チームイラストレーターPUNTO氏



2008〜2012
メロンブックスラリーチャレンジWEBSITE


一言コメントはこちらまでお気軽に〜

取材、広告等
連絡はこちらから
info@gondwana.biz

メッセージ、イラスト、写真なども
上記までどしどしお寄せください。
お待ちしております〜(^0^)ノ

第6戦・洞爺が終了

 いったい誰がこんな状況を予想しえただろうか・・・(;´д`)

 今回の洞爺には、JN-3クラスに11台ものマシンがエントリー。
 ところが、イベントが進むごとに次々と脱落し、最後まで走りきることができたのはわずかに4台のみ。なんと完走率たったの36%ですよ!?
 完走率5割をを切るなんて、いつ以来だろう・・・。

 洞爺をスキップしたMRCとしては、てっきりランキング2番手の座を一時的に譲ることになるとばかり思っていたのですが、シリーズ上位ランカーもことごとくリタイヤした結果、イベント前と変わらず2番手の座をキープすることになりました。
 いやまあ、嬉しいことは嬉しいですが、やっぱりちょっと複雑ですよね(;^ω^)

 こんな荒れた展開のなか、最後までノートラブルで走りきったプロトンサトリアネオがワンツーフィニッシュ。
 しかも優勝したのは、こないだの伊賀上野のイベントで一緒に展示させてもらったCJRTの「くす子ちゃん号」(明治慎太郎選手/漆戸あゆみ選手組)!

 おお〜!
 くす子ちゃん、JRC初優勝おめでとうございます〜!!

 それにしても、厄介なライバルが出てきたものです。
 当初予想したとおり、プロトンサトリアネオはきわめて耐久力の高いマシンですね。現状では一発のスピードこそ無いものの、荒れた展開やロングディスタンスのイベントになるとサトリアの高耐久性が光ります。
 やはり、国際ラリーのような走行距離の長いイベントでこそ、サトリアの真価が発揮されるのかもしれませんね。

 MRCもエントリーしている第7戦「ラリー北海道」は、まさに国内最大最長のビッグイベント。
 最後までトラブルフリーで走りきれるよう、メロン号にできる限りの対策をほどこして帯広に向かう予定ですが・・・はたして!?
このエントリーをはてなブックマークに追加

★コメントはこちらまで☆