、よく無事に道に戻れたなあ・・・!
それはクルーも同感らしく、眞貝選手も、当時コドライバーを務めていた澤田選手も一時茫然自失してますな(;´∀`)


※追記:
眞貝選手によると、フィニッシュまで踏み切ったおかげでこのSSはブッチギリのベストタイムだったとか。
「単なるバカではないですので!」とのこと(;´∀`)
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆