チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

サービスブース展開完了

ただいま渋川総合運動公園のサービスパーク。
早朝に現地に到着して、朝のうちにシステムを展開しました。

今回もめろんちゃんとともに、PLUM様のフィギュアを展示してますので皆様お気軽にお越しくださいね(^ω^)/


20120727135008
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

群馬戦観戦情報

じつに9年ぶりに関東で開催される、全日本ラリー選手権第5戦「モントレー2012」。
今週末、いよいよ伝説のラリーが帰ってきます!

もちろんメロン号はこのイベントでのクラス優勝を狙っていますが、なんと今回の群馬戦と次の京都戦についてはコドライバーの田中選手がスキップ・・・。
ということで、先日決定した代役はいったい誰なのか。群馬戦のイベント情報とあわせてお届けします。


■代打コドライバー決定!

以前もお伝えしましたが、今回の群馬戦と次の京都戦についてはコドライバーの田中選手の出場ができなくなり、先日来その代打となるコドライバーの選定を進めてきたわけですが。

各媒体でもご紹介いただいたとおり、漆戸あゆみ選手が臨時クルーとしてメロン号に搭乗することになりました。
MRC初の女性選手です!!!!

漆戸選手は、これまでに数多くのJRCマシンのサイドシートについてきた敏腕コドライバー。先日開催された第4戦・洞爺でもJN-2クラスに出場してクラス優勝をもぎ取っています。
MRCとしては、昨年の「新城ラリー2011」で明治慎太郎選手のスターレットに搭乗し、優勝をかっさらわれてしまったライバルの一人でもありますね(;´∀`)

そんな漆戸選手ですから、ドライバーの眞貝選手との素晴らしいコンビネーションを見せてくれるものと期待しています。
皆様、ご声援よろしくお願いいたします!!


■Ustreamストリーミング放送について

今回のイベントでも、Ustream「カントクTV」によるサービスパークからの生中継を行う予定です。

http://www.ustream.tv/channel/mrc放送部


いつもの通り、定点カメラでの垂れ流し放送になるかと思います。
今回のイベントではサービスパークと同じ渋川総合運動公園内でギャラリーステージが開催されますので、できればカメラを持って走行中のマシンの模様をお届けしたいと思っているのですが・・・余裕あるかな?


■SS速報サイトについて

今回のスペシャルステージ速報は以下のとおり。

http://www.montre.jp/result/2012/mbindex.html



その他イベントの詳細は、

MRC公式サイト(http://www.rallymelon.com/

もしくは

「モントレー2012」公式ページ
http://www.montre.jp/

からチェックしてみてくださいね!


今回の「モントレー2012」は、じつに9年ぶりの開催となったにもかかわらず、ラリーパークにはなんと70店舗以上ものブースが出るのだとか。
主催する団体が、遠くからお越しになられる観客の皆さんをいかに大事に思っているのかがよく判りますね。

まずは、会場に来られたファンの皆さんに楽しんでもらうこと
少しずつ興行としての体裁を整えつつある全日本ラリー選手権ですが、我々JRCエントラントとしては、少なくとも我がMRCとしては、こういう気持ちを持ったイベントこそこれからの全日本ラリー選手権に必要なのだと思っています。

「モントレー2012」の成功を、心から期待しています!!\(˚∀˚)/


このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

ASCII.jpに最新レポート掲載

アスキー・メディアワークス「ASCII.jp」様に掲載していただいている、メロンブックスラリーチャレンジのJRC参戦レポート。

最新のRd.03「がんばろう!福島MSCCラリー」レポートが掲載されました。


【痛車でラリー! メロンインテ3年目は頂点への戦い】

第6回「絶対に落とせない福島でメロン号は4位フィニッシュ!」
http://ascii.jp/elem/000/000/709/709416


そういえば、今年度のレポートについてここで告知していなかったかも・・・。
ということで、今シーズンのこれまでのレポートも一挙ご紹介しておこうかと。


第1回 2012年は王者に! メロンインテが2012年も爆走決定!
http://ascii.jp/elem/000/000/664/664543/

第2回 美女だらけ! 全日本ラリーのレースクイーンが編集部訪問
http://ascii.jp/elem/000/000/676/676605/

第3回 メロン号のニューカラーリングがいよいよお披露目
http://ascii.jp/elem/000/000/683/683460/

第4回 メロン号、初戦の九州戦はパーフェクトで勝利!
http://ascii.jp/elem/000/000/688/688172/

第5回 悪夢のグラベル戦! メロン号、四国で2年連続リタイヤに
http://ascii.jp/elem/000/000/698/698680/


ASCII.jp様、いつもありがとうございます!!\(^∀^)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

インカー動画「がんばろう!福島MSCCラリー2012」篇 その2

あまりに時間を置きすぎちゃったせいで今さら感のある、メロン号の福島戦インカー動画、第2弾です!!

・・・いやホント、どうもすいません・・・(;´ω`)

今回はデイ2から3本をご紹介。


SS14 MuroOodairagusa-供5.01km)



初日のまさかの9位(ポイント圏外:笑)から4位まで追い上げることが出来た二日目。
目の前を走る86の2台を捉えるために私なりに一生懸命走った最終盤3本をどう
ぞ。

1日目と違って路面は比較的慣れたコンディション。トップからのタイム差も「まぁこんなもんかなぁー」というところですね。
このステージはとても走っていて楽しいコースです。まさに名物ステージですね!


監督評:

デイ2が始まったとき、私は眞貝選手にひとつの指示を出しました。
いわく、
「今日は「ラリー北海道」に向けた実戦テストのつもりで走ってほしい」
もちろん眞貝選手も判ってたでしょうけど、いちおう確認も兼ねてってことで。

この日のステージは全般的に平均スピードが高くて、しかも路面も安定しているとのこと。一昨日の雨の影響も少し考えましたけど、おそらくは乾いた固い路面になっている、と踏みました。
こういうステージってじつは本州では珍しいほうで、ハイスピードイベントである「ラリー北海道」にあわせたセッティングテストは、我々のような本州在住のチームには大変難しいことなんです。
で、今回はその実戦スピードでのテストを、このデイ2でやっちゃおうと思った次第。



SS15 Mikabubokuya-供2.76km)



SS14で86の2台を抜いたようですが、三好選手とのタイム差はわずか1秒程度!
前半の痺れる高速区間でも、後半の荒れた低速区間でもミスを重ねて再び三好選手に逆転される情けないSSでした。
まだ「タイムの出し方の勘所」を押さえきれていませんねー。


監督評:

それにしても、86の進化のスピードは目をみはるものがありますね。

FRは余計な操作が加わるぶん、FFにくらべてグラベルで成績が残しにくい。
これ、まさに先入観でした。86はリヤのスタビリティが高くて、予想以上にグラベルでもタイムを出してくるのです。
いずれはセッティングも決まって強敵になると見越してましたが、まさかこれほど早いとは思ってもみませんでした。
それほど86のコンポーネントが完璧なのか、はたまたCUSCO 86を駆る三好選手のテクニックのなせる業なのか・・・。

おそらく、「ラリー北海道」では86はかなりの強敵になるでしょうね・・・!



SS16 Higashinobokuya-R-掘2.81km)



マッドドッグ三好選手を再び捉えるべく、頑張ってみました。
上位とのタイム差こそあれど、現時点では納得すべきアタックだったと思います。
このステージはかなり高速で、ラリー北海道に向けていいイメージトレーニングになりましたね。


監督評:

今回のイベントで唯一じゃないかと思えるくらい、眞貝選手のフルアタックがみられたSS16。
ここまで慎重に慎重を重ねたようなセーフティな走りをしてきただけに、よっぽどフラストレーションがたまってたのかもw

このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆