チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

ペースノート講座 vol.02

 月末になると、いっつも〆切り間際の原稿の山と格闘するメロンナビです。
 そろそろポイント・オブ・ノーリターン。電話の向こうの編集さんの声が、徐々に不機嫌になってくるのがわかって超怖えぇとかそんな(´・ω・`)


 さて、即席ペースノート講座第2回。
 今回はコースの細かな特徴を記していく「補助語」のお話を中心にお届けします。

 前回はコーナーの向きを「L」「R」で表現し、角度を9段階、それにストレートの長さを組み合わせれば、基礎となるペースノートが完成する・・・というところまでお話しました。

 でも、実際のコースはそんなに簡単なものじゃありません。
 例えば、コーナーとコーナーのあいだが非常に短いところもあります。
 あるいは、最初こそゆるいけど、奥でガクッと曲がりこんでいるようなコーナーもありますね。
 路面を見てみると、砂や泥が乗っている場所もあれば、デコボコになっている所、段差のようになっている所・・・。

 それらすべての道の状況を知っていてこそ、はじめて安全に、かつ速いスピードで走ることができます。
 そして、そういうコースの状況を簡単な言葉で表現したもの、それが「補助語」と呼ばれる用語なのです。

 ここは実際の映像を見て説明したほうが、理解も早いかもしれませんね。



 これは第2戦『久万高原ラリー』のSS1「赤蔵ヶ池?」。
 この映像で、1分チョイの所までを記したペースノートの表記は、以下のようになります。


St 20 L7s 40 R2 K30 R4sカット す
 
L4 す R5 70 L3 30 L4 & L3 す

R4 30 L3 & R4 & R3 50 R2< 30

L1l ̄g− す R1 & L4/1DC



 ・・・なんじゃこりゃ、と思われる方もおられるでしょうがwww
 だいたいノート上の表記はこんな感じですね。

 ちなみに用語の意味やノートへの書き方は、選手それぞれでまったく違います。もし、同じコースを走る他のマシンのインカー映像が手に入ったなら、聞きくらべてみると面白いかもしれませんね。

 我々が使っている補助語を、ざっと一覧にしてみます。
 左から順番に、書き方、読み方、意味ということで。



【コーナー間隔の補助語】


  すぐ  次のコーナーが直後に来る。

  アンド  次のコーナーが少しだけ離れて来る。

 感覚としては
 すぐアンド20304050 ・・・
 という感じに、コーナー間隔が大きくなっていきます。


【コーナー形状の補助語】

  ショート  コーナー自体の長さが短い。

(筆記体のL)  ロング  上記とは逆に、コーナー自体の長さが長い。長くなるにつれて「ベリーロング(vl)、ベリーベリーロング(vvl)などもあり。

  オープン  コーナーの曲率が途中でゆるくなる。

  クローズ  上記とは逆に、コーナーの曲率が途中できつくなる。

 オープンとクローズは組み合わせて使う場合もあります。「</」の場合、途中で曲率がゆるくなるけれど、その後ふたたびきつくなる、という意味。

  ワイド  コーナー出口の道幅が広い。

ナロー(記号なし)  ナロー  上記とは逆に、コーナー出口の道幅が狭い。

  ヘアピン  ヘアピン状の急コーナー。

  リバース  メインのコーナーの前に、逆方向に曲がる小さなコーナーがある。「rL4」の場合、左4コーナーの直前にごく小さな右コーナーがある。

キャン  キャンバー  バンク。

オフキ  オフキャンバー  逆バンク。


【走行ラインの補助語】

  プラス  コーナー出口でアウト側につけ。

  マイナス  上記とは逆に、コーナー出口でイン側につけ。

キープイン(記号なし)  キープイン  コーナー全域でイン側につけ。反対語は「キープアウト」。類義語に「キープレフト」「キープライト」がある。

カット(記号なし)  カット  コーナーのさらに内側にタイヤを乗せることができる。

DC  ドントカット  上記とは逆に、障害物などがあるため絶対にコーナー内側にタイヤを乗せてはならない。

  フラット  アクセル全開で通過可能。


【その他の補助語】

St  スタート  SSスタート。

//  ゴール  SSゴール。

  キンクス  細かいコーナーがいくつか続くが、ラインを正確に取れば直線でつなげられる場合。ストレートと同じなので、後ろに距離の数字がつく。

  グレーチング  道を横切る溝フタあり。

ギャップ(記号なし)  ギャップ  路面に凹凸あり。

  クレスト  丘状の起伏。

  オーバー  〜しながら。「∩ ̄L4」の場合、起伏を越えながら左4のコーナーを曲がる。

スリ  スリッピー  路面が非常に滑りやすい。

  コーション  注意せよ。



 ・・・書き出してみると、たくさんあるなあ(-_-;)
 もちろん本番のペースノートでは、これらの補助語をすべて使ってコースを表現しています。

 でもコースを「言葉」という形で正確に表現するには、これでもまだ足りない。補助語でも表せない、特殊な形状のコーナーが実際のコースにはゴマンとあるのです。

 ラリー選手にとって、ペースノートとは日々進化するもの。「これだ!」という正解はありません。
 それゆえに、ペースノートとは選手の性格や想像力といったものが、一番よく表れているものなのかもしれませんね。

 2回にわたってお送りした即席ペースノート講座、如何だったでしょうか。
 これで、きっと今までとは違った目線でインカー映像を眺めることができる、はず!?(^_^;) 
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆
 

ペースノート講座 vol.01

 最近、『RD 潜脳調査室』での肉感的なキャラデザインにソコハカとない萌えを感じているメロンナビです。
 いい! いいよぽっちゃりキャラ!!(;´Д`)ハァハァ


 先にお伝えしたとおり、メロン号のインカー映像はニコニコ動画その他の動画サイトにアップさせていただいてますが、そこでのコメントを見てみると「メロンナビは何をそんなにくっちゃべっておるのか?」と疑問に思っている方もいるようで。
 実はこのブログの一言コメントでも、たまにそういう質問が寄せられます。

 ということで、今回から2回に分けて、コドライバーの重要なお仕事「ペースノート・リーディング」について簡単にご紹介してみようかと。
 これを知っておけば、きっとこれまで以上にインカー映像を楽しんで観ていただけると思うわけで!


 ご存知の通り、ラリーはマシンコントロールを担当する「ドライバー」と、ドライバーの目となってコース情報を伝える「コドライバー」の2名で行なうモータースポーツです。
 ラリーで走るコースは実際の峠道のため、1本のSSあたり50〜100個のコーナーが現れます。『久万高原ラリー』の28kmSSなど、おそらく500個くらいはいくんじゃないかなぁ・・・。

 当然、そのすべてを覚えきることはコンピュータでもない限り不可能。
 そこで安全に、しかも最高の走行ラインでアタックできるように、コースの状況を細かく記した「ペースノート」を作成してコドライバーがタイミング良く読み上げていくわけです。

 ラリーでは、事前に「レッキ」と呼ばれる試走がコース1本あたり2回ずつ行なわれます。
 その機会にペースノートを作っていくわけですが、我々の場合はハンドルにテーピングして、実際にどれくらいの角度を回したかを見ながらすべてのコーナーにナンバリングしていきます。
 『久万高原ラリー』の映像でハンドルに細かくテーピングしてありましたが、あれがまさしくそのテーピングですね(本当なら本番前に剥がしておくものだけど、剥がし忘れた・・・)。

 テーピングの角度は、9段階。
 角度のゆるいほうから順番に、9、8、7・・・と少なくなっていき、もっともキツいコーナーで1。
 そこに左右どちらに曲がっているかを示す「L」「R」を加えて、ひとつのコーナーの基本要素が完成します。
 これに直線の長さをくわえたら、基礎となるペースノートは完成〜!

 ・・・もちろん、コーナーの角度と直線の長さだけでは、トップスピードかつ安全にコースを走ることなんかできません。
 コース中には砂や泥が乗っていて滑りやすい場所があったり、次のコーナーがすぐに現れたり、路面がボコボコだったり・・・。
 これらをすべて書き留めて、はじめて完全なペースノートが出来上がるわけです。

 次回は、これらの「補助語」と呼ばれる用語の説明を。
 みんな〜! ついてきてますか〜!!(^_^;)
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆